よほほんの趣味日記
                                                                    よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
今期で観てるアニメの話
2016年秋季アニメが始まって早10週間。どの作品も11話を迎えたか迎えてないかぐらいの時期ですが、今頃になって今季 何の作品を観てるか紹介します。・・・いや、途中で切ったりしそうだったから確定してから記事書こうと思っててさ。そのまま忘れてた。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
2016akianimemiteruyatu (1)
これはわざわざ書く必要無いですねw なので言う事も無し!(ェ

夏目友人帳 伍
2016akianimemiteruyatu (2)
夏目友人帳のアニメも遂に5期ですよ!まぁ4期が2012年の1月(4年前)というのが一番の驚きなんですがね。よ、4年前!!?当時 俺 中2!?
夏目友人帳は安定の出来と言いますか、シリーズを通してずっと同じ作風なので安心して観れますね。切ない話からほっこりする話まで色々と。時間が取れないのでリアタイではなく録画で観てるのですが、リアタイの深夜に観たらこれ、絶対切なくなっちゃうよね~・・・(苦笑)

ちなみにオルフェンズと夏目友人帳にはシカちゃんこと久保ユリカ氏が出演してます!
2016akianimemiteruyatu (7)
オルフェンズはお馴染み、エーコ・タービン。メカニックなので一定の出番があるのが嬉しい。
2016akianimemiteruyatu (8)
夏目友人帳では2話の「悪戯な雨」に登場した幼女少女の妖怪の声を担当。本編観てて、聴いた事はあるけどあまりメジャーじゃない声優さんかな~?なんて思ってEDのクレジット確認したらシカちゃんでした^^;

WWW.WORKING!!
2016akianimemiteruyatu (9)
今季、自分の中で色々と評価が変わった作品です。WORKING!!はヤングガンガン連載版の犬組と、作者がウェブサイトで描いていたWEB版の猫組があるんですが、これまでは犬組の方がメジャーでした。まぁコミックス&アニメ化してますからねぇ。WEB版の方もコミックス化され、この度アニメ化した訳ですが、犬組しか知らない自分は正直、そこまで興味はありませんでした。まぁ登場キャラは違えど同じ「WORKING!!」だし、という事で観始めましたが・・・当初はぶっちゃけ大して面白くなかったです、ハイ。ですが毎週録画設定したので勝手に録られるし・・・とりあえず観ますかな、と観続けていたらハマりました(爆) 何も知らない状態で観るとキャラの性格やキャラ同士の関係性等を把握するまで時間が掛かるので、どうしてもそこが引っかかって楽しめないんですよねー。実際、ネットでの感想もアニメ初見の人と原作読んでる人とで意見変わってましたからね~。
2016akianimemiteruyatu (3)
すきっと にゃん!
犬組もそうでしたが、妙に癖になると言うか、中毒性あるOPなんですよね~。
2016akianimemiteruyatu (4)
ここの走ってるとこホント好き。とりあえず走っときますか、みたいな雰囲気がたまらん。
2016akianimemiteruyatu (5)
猫組だと自分は村主さん推しです~。おとなしい感じと独特の雰囲気、あと瞳のハイライトが無い、死んだ眼をしてるのが個人的にポイント高いです!(笑) OPで包丁持ってるのすこ。”すぐり”じゃなくて”むらぬし”とそのまま読むのは珍しいパターンな気も。19歳だから俺と同い年だよ☆ 中の人は日笠さんで、犬組の小鳥遊家 次女と同じ。う~む・・・同一人物とは思えん(汗 WEB原作での人気投票だと1位だったらしいですね。
2016akianimemiteruyatu (6)
2話の笑顔にやられましたね~・・・これ反則でしょう・・・。俺が弱い、ギャップ萌えってやつですわ。

あと鎌倉さんも10話のトキメキ顔がかわいかった(小並感)

観始める前、観始めた当初と今とで全然評価違いますね~。観続けてたら徐々にハマって行った感じです。こんな事もあるんですねぇ。
コミックス買うわ。
最新5巻が今度出るとの事なので、給料入ったら一気に買うぜーーー!犬組の方はコミックス全巻持ってますのでねー。


夏頃にアニメを全然観なくなってしまって悲しい、って記事を書きましたが、
またこうして楽しめる様になって嬉しいです!!!
学校だのバイトだのと忙しい毎日ですが、空いた時間に録っておいたアニメを観るのが凄く楽しい!この気持ち、感情を思い出す事が出来て良かったですよ~、ホント。




東京マーブルチョコレート
攻殻機動隊でお馴染みのProduction I.Gが2007年に制作したオリジナルOVAの「東京マーブルチョコレート」のDVDを入手しました。当作品はProduction I.GとBMG JAPANの創立20周年記念作品です。
toukyoma-burutyokore-to (1)
「全力少年」編「マタアイマショウ」編の2つに別れており、悠大とチヅル、2人の主人公それぞれの視点から一つの物語が描かれています。
それぞれ定価は4410円(増税前)なのですが、
中古で各200円
という恐ろしいぐらいの破格で手に入れる事が出来ました。両方合わせても400円だぜ!?しかも初回限定盤で、付属品も全部揃ってるぜ!ひゃっほう!中古最高!
toukyoma-burutyokore-to (2)
主題歌は「全力少年」はスキマスイッチ、「マタアイマショウ」はSEAMOがそれぞれ担当しており、タイトルと同名の曲が使用されています。まぁ曲の方が先にリリースされてるので、曲名に合わせたタイトルになってる、と言った方が正しいですが。
toukyoma-burutyokore-to (3)
スリーブを外した、DVDケースの状態。ちなみにスリーブは初回限定盤のみの仕様との事。
toukyoma-burutyokore-to (4)
「全力少年」の中身。ブックレットと小さい設定資料集、あと初回限定盤の特典のポストカードが3枚封入されてました(1枚は作品のキービジュで、後述するマタアイマショウには入ってませんでした。両方購入すると貰えるやつなのかな?) ディスクは初回限定盤なのでスーパーピクチャーレーベル仕様に。
toukyoma-burutyokore-to (5)
「マタアイマショウ」の中身。同じくブックレットと小さい設定資料集(全力少年と同一の物)、ポストカードが2枚封入。こちらもディスクはスーパーピクチャーレーベル仕様。

真面目で優しいが臆病な青年 悠大と、明るく元気だがドジな少女 チヅル、互いに今までの恋人とは長続きしなかった2人が、付き合って初めてのクリスマスを迎える・・・というストーリーです。
一つのストーリーを2人のキャラそれぞれの視点から・・・というのは面白いですね。サブキャラを主人公にして描いた所謂”スピンオフ”を初めからやってる、みたいな。視点は完全に片方に固定されてるので、心理描写等も主人公のみです。なので両方の話を見てお互いにこんな事思ってたんだ、あの時、もう片方はこんな事になってたんだ、といった楽しみ方が出来ます。分かれて2つになってる作品ですが、両方観て初めて一つの作品になってる訳ですね。どちらから先に観ても問題は無いですが、「全力少年」から先に観た方が良い気もします(自分が男性だからかな、先に男性側を知っておいて後で女性側を知る、って方が楽しめました。) 2007年の作品ですので、携帯はガラケーです。今だったら確実にスマホでしょうね(笑)
toukyoma-burutyokore-to (11)
「全力少年」編の主人公である悠大。CVは櫻井孝宏氏です。
toukyoma-burutyokore-to (10)
「マタアイマショウ」編の主人公であるチヅル。CVは水樹奈々氏。
toukyoma-burutyokore-to (12)
そして双方の物語のキーパーソンであるミニロバ。

他に「マタアイマショウ」編ではCV 中村悠一氏の山田という青年や、SEAMO本人が担当した高田先輩(チヅルが働いてるカフェの先輩)も登場します。
そして「マタアイマショウ」編の主題歌であるSEAMOの「マタアイマショウ」は自分、結構好きな曲でして。ラブソングなんて小恥ずかしくて聴く事も少ないですが、この曲に関してはカラオケで歌うぐらい好きなんですよね~(デュエット部分は一人だと無理だけどw) スキマスイッチの「全力少年」は代表曲とも言えるぐらい有名ですし、皆さんご存知でしょう。
toukyoma-burutyokore-to (7)
toukyoma-burutyokore-to (8)
toukyoma-burutyokore-to (9)
個人的に気になったのが、2007年当時にはまだ存在していない東京スカイツリーが登場しているという事。作中ではチヅルが展望台にあるカフェで働いてる他、背景として度々 映っています。調べてないので確定ではありませんが、スカイツリーが一番最初に登場したアニメ作品じゃないか、と思ったり。
ちなみにスカイツリーは2008年着工で、2012年完成です。
toukyoma-burutyokore-to (6)
という訳で「東京マーブルチョコレート」より、「全力少年」と「マタアイマショウ」でした。来週にクリスマスが控えているという事でこのタイミングでの紹介となりました(笑) 作画がちょっとクセのある感じなのでそこが好みが別れそうなところですが、2人の主人公それぞれの視点から描かれるラブストーリーというのは中々面白いです。一昔前(2007年ってもう10年前になるんですね・・・)の作品ですが、オススメですので良かったら是非 観てみて下さい~!


DVDの方はもう入手は難しいと思われるので、Blu-rayの方のリンクを。BDなら「全力少年」と「マタアイマショウ」の両方収録されてますので!

それと、キャラデザ担当の谷川史子氏が手掛けたコミックの「東京マーブルチョコレート ハロー、グッバイ、ハロー。」もあります。内容は悠大とチヅルが出会う前にそれぞれ付き合っていた彼氏彼女との話(前日談)となっています。本編でも少しだけ、前に付き合っていた人とのシーンがありましたが、そこに焦点を当ててる感じかな。こちらも機会があれば買いたいと思ってます。

君の名は。 Another Side:Earthboundと公式ビジュアルガイド
kiminonahagaidenbizygai (1)
昨日ですが、「君の名は。」2回目観ました!

・・・まぁ、それは今回の記事の本題ではなくて。
kiminonahagaidenbizygai (2)
2回目を観て外伝小説の「Another Side:Earthbound」と、公式ビジュアルガイドを購入しました!
昨日買ったばかりで、特に小説の方は軽くパラパラ読んだ程度なのですが・・・とりあえず紹介します。
kiminonahagaidenbizygai (3)
君の名は。 Another Side:Earthbound
三葉の周囲の人の視点から書かれた短編集との事です。表紙に描かれてますが、三葉と入れ替わった瀧、勅使河原、四葉、三葉達の父 俊樹の4人のお話です。
kiminonahagaidenbizygai (4)
裏表紙の説明文。
kiminonahagaidenbizygai (5)
「Earthbound」の意味についても載ってました。

前述した様にまだ読んでないので内容に関しては何も言えないのですが・・・ビジュアルガイドによると俊樹と二葉の出会いや、宮水神社のルーツについても書かれてるそうなので、読むのが楽しみです♪
kiminonahagaidenbizygai (6)
君の名は。 公式ビジュアルガイド
ガイドブックですね。パンフを買うよりもこっちの方が良いかな~、と思いまして。
kiminonahagaidenbizygai (7)
内容ですが、劇中カットをふんだんに使用したストーリー解説、
kiminonahagaidenbizygai (8)
劇中で登場する町のスポットの紹介、
kiminonahagaidenbizygai (9)
キャラクター解説、
kiminonahagaidenbizygai (10)
美術設定、
kiminonahagaidenbizygai (11)
新海作品で印象的な背景の解説等々。
他にもキャストや新海監督を初めとする製作スタッフ、主題歌を担当しているRADWIMPSへのインタビューや制作秘話等見所満載です!作品の企画段階では小野小町の「夢と知りせば覚めざらましを」という和歌と「とりかへばや物語」の2つから発想を得て考えたんだとか。

ビジュアルガイドは劇中カットが沢山載っているのが良いですね。読んでいるだけで映画を観てるのと同じ感じに。映像では一瞬しか映らなかったシーンも静止画で確認出来ますしね。濃厚な内容で大満足です。オススメ!
外伝小説もビジュアルガイドも、「君の名は。」という映画をさらに楽しむなら欠かせないアイテムだと思います。ただ個人的には映画を複数回観て、内容や細かなポイントが頭にしっかりと入ってる状態で読んだ方が良いと思いますね(なので自分も2回目観た上で今回買ったので。) 1回観ただけだと小説で該当しているシーンが分からなくて楽しさ半減とかしそうですし。

1回目観た際の記事(映画の感想)はコチラ
君の名は。 観ました



映画「聲の形」 観て来ました
eigakoenokatatimita (2)
映画「聲の形」観ました~。
eigakoenokatatimita (1)
本当は公開してすぐ観に行きたかったのですが、バイトが再開して学校の方もテストがあったりと忙しかったもので・・・。本日はファーストデーで料金割引&本日から入場者プレゼントがフィルムになったので、良いタイミングでした。

聲の形は読み切りで掲載されたやつは読んだ事ありますが、連載された方は未読で内容も全然知りませんでした。映画は京都アニメーション制作で、上映時間は129分とアニメ映画にしては長め。京アニの映画って観るの初めてかも。
感想ですが・・・一言では書ききれませんねぇ。ただ自分はとても心が痛くなりました。世間では感動する!なんて評判ですが、これで感動出来るなんてみんなメンタル強いっすね・・・(汗 自分は感動じゃなくて心が痛くて、辛くて泣きそうになりましたよ・・・。
序盤の小学生編は胸糞悪いなぁ、ぐらいの感じだったのですが、物語が進むごとに各キャラの救われなさにもう観ていてただただ辛かった。不幸になっている人間がいるけれど、誰が悪いとかそういうのが無い、○○が悪人だからいけないんだね、と決めつけられないモヤモヤがとても心に刺さる。
自分、割と鬱作品とかの観終わった後の何とも言えない気持ちを楽しむマゾ的なところがありますが(苦笑)、この作品はアカン。リアル過ぎるのがいけないのだろうか?ちょっともうホント心が痛い。フィクションと割り切っていてもヤバい。観終わった後、お腹壊しましたもん(冷房が効きすぎてたという説もありますが・・・^^;) 映画としての、作品としての出来は良いです。作画は流石京アニと言ったところですし、脚本も演出も心に響きました。響き過ぎました。

久々のトラウマ作品だよコレ。

もう一度言いますが、駄作とかそういう訳じゃありません。出来は良いです。 
しかしもう観たくないです。
アニメを観て、こんな辛い想いはしたくないです。再び観るならば1年ぐらい間を開けてから再度向き合ってみたいですね。当分はトラウマ過ぎて無理かと・・・。

eigakoenokatatimita (3)
入場者プレゼントの本編35mmカットフィルム。10月かつ土曜日の本日から配布開始です(昨日までは、描き下ろし漫画のスペシャルブックが貰えました。)
フィルム特典ってどのシーンが出るのかワクワクするもんですが、今回は作品が作品だけにアタリハズレが大き過ぎる・・・鬱シーン引いたらもうトラウマ再発しちゃうよ(滝汗 でも背景とか当たっても京アニの綺麗な作画なら許せちゃうかも。
eigakoenokatatimita (4)
では取り出してみましょうかね。
eigakoenokatatimita (5)
お?このシーンは・・・?
eigakoenokatatimita (6)
じゃじゃん!「将也と硝子が再開するシーン」でした!
これは結構アタリじゃね???
eigakoenokatatimita (8)
ちなみにこの辺りの場面ね(このシーンではないよ。)
eigakoenokatatimita (7)
写真だと分かり辛いですが、1コマ目から2コマ目で将也が目を開けているのが確認出来ます。


追記で感想をば。
>>続きを読む
「君の名は。×FUN!TOKYO!モバイルスタンプラリー」参加して来ました
kiminonahasutanpurari- (1)
一昨日の24日(土)に東京駅他5駅で実施されている「君の名は。×FUN!TOKYO!モバイルスタンプラリー」に参加しましたので、その記録を。
この日はラブライブ!のラッピング山手線を撮ったり、アキバに行ってスクフェス展にも寄ったりと色々忙しかったですw
>>続きを読む
じょしらく アニメ面白かったね
zyosirakuanimegazou (3)
試験勉強しようと思ってたのに、気付いたらこの前ニコ生で一挙やった「じょしらく」観てた。何もかもが懐かしい。
てかすっかり現在ではなく過去のアニメを楽しむ様になってしまった。今期は1つも観てないからね、仕方ないね。
zyosirakuanimegazou (4)
もう4年前の作品なんですねぇ~・・・。当時自分は中3でしたが、塾でのキツいキツい勉強の癒しが深夜アニメでした・・・。

>>続きを読む
copyright © 2017 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ