よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
トイガン購入!
gasuburomaruigurokku17kounyuu (1)
この前 M11のガスブロを買ったばかりですが、またガスブロ買っちゃいましたーwww 東京マルイのガスブローバックハンドガンのグロック17 3rdジェネレーションです。第4世代(Gen4)も持ってるのに何故 今になって旧モデルのグロック17を買ったのかと言うと、発表済みのGen5が恐らく年内には発売されると思われそちらも購入予定の為、第3~5世代を所持しておきたいな~、と思ったからです。ただそれだけ(キリッ

J( 'ー`)し「たかし!まーたグロック買ったのかい!」
(´Д`;)「ち、違うんだよ カーチャン~。」
※違わない。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (2)
開封~。封入が発泡スチロールなのが過去製品感がありますなw ちなみに発売は2006年なので17年前のモデルだったり😲
gasuburomaruigurokku17kounyuu (3)
gasuburomaruigurokku17kounyuu (4)
当製品の特徴(?)として、蓄光タイプのナイトサイトが付属している点があります。何故 付属させたのかは不明ですが、こういったオプションが用意されてるのは嬉しいですよね~。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (5)
gasuburomaruigurokku17kounyuu (6)
こちらが標準のサイト。フロントはホワイトドット、リアはサイトピクチャーが入った他のグロックとも共通の仕様です。

折角なので付属のナイトサイトに交換してみましょう。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (7)
スライドを外し、裏側のサイトを固定しているビスを取り外せばサイトも外れるので、あとは取り替えて再度 ビスを取り付けるだけです。ドライバーが必要ですが、作業自体は全然 難しくありません。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (8)
ナイトサイト(左)と標準サイト(右)で比較。
フロント、リア共にナイトサイトの方が厚み(奥行き)があり、単純な蓄光仕様というだけでなく形状も異なっています。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (9)
てな訳で交換完了。今回はこちらのナイトサイトに交換した状態で紹介しています。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (10)
gasuburomaruigurokku17kounyuu (11)
改めまして、グロック17 3rdジェネレーションです。東京マルイも今でこそ様々なグロックのバリエーションが発売されていますが、そのベースとなったモデルですね。故に今更 語る事は全く無いという・・・(苦笑) 製品として特筆する点を絞り出すとしたら、上記のナイトサイトが付属する事ぐらいでしょうか・・・一応 唯一無二ではあるので。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (12)
人間工学に基づいて設計されたフレームデザインとフィンガーグルーブ、トリガーはトリガーセーフティとコッキングインジケータ機能を搭載、シリアルナンバープレートはトイガンオリジナルのセーフティになっており、マウントレールには各種オプションを装着可能・・・と仕様は丸々 他のグロックと共通なので個別紹介は割愛しまする。まぁ共通と言うかこれが基になってる訳なんだけども。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (13)
マガジンも18CやGen4と共通です。これもこっちが先なんだけどねーw
gasuburomaruigurokku17kounyuu (14)
gasuburomaruigurokku17kounyuu (15)
ナイトサイトはフロント、リア共にドット式となりました。流石に灯下だとホワイトドットよりは視認性は劣りますね。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (16)
上でも書きましたが、標準サイトよりも分厚く、大きくなりました。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (17)
Glockのロゴ刻印入りだったり。フロントも同様です。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (18)
蓄光仕様という事で、暗闇ではドットが発光。も~これがね~、超カッコイイんすよ!!S&W M&P 9 Vカスタムもそうでしたが、やっぱナイトサイト好きやわ~
gasuburomaruigurokku17kounyuu (19)
握ってみた状態。
散々 グロックに触れてきてるので、特に言う事 無し・・・^^;
gasuburomaruigurokku17kounyuu (20)
gasuburomaruigurokku17kounyuu (21)
ホールドオープン状態。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (22)
撃ってみる。
特に言う事(ry
gasuburomaruigurokku17kounyuu (23)
グロック17、18用のCQCホルスターにも問題無く収まります。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (24)
gasuburomaruigurokku17kounyuu (25)
マガジンは他のグロックと共用可能な仕様となっている為、22用のマガジンや50連のロングマガジンも使用出来ます。17より小さい19や26のマガジンは入りませんけどね。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (26)
フィールドストリッピング。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (27)
グロック18Cグロック19(Gen3)グロック17(Gen4)と並べて。これでマルイのガスブロ グロックも4丁に・・・w

ではそれぞれ比較してみましょう。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (28)
まずグロック17とグロック18C
グロック17のフルオートモデルがグロック18で、さらにスライドにコンペンセイターが備わったモデルがグロック18Cとなります。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (29)
スライドを見比べれば18Cの方にはセミフル切り替えのセレクターレバーやコンペンセイターが備わっているので瞬時に見分けがつきますが、
gasuburomaruigurokku17kounyuu (30)
フレーム側は外観は全く同じなので、ここだけ見るとどっちがどっちやら・・・って感じです^^;
gasuburomaruigurokku17kounyuu (31)
続いてグロック17とグロック19
どちらもGen3です(余談ですが商品名だと”3rdジェネレーション”と”サードジェネレーション”で表記揺れがあったり。) グロック17のコンパクトモデルがグロック19となります。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (32)
gasuburomaruigurokku17kounyuu (33)
スライド長やフレーム、グリップも小型化しているのが一目瞭然です。サイズが異なると違いも分かり易いですね。これがグロック26になるとさらに小さくなるのかー。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (34)
最後はグロック17(Gen3)とグロック17(Gen4) 
グロック17同士で、第3世代と第4世代での比較です。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (35)
グリップのテクスチャがGen4では四角いドット型に変更され、マガジンキャッチも大型化しています。またバックストラップの交換も可能となりました。これがGen5になるとフィンガーグルーブも廃止されたのでグリップ形状も変わるんですよね。
gasuburomaruigurokku17kounyuu (36)
リコイルスプリングガイドもGen4は大型化。内部のリコイルスプリングもダブルスプリング仕様に変わっています。


17年前のモデルかつバリエーションも多数リリースされている事もあり、目新しさは全く無いですね(爆) まぁ買った理由もコレクションというだけですから・・・w ”Gen3が好き”という人でもなければ、今からグロック17のガスブロを買うとすればGen4かこれから発売されるGen5という人がほとんどでしょうな😅
そんなGen5は現時点ではまだ発売時期は未定ですが、近年のマルイは自信作のガスブロは敢えて冬に発売する傾向があるので、冬ボーナス時期の12月中旬頃と予想してたり・・・。Gen4は発売されてから何だかんだで1年経ってからようやく買いましたが、Gen5は発売されたら即購入する予定ですよ~。12月予想、当たってると良いなぁ😙



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.