よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
ウルトラレプリカ エスプレンダー 25th Anniversary ver.
ururepuesupurenda-25th (1)
ウルトラマンガイアは25周年!!
 
ururepuesupurenda-25th (2)
ウルトラレプリカのエスプレンダー 25th Anniversary ver.の紹介です。
価格:税込14300円+送料
ururepuesupurenda-25th (3)
パッケージ正面には宇宙を背景にガイア(V2)がドドーンと写っています。カッチョイイィ~!😍
ururepuesupurenda-25th (4)
ESPLENDERの文字とエスプレンダーを表したディティールも箔押し仕様でキラっと輝き、中々豪華な印象。
ururepuesupurenda-25th (5)
パケ横は左側面にガイア(V1)が、
ururepuesupurenda-25th (6)
右側面にはガイア(SV)が写っており、ガイアの全形態が集結しております。
ururepuesupurenda-25th (7)
パケ裏は注意書きのみ。
ururepuesupurenda-25th (8)
パッケージは上下分割方式の箱で、上箱を取って開封します。
ururepuesupurenda-25th (9)
開封した状態。
内容物は3点のみと至ってシンプル。保管しておく際も再びブリスターへ戻し箱にしまえば おkなので楽ですねー。
ururepuesupurenda-25th (10)
紙の説明書は付属しておらずWEB取説となっていました。
https://toy.bandai.co.jp/manuals/pdf.php?id=2599697
個人的には紙ので付属してくれた方が有難いんですが・・・まぁそういう人は各自で印刷しましょう^^;
ururepuesupurenda-25th (11)
ururepuesupurenda-25th (12)
まずはエスプレンダー(初期型)の方から紹介。
第2話にて光(ガイアの力)を手に入れた我夢が、その場で持っていた光電子管に一時的にその光を保管したのがこの初期型と称されるエスプレンダー(プロトタイプの方が近いのではw?)なんですが、まさかの商品化です。これは驚かされた人も多いのでは。
ちなみに撮影で使用されたプロップ品は浜松ホトニクス社の「光電子増倍管 R374」との事。
https://www.hamamatsu.com/jp/ja/product/optical-sensors/pmt/pmt_tube-alone/head-on-type/R374.html
基本的に販売は企業向けかつ価格も11万とかするらしいので、気軽に入手して劇中再現!ってのは難しそうですね😅
ururepuesupurenda-25th (13)
管の頭頂部、実物だと金属であろう部分はシルバー塗装で再現されてますが、内部の電池蓋(後述)が薄っすらと透けて見えちゃってます。
ururepuesupurenda-25th (14)
反対側にはスピーカー穴とカバーパーツを外す為のピンが。
ururepuesupurenda-25th (15)
ururepuesupurenda-25th (16)
ururepuesupurenda-25th (17)
内部に入っている部品はコレ、ダイノードで合ってる???真四角でゴツいです。そういやPMT(フォトマル)は短大の頃に実習で使ったりしてたなぁ~。流石にこんな光電子増倍管とかには触れませんでしたが。
ururepuesupurenda-25th (18)
導線?もしっかりと再現されてますね。
ururepuesupurenda-25th (19)
底面はこんな感じ。飛び出した導線部分(端子?)はステムと言うらしいです。ウルレプではクリアパーツに沿う様に造型されてますが、実物にはこのパーツは無くそのまま飛び出している模様。
ururepuesupurenda-25th (20)
頭頂面はウルレプでは発光する仕様なのでLEDが仕込まれてます。実物はここから光が入射するらしいので、透明になってたりするんだろうか?
ururepuesupurenda-25th (21)
先が尖った物でピンを押す事でロックが外れ、カバーパーツを引き抜く事が出来ます。
ururepuesupurenda-25th (22)
内側に電池が収まっており、開封時には絶縁シートが挿さってます。電池は元からテスト用の物がセット済みなのでシートを抜けばそのまま遊ぶ事が可能です。
ururepuesupurenda-25th (23)
電池蓋を開けた状態。
電池はLR44のボタン電池を2個使用。蓋はネジ留めはされておらずただ被さっているだけなので、カバーと言った方が正しいかも。
ururepuesupurenda-25th (24)
背面の上部、カバーパーツのすぐ下にボタンがあります。
ururepuesupurenda-25th (25)
ボタンを短押しすると1回目はダイノードの所が黄色く発光し、変身待機音(光が輝く効果音)が鳴ります。劇中ではもうちょい黄色が強い色合いだったと思いますが、この電球色も雰囲気は出ていて悪くないですね。
ボタンを長押しすると1回目は「光を吸い込む効果音」&発光、2回目は「光を取り出す効果音」&発光の動作となります。それぞれ第2話のコッヴ戦後に光電子管に光を取り込むシーンと第3話で制作したエスプレンダーへ光を移すシーンを再現 出来ます。
ururepuesupurenda-25th (26)
ボタン短押し2回目は頭頂面が赤く発光し、ガイア(V1)への変身音が鳴ります。ボタン電池だからか音量も発光も弱めの印象・・・写真だと盛大に反射してるのでそうは見えないですけどw
ururepuesupurenda-25th (27)
持ってみるとこんな感じ。
初代ウルトラマンのベーターカプセルの要領で構えられます(実際、オマージュと言うか意識はしてるんでしょう。)
ururepuesupurenda-25th (28)
構えつつ、人差し指で裏のボタンを押す感じです。
ururepuesupurenda-25th (29)
閉じ込めた光を見つめた後・・・
ururepuesupurenda-25th (30)
サッと天にかざして変身!気分は完全に第2話の我夢ですね~♪

一連の動作に関しては動画でご確認下さい。
ururepuesupurenda-25th (31)
ururepuesupurenda-25th (32)
ururepuesupurenda-25th (33)
続いては本命のエスプレンダー
第3話にて我夢が開発した装置(と言ってもただの入れ物ですが)の中に光電子管に保管していた光を封入して完成しました。ウルトラシリーズ初の手作りかつ地球産の変身アイテムです。勿論 名前も我夢が考え、”光を解放する”という意味との事。特に公式からの解説はありませんが、ファンの間ではスペイン語で「輝く」を意味する「Esplender(エスプレンデル)」からの造語じゃないか、というのが通説です。
ururepuesupurenda-25th (34)
横から。
本体の厚みなんかも劇中のイメージ通り。グリップが支えになるので台座無しでも上手い具合に設置させる事が可能です。
ururepuesupurenda-25th (35)
背面はこんな感じで操作ボタンやスピーカー穴、電池蓋がありますが、逆にそれ以外のディティールは無し。
ururepuesupurenda-25th (42)
ururepuesupurenda-25th (43)
先が尖った物でピンを押す事でロックが外れ、電池蓋を取り外す事が出来ます。
ururepuesupurenda-25th (44)
電池は単4電池を3本使用。
ururepuesupurenda-25th (45)
下側には電源スイッチ。右側の×がOFFで左側の〇がONです。
ururepuesupurenda-25th (76)
電源の入れ方は4パターンあり、各操作を行う事で起動状態がA~Dに変化します。例えば普通に電源スイッチだけでONにすると起動状態 Aで、V2モードとなります。
ururepuesupurenda-25th (36)
ガイアのライフゲージをイメージした物と思われるクリスタル部。クリアパーツは透明度も高く、光沢も美しいです。スカイブルーの色味もイメージ通りですね。
ururepuesupurenda-25th (37)
内部のハニカム模様?の様なディティールもしっかり再現されてます。ただ集合体恐怖症の人は苦手かも・・・?^^;
ururepuesupurenda-25th (38)
背面にはグリップが備わっており、ここを掴んで保持します。見ての通り無骨で盛大に角ばっており、ザ・取っ手って感じですねw なおプロップ品だとグリップが折り畳める物もあったらしいですが、ウルレプでは固定となっています。
ururepuesupurenda-25th (39)
背面から見て左側、グリップの側面には変身ボタンがあります。
ururepuesupurenda-25th (40)
背面の左上にもボタンが2つあり、左側(青色矢印)が効果音ボタン、右側(緑色矢印)がBGMボタンです。操作用のボタンは全て左側上部に集約されている事になりますね。
ururepuesupurenda-25th (77)
BGMボタンを押すと各BGMが再生されます。収録曲は16曲と非常に豪華!(楽曲に関しては流石にTVサイズですけどね。) なおこちらの表は変身前状態のもので、変身後はモードや変身状態によってリストや曲順も変わります。またBGM再生予約機能もあり、任意の曲を設定する事で変身音が鳴った後にその曲が自動再生されます。最高やぁ~😊
ururepuesupurenda-25th (41)
背面の右上にはスピーカー穴が。最初は片側に寄ってると音声の聞こえ方が偏りそうだなー、と思いましたが、実際に遊んでみたら全然 気になりませんでした。

クリスタル部の発光ギミック。多色発光、音声に合わせて点滅や揺らいだり等、バリエーション豊かで見応え抜群です!
ururepuesupurenda-25th (46)
水色発光。
内部のLED自体の色は白色でしょうか?
ururepuesupurenda-25th (47)
青発光。
水色発光より若干 濃い感じ。照明下だと違いが分かり辛いかも。
ururepuesupurenda-25th (48)
赤発光。
青いクリスタルの下からでも綺麗に発色していて凄い。
ururepuesupurenda-25th (49)
黄緑発光。
劇中で緑に光った記憶も無いしガイアに緑要素も無いし、何故に黄緑発光?と思いましたが・・・放送当時の玩具が緑色に発光したらしいのでそれのオマージュ要素なのかも。あとは大地(森林)のイメージとか???
ururepuesupurenda-25th (50)
発光。
混ざり合って赤紫っぽい色合いになるのが綺麗です。
ururepuesupurenda-25th (51)
ururepuesupurenda-25th (52)
なお赤青同時発光は位置が上下(光る範囲が異なります)なんですが、それぞれが入れ替わる2パターンあり交互に光る事で揺らいでいる様な光り方もするのがステキ。圧巻です。
ururepuesupurenda-25th (53)
クリスタル内でガイアの赤い光アグルの青い光が煌めく演出も再現可能。これ劇中の再現度 高くて、個人的に凄く嬉しいポイントだったり~。なりきり遊びが捗ります😋
ururepuesupurenda-25th (54)
持ってみるとこんな感じ。
手を覆い隠さない程度のサイズ感も劇中のイメージ通りですね~。
ururepuesupurenda-25th (55)
ururepuesupurenda-25th (56)
ururepuesupurenda-25th (59)
一方でグリップは若干 小さめで、成人男性だとどうにか4本指が入るぐらいで窮屈です。しっかり握り込むのは厳しいかも。・・・え?自分の指が太いだけって事は無いよね?(汗
我夢を演じた吉岡毅志氏がスタッフからプロップ品を渡された際、第一印象が「セメントを塗るコテかと思った」だったのは有名な話ですよねw ティガやダイナと比べて可動ギミックも無く、地味でガッカリしたんだとか・・・^^;
ururepuesupurenda-25th (57)
ururepuesupurenda-25th (58)
指を曲げず伸ばした状態でグリップに通しただけの構え。正面が手の甲側に来る様にします。

各モードでの動作について。
ururepuesupurenda-25th (78)
まずは起動状態 B(変身ボタン+電源スイッチON)の【V1モード】から。
こちらは変身前状態で、変身パターンは第1話、第6話、第10話、第22話の4種類です。まぁ第1話は変身ではなくガイアの力を手に入れてそのまま変化って感じでしたし、そもそもこの時点ではエスプレンダーはまだ存在してないんですけどね😅
ururepuesupurenda-25th (79)
V1変身後状態ではガイア(V1)の様々な音声を鳴らせます。書き出しても長くなるだけなので表を参照してね(爆) 
BGMボタン長押しでライフゲージの点滅発光&音声が鳴らせるんですが、取説だと”カラータイマー”表記なのが詰めが甘いわねw

動作に関しては動画で見て貰った方が早いです(笑) 流石に全ての動作を撮ってはいませんが・・・。
ururepuesupurenda-25th (80)
続いて起動状態 A(電源スイッチON)の【V2モード】です。
こちらは変身前状態で、変身パターンは第26話、第27話、第37話、第38話、第41話、第49話、第51話の7種類です。第41話パターンはΣズイグル戦でのエスプレンダーが封じられてしまったシーンを再現しており、変身不能音が鳴って変身後状態には移行しないという仕様。また第51話パターンでは劇中同様に直接 SV変身後状態へ移行します。
ururepuesupurenda-25th (81)
V2変身後状態ではガイア(V2)の様々な音声を鳴らせます。V2ではさらに変身ボタンを押して追加変身する事で、後述のSV変身後状態へ移行する機能もあります。

アグルの力を一緒にし、V2へパワーアップした第26話の一連の変身シーンをBGMの「フォトンストリーム M-12(V.U)」も含め完全再現 出来るのが素晴らしい!!もう最高っす~♪
ururepuesupurenda-25th (82)
スプリームヴァージョン変身後状態。ガイア(SV)の様々な音声を鳴らせます。

SVのBGMはやっぱり「ガイア ノ チカラ」ですよね~。ミーモスを投げ飛ばしまくるガイアが見える見えるw

第51話の変身パターンでは前述した様に直接 SVへ変身する他、アグルの変身音も一緒に収録されてるのが嬉しい~😆 まぁ劇中で同時変身してたのでその再現なんですが。ラストの変身、叫びも相まって熱いよね~!
ururepuesupurenda-25th (83)
お次は起動状態 C(BGMボタン+電源スイッチON)の【ボーナスモード】です。劇場版やOV等の本編以外での変身パターンはこちらとなり、TDG 超時空の大決戦、ガイアよ再び、大決戦!超ウルトラ8兄弟、オーブ THE ORIGIN SAGAの4種類です。
変身後は前述のV2変身後状態へと移行します。

ちなみに動画内でも操作してますが、変身パターンの切り替えは変身前状態に効果音ボタンの長押しで、変身解除は変身後状態に変身ボタンの長押しで行います。

最後は起動状態 D(効果音ボタン+電源スイッチON)の【シンプルモード】です。こちらの動作は「変身ボタンを押すと変身音が鳴る」というだけの名称通りシンプルなモードです。効果音ボタンもBGMボタンも機能せず長押し等の操作も一切 無効の、変身ボタンを押したら押しただけ音声が鳴る仕様です。

放送当時の玩具を再現したモードって事なんですかね。毎回 変身解除して・・・とやる必要も無いので、シンプルにひたすら変身音だけを鳴らしたい人には良いかも。
ururepuesupurenda-25th (60)
実際に遊んでみましょう。
胸の前で右手を斜めに構えてから、
ururepuesupurenda-25th (61)
正面にサッと突き出して変身!

「ガイアァーーーーーッ!!!」

ururepuesupurenda-25th (76)
ururepuesupurenda-25th (77)
ururepuesupurenda-25th (78)
ururepuesupurenda-25th (79)
なりきり的にも気持ちを込めて叫びたくなりますが、くれぐれも近所迷惑にならない様に注意しましょう・・・😅 セリフONのモードにしておけば我夢本人が叫んでくれますし。
ururepuesupurenda-25th (62)
ururepuesupurenda-25th (63)
ディスプレイ用の専用台座もあります。
ururepuesupurenda-25th (64)
台座を使用しディスプレイするとこんな感じに。
ururepuesupurenda-25th (65)
ururepuesupurenda-25th (66)
ururepuesupurenda-25th (67)
単に乗せているだけではありますが、割と安定してるのでよっぽど揺らしたりしなければ落下の心配は無さそう。
ururepuesupurenda-25th (68)
やっぱり直置きより台座で飾ってあげた方がサマになりますね~。でもどうせならタイトルロゴのプレートも欲しかったかな。アクリルロゴディスプレイを買えって事なのかw?
ururepuesupurenda-25th (69)
ururepuesupurenda-25th (70)
初期型と一緒に並べて。
当然ですが全くの別物で共通点とかは一切ありません。まぁ”初期型”というのもあくまで俗称ですしね。

「僕が今は、ウルトラマンなんだ。」
エスプレンダーの音声とBGMも合わせて、第2話のギール戦での変身シーンを再現。こういう楽しみ方もアリですな😄

「光を開放するんだから、”エスプレンダー”・・・が良いかな。」
「これでいつも、光と一緒だ!」

V2モードのアグルの光を吸収する音声を利用して、光電子管からエスプレンダーへ光を移すシーン(エスプレンダーが完成するシーン)を再現。まぁ劇中では光をエスプレンダーの装置内に封入していたので、厳密には異なるんですがね^^; そこは雰囲気でw
ururepuesupurenda-25th (71)
ururepuesupurenda-25th (72)
ururepuesupurenda-25th (73)
最後は英雄勇像と一緒に撮影~。
アルティメットルミナスとも迷ったんですが、そちらはプレミアム 肆のSVが未開封だったので止めました。
・・・いや、早く開けろや!!😡 何年 放置してんだよ・・・。
ururepuesupurenda-25th (74)
ちなみにウルトラレプリカでエスプレンダーが商品化するのは今回で2回目だったりします。1回目は2017年 受注でアグレイターとセットで発売されましたが色々と不甲斐ない出来で不評だったらしく、この度 25周年という節目でリニューアルされる事となりました。自分は当時はまだ学生だった事もあり、金銭的にスルーせざるを得なかったんですが・・・後から良い物が出るならそれで良かったと思えますね(笑)
アグレイターのリニューアル版も期待したいなぁ。
ururepuesupurenda-25th (75)
以上、ウルトラレプリカ エスプレンダー 25th Anniversary ver.でした!
ガイアの25周年を記念してリニューアルされたウルレプのエスプレンダー。以前の物は未所持なので比較は出来ませんが、かなり多機能なので相当 進化しているであろう事が伺えます。起動状態が4モードある上に、V1、V2、SVのガイアの全形態への変身を網羅し掛け声や必殺技音も各個収録、変身パターンも複数用意されていて多色発光にBGMも16曲を収録・・・と、凄まじいプレイバリューです!!セリフONのモードでは変身時に我夢が叫んでくれるのも嬉しいですね、ウルレプってキャストのセリフを収録しているイメージ無かったので。気になった点としては、遊んでいて起動状態を切り替えたい時に毎度 電源操作の為に背面の電池蓋を開けなきゃいけない点だけ面倒に感じました・・・先が尖った物でピンを押す必要があるのがネックなんですよね。ここがワンタッチで開けられたら良かったんですが、簡単に開いてしまうと遊んでいる時に外れ易くなってしまう・・・みたいな開発側の何かしらの判断があったのだろう、と勝手に思っております^^;
初期型の方も商品化しただけでも貴重な気がしますね~、もうそれだけで価値がありますw こちらも発光&音声ギミックで劇中での動作は完全再現している(そもそもの登場シーンが短いけど・・・)ので、出来は充分と言って良いかと。ニッチではありますが、欲しかった人にはたまらないでしょうな😂
純粋になりきり遊びをするも良し、変身パターンを選択してBGMも流し劇中再現にこだわるも良し、収録音声を順番に鳴らして行くも良し・・・機能が多彩なので、それだけ楽しみ方も無数に存在してますね~!ずっと遊んでいられるよ(笑) ガイア好きならば絶対に持っておきたい最高・最強のアイテムとなっていました!!
それと上でも書きましたが、同仕様となったアグレイター 25th Anniversary ver.も発売される事を願うばかりですね。サイズ的にギミックを仕込むのがかなり困難でしょうが、最新の技術を駆使して頑張って頂きたい・・・w

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.