よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
目一杯の 嗚呼 祝福を君に
HGgandamueariaru (1)
誰かが描いたイメージじゃなくて
誰かが選んだステージじゃなくて

 
「機動戦士ガンダム 水星の魔女」よりHG ガンダム・エアリアル(※商品名だと中点は無し)です。ブランドとしては”HG THE WITCH FROM MERCURY”なのでHGTWFMになるのかな。うーん・・・長ったらしいな~、年号がA.S.(アド・ステラ)なんだからHGASで良いじゃんw
HGgandamueariaru (2)
ランナーは全部で7枚で、近年のスタンダードのポリキャップレス構成。
HGgandamueariaru (3)
HGgandamueariaru (4)
パチ組み状態。
エスカッシャンのビットの取付を間違えており、上下逆になってますねw さらに脚部の股接続パーツが左右逆だった事も判明。道理で脚上げ時にやけに干渉すると思った訳だw うーむ、説明書をちゃんと読んでないのがバレてしまう・・・^^;
HGgandamueariaru (5)
HGgandamueariaru (6)
そんでゲート処理も下地処理や合わせ目処理も何もせず、サクッとお手軽 缶スプレー塗装で仕上げてみました。黄色とグレーのパーツは未塗装なので成型色のままです。
水星の魔女の情報が出た当初、”水星”というイメージから「主役機はきっと青いガンダムなんだろうな~」と勝手に思ってました(まぁ別に水星って青くないんですけどね。) しかし実際にエアリアルのデザインが発表(今年の3月末くらいでしたっけ?)されてみると、いつも通りのトリコロールでガッカリしたんですよねー。別にエアリアルその物を嫌ってる訳ではないんですが、自分で好きに弄れるのがガンプラの魅力ですので、赤色部分を一切排除し自分の思い描いた青色のガンダムにしてみた・・・という訳です。
HGgandamueariaru (7)
使用塗料は以下の通り。
赤色パーツ:Mr.カラースプレー コバルトブルー
青色パーツ:タミヤカラースプレー ブルーバイオレット
白色パーツ:Mr.カラースプレー RLM76ライトブルー
ライフル、ビットガンダムカラースプレー MSグレー連邦系

あとは細かい箇所にガンダムマーカーやタミヤカラーエナメルを使用してます。
本体白はもっと水色っぽくしたかったんですが(イメージ的にはジムの本体カラーを青寄りにした感じ)、丁度良いスプレーが無くRLM76ライトブルーで妥協。まぁこだわるなら混色してエアブラシで塗れって話ですなw また写真だとブルーバイオレットは青が強く映っておりコバルトブルーとの違いが分かり辛いですが、実際は紫が強めの色合いでちゃんとツートーンになってます。
HGgandamueariaru (8)
HGgandamueariaru (9)
頭部。
なんかダブルオークアンタと似てる気がする・・・額を青くしたので猶更。ツインアイと後部カメラはホイルシールが付属してますが、折角 色分けされてるのでシールは使いませんでした。
HGgandamueariaru (10)
なおそのツインアイと後部カメラ用のシールは、緑色の他に赤色の物も用意されてるんですが現時点では詳細不明。暴走時とかなんでしょうか?
HGgandamueariaru (11)
HGgandamueariaru (12)
ツインアイも後部カメラもガンマカのアイグリーンで塗ってるので、ブラックライトに反応し発光します。
HGgandamueariaru (13)
頭頂部、胸部、バックパック上部(撮り忘れちゃいましたw)のシェルユニットはホイルシールの上にクリアパーツを取り付けて再現、肩上部はホイルシールのみです。ただ胸部の方は後述するインモールド成形のパーツも用意されており、自分はそちらを使用。シールは赤く発光した状態と黒い非発光状態の両種あります(自分は前者を使用してます。)
HGgandamueariaru (14)
胸部シェルユニットのパーツのみ、インモールド成形のパーツが付属。印刷されたフィルムをクリアパーツの間に挟み込んで射出したパーツだそうです。質感、発色ともに良しですが、他のシェルユニットのパーツとはあからさまに差があるので、全身で統一したければ胸部もシール+クリアパーツを採用するのもアリかと。
HGgandamueariaru (15)
エアインテーク左右の箇所もクリアパーツ。腹部左右の丸いモールドもシェルユニットなのかな?ここもシールですが赤い状態の物しかありませんでした。
HGgandamueariaru (16)
太腿にもシェルユニット。
HGgandamueariaru (17)
なおホイルシールはシェルユニットに使用する物はダブルサイドシールになっており、粘着面(貼り付ける側)に印刷がされてます。似たような物だと昔にMGのνガン Ver.Kaを作った時にサイコフレームのパーツ裏に貼るシールがそうだったなぁ(印刷はされてませんでしたけどね。)
HGgandamueariaru (18)
HGgandamueariaru (19)
肩、膝裏の動力パイプ?はガンマカのゴールドとメッキシルバーで塗ってみました。程良いアクセントになってくれて満足😁
HGgandamueariaru (20)
デザインの話になってしまいますが、膝頭のパーツがピッタリくっ付いておらず隙間が出来てるのがすげー気になる・・・(汗

■可動範囲
HGgandamueariaru (21)
HGgandamueariaru (22)
頭部はそれなりに動きますが、もうちょい上を向けたらな、とブンドドしてて思いました。首が太いので、首及び干渉する後頭部の内側を削り込めば解消するかな?
HGgandamueariaru (23)
肘関節は120°くらい。思ったよりも曲がらなかった・・・造型を優先した結果でしょうか。
HGgandamueariaru (24)
肩上げは秀逸ですねー。
HGgandamueariaru (25)
膝関節の方はしっかり180°曲がります。
HGgandamueariaru (26)
膝はパッと見、中央の円形パーツの部分から曲がりそうに見えますが、実際に可動するのはその下からで、そこに2箇所 可動軸があるというややこしい構造に^^;
HGgandamueariaru (27)
またこの膝関節は2箇所の可動軸の動かす順番を間違える(下から動かす)と、前述した膝頭のパーツがぶつかってしまうので注意が必要です。自分はトップコートを吹く前にこれをやって盛大に塗膜をガリッと削ってしまいリタッチする羽目に・・・😭
HGgandamueariaru (28)
接地性は45°くらいで標準的。足首パーツの前後に足と踵が付いた構造になってるので、両方とも動かしてやる必要があります。

■武装
HGgandamueariaru (29)
頭部バルカン
アナザーで主役機に頭部バルカンが装備されてるのってSEED以来かしら?珍しくブレードアンテナよりも上側に搭載されてます。
HGgandamueariaru (30)
ビームライフル
グレーのパーツはこちらとバレルになるビットのみMSグレー連邦系で塗装。
HGgandamueariaru (31)
センサー部分はホイルシール。黄色や緑ではなく白(ライトグレー?)なのが珍しい。
HGgandamueariaru (32)
ビーム刃のパーツも付属しており、取り付けてビームブレイドに。名称は説明書には一切 記載が無いのでルブリスから。
HGgandamueariaru (33)
専用ジョイントを介してバックパックにマウント可能です。
HGgandamueariaru (34)
ビームサーベル
グリップは定番位置であるバックパック上部の左右にマウント。
HGgandamueariaru (35)
ビーム刃は00の第3世代ガンダムに使用されていた平たいタイプ。主役機には珍しい青色なのも特徴(映像作品だと初?)
HGgandamueariaru (36)
エスカッシャン
GUNDフォーマットを用いた次世代群体遠隔操作兵器システム、通称「ガンビット」で構成された多目的攻防プラットフォームですって。なんかよく分からんけど凄そう(小並感)
HGgandamueariaru (37)
裏側はこんな感じ。
HGgandamueariaru (38)
設定通り11基のビットステイヴに分離が可能。
HGgandamueariaru (39)
ただし各ビットを接続及び腕にマウントする為の基部パーツは余剰となります。本来ならこのパーツは存在していない事になりますね(どうせならこれもビットとして設定しちゃえば良かったのに・・・w) 来年3月発売の1/100のフルメカニクスではこのパーツ無しで設定通りの合体・分離が再現されるのか気になるところです。
HGgandamueariaru (40)
HGgandamueariaru (41)
各ビットを機体各所に接続する事でビットオンフォームに。意外と印象 変わって見えるもんですね~。
HGgandamueariaru (42)
2基のビットはビームライフルの銃身に取り付け可能で、ロングバレル化します。

ではブンドドをば。
HGgandamueariaru (43)
エアリアル、出撃!
HGgandamueariaru (44)
HGgandamueariaru (45)
ビームライフルで。
HGgandamueariaru (46)
ビットのバレルを取り付ける関係で銃口・・・というかバレル内が埋まっちゃってる造型なのが残念です。見栄えがよろしくないのでね・・・。
HGgandamueariaru (47)
シールドじゃないよ、エスカッシャンだよ。
HGgandamueariaru (48)
まぁ機能としてはシールドなんだけどさ。
ちなみに”エスカッシャン”とは紋章の中央に描かれている盾を指す言葉だそうです。・・・じゃあやっぱシールドなんじゃん(笑)
HGgandamueariaru (49)
HGgandamueariaru (50)
逆さに構えてもカッコイイ。アームド・アーマーDEっぽい雰囲気あるよね。
HGgandamueariaru (51)
HGgandamueariaru (52)
多分だけど、エスカッシャンの状態でもビットステイヴの射撃は可能だよね・・・?
HGgandamueariaru (53)
ライフルと同時発射、みたいな。
HGgandamueariaru (54)
ライフルにビットステイヴを装着してロングバレルに。こちらも他ビットはエスカッシャンに合体状態でも可能だよね・・・?
HGgandamueariaru (55)
エスカッシャンは先端がスカスカになっちゃいますが、これはこれでアリ。
HGgandamueariaru (56)
ビームブレイド発振!
HGgandamueariaru (57)
HGgandamueariaru (58)
ライフルからビーム刃も出せるのはナドレのライフルを思い出しますね。あとはバンシィ・ノルンのビーム・ジュッテもビーム刃 青色だったわ。
HGgandamueariaru (59)
HGgandamueariaru (60)
ビーム刃のパーツが大きくて迫力ありますが、ポリキャップレスキットなので重さに負けて手首がヘタってきます・・・(汗
HGgandamueariaru (61)
HGgandamueariaru (62)
公式設定ではない(説明書に記載は無い)ですが、ライフル マウント用のダボ穴を使う事でファーストガンダムよろしく背面に背負わせる事も出来たり。意外とサマになってる気がする。
HGgandamueariaru (63)
HGgandamueariaru (64)
シールド・ブースターっぽくしてみたりね。・・・やっぱりアームド・アーマーDEじゃないかw!
HGgandamueariaru (65)
サーベル抜刀。グリップに手は届きますが、ホルダー基部が動いてくれればもっと掴み易いのにな、とは思いました。
HGgandamueariaru (66)
ビームサーベルで。
HGgandamueariaru (67)
上でも書きましたが、青いサーベルは珍しいですよね。センチネルの機体やHi-ν、デルタプラスぐらいかなぁ・・・パッと思い付くのは。
HGgandamueariaru (68)
HGgandamueariaru (69)
映像作品の主役機で青サーベルはやっぱり初めてかもしれませんね。
・・・え?Gセイバー???
HGgandamueariaru (70)
機体カラーリングが無難なトリコロールでガッカリした分、サーベルが青と知った時は嬉しかった記憶が。
HGgandamueariaru (71)
平たいサーベルも懐かしさすら感じますね。鉄血に至ってはまずビームサーベルが存在してなかったし・・・w
HGgandamueariaru (72)
HGgandamueariaru (73)
赤いパーツも青で塗装し徹底的に赤色要素を排除した結果、発光状態のシェルユニットの赤色がアクセントになったのは結構 気に入ってたり~。
HGgandamueariaru (74)
二刀流でも。
HGgandamueariaru (75)
流石にエスカッシャンを装備した状態だと取り回し悪そう・・・^^;
HGgandamueariaru (76)
ビットステイヴ分離、展開!
HGgandamueariaru (77)
公式でビットステイヴを浮かせる用のディスプレイベースを発売してくれるそうなので、ビットを展開したポージングは素直にそちらが出るまで待ちますか😑
HGgandamueariaru (78)
HGgandamueariaru (79)
続いてビットオンフォームで。平手が欲しくなるなぁ~(来年1月発売のフライトユニットに付属するとの事。)
HGgandamueariaru (80)
HGgandamueariaru (81)
HGgandamueariaru (83)
再びビームライフルで。
HGgandamueariaru (82)
左腕から大きめのシールドが消えて、機体各所にパーツが増えるだけでも結構シルエットが違って見えるもんですね~。
HGgandamueariaru (84)
ビットステイヴ装着!ロングバレルモード!
HGgandamueariaru (85)
HGgandamueariaru (86)
種ポーズっぽく。
HGgandamueariaru (87)
HGgandamueariaru (88)
フォアグリップは無いので下に手を添えて構え。う~ん、平手欲しいなぁ~・・・。
HGgandamueariaru (89)
ルブリスだとビットステイヴ装着状態はガンビットライフルという名称になるそうですが、エアリアルでは不明。
HGgandamueariaru (90)
ビームブレイド!
HGgandamueariaru (91)
HGgandamueariaru (92)
HGgandamueariaru (93)
ビットオンフォームだとエスカッシャンで隠れてた左手が露出し目立つので、余計に平手が欲しくなりますね^^;
HGgandamueariaru (94)
上でも書いた様に重くなって手首がクタッとヘタるので、だらしないポーズになりがちで撮影中は気を遣いました・・・。
HGgandamueariaru (95)
HGgandamueariaru (96)
サーベルと同時併用したりね。
HGgandamueariaru (97)
再びビームサーベル。
HGgandamueariaru (98)
HGgandamueariaru (99)
HGgandamueariaru (100)
やっぱ左手の表情が寂しいんよ・・・平手欲しいんよ・・・(しつこい。) デフォで付属させてくれても良かった気もするけどねぇ。
HGgandamueariaru (102)
二刀流~。
HGgandamueariaru (103)
HGgandamueariaru (104)
HGgandamueariaru (105)
HGgandamueariaru (106)
HGgandamueariaru (107)
HGgandamueariaru (108)
HGgandamueariaru (109)
ビットオンフォームで二刀流、カッチョイイっすね~!是非とも劇中でも披露して貰いたいです。
HGgandamueariaru (101)
なんか撮ってみたバックショット。特に深い意味は無い。
HGgandamueariaru (110)
第1話みたいに両手で握るのはグリップが角型なのでちょい厳しめ。それっぽいポーズは可能ですが・・・。
HGgandamueariaru (111)
最後はメインビジュアルの立ち膝ポーズで〆
手が平手じゃないので、完全再現はフライトユニットを入手するまでお預けですねー。
HGgandamueariaru (112)
終わりー。
以上、HG ガンダム・エアリアルでした。
新作ガンダムの主役機という事で、サクッと組んでお手軽仕上げで完成させてみました。放送中にその作品のキットを作るのも久々だな~、ダブルオーダイバーエース以来でしょうか。鉄血の頃もバルバトスルプスヴィダールを作ったっけな~、懐かしい。当時は放送を見て欲しくなったとしてもお店に出向けばすぐ買えてたんだよなぁ・・・(遠い目) 今回は色だけ変えて他は気にせずに作りましたが、1/100 フルメカニクスも同様に色を変えて作ってみたいと思ってるので、その時は全塗装や加工等もしてみようかと思案中。・・・まぁ、買えたらの話なんですけどね(苦笑)



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.