よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
ガシャポンHGX 円谷プロ壱~樋口真嗣セレクション~
HGXtuburayapuroiti (1)
ガシャポンHGX 円谷プロ壱~樋口真嗣セレクション~より、ウルトラマン(シン・ウルトラマン)とプリズ魔を紹介しまする。「シン・ウルトラマン」の監督である樋口真嗣氏がラインナップをセレクションした新シリーズの”HGクロス”で、シン・ウルトラマンよりウルトラマン、ザ・ウルトラマンよりメロス、帰ってきたウルトラマンよりプリズ魔、ウルトラマン80よりゴモラⅡの全4種です。
価格は1回500円。自分はガチャは回さず、最初からお目当てのこの2種をメルカリでつまんでゲット。
 
ウルトラマン(シン・ウルトラマン)
HGXtuburayapuroiti (2)
HGXtuburayapuroiti (3)
HGXtuburayapuroiti (4)
HGXtuburayapuroiti (5)
「シン・ウルトラマン」に登場するウルトラマン(この個体を指す名称としてもシン・ウルトラマンは使われるでしょうが)がスペシウム光線のポーズでHGシリーズに登場です。本来なら映画の公開に合わせて・・・となる筈だったんでしょうが、生憎 映画の方は未だに公開時期調整中というねorz
HGXtuburayapuroiti (6)
HGXtuburayapuroiti (7)
頭部。マスク造型は初代のCタイプがベースみたいですが、自分はAタイプを整えた様な印象を受けますね。
HGXtuburayapuroiti (8)
お馴染みのスペシウム光線ポーズ。腕の中央に走るパーティングラインが写真だとちょっと目立ちますね。実際は小さいのでそんなに気になりません。
HGXtuburayapuroiti (9)
シン・ウルトラマンという事でカラータイマーは無し。
HGXtuburayapuroiti (10)
猫背な背中。シワ等の造型が全く無いのでヌルッとして見えます。敢えてなのかな?
HGXtuburayapuroiti (11)
ガッシリ・・・と言うよりは細くシュッとした脚部。
HGXtuburayapuroiti (12)
足先は魔女の靴みたいに尖ってますね。ここはBタイプを意識したものだと思われ。
HGXtuburayapuroiti (13)
上半身と下半身は胴体内のパーツを介して繋がっているという珍しい構造になってました。
HGXtuburayapuroiti (14)
HGXtuburayapuroiti (15)
足にはめ込む仕様の台座が付属。無くても自立は可能ですが、足が小さい為に比較的 倒れ易い方だとは思うので、飾る際は必要かなー、と。
HGXtuburayapuroiti (16)
HGXtuburayapuroiti (17)
映画のタイトルロゴが入ったロゴプレートも付属してます。文字は赤の箔押しです。
HGXtuburayapuroiti (18)
HGウルトラマン03のウルトラセブンと並べて。
同じHGシリーズなのでサイズもほぼ一緒です。
HGXtuburayapuroiti (19)
アルティメットルミナスと並べると流石に小さいですね・・・。これで(フィギュア自体は)同じ500円なんだよな~、うーむ。
シン・ウルトラマンもいずれはアルティメットルミナスで出るんでしょうかね?

プリズ魔
HGXtuburayapuroiti (20)
HGXtuburayapuroiti (21)
HGXtuburayapuroiti (22)
HGXtuburayapuroiti (23)
帰ってきたウルトラマンより、第35話「残酷!光怪獣プリズ魔」に登場した光怪獣 プリズ魔がラインナップ。なんてマニアックなチョイスなんだ・・・ッ!いや~、もう大歓迎っす(笑) プリズ魔のガシャポンフィギュアが出るなんて凄い時代ですよホント。
HGXtuburayapuroiti (24)
全身は乳白色の半透明のクリアパーツで再現されており、中央にある結晶部(?)のみ彩色されてます。
HGXtuburayapuroiti (25)
底面は無色クリアパーツです。
HGXtuburayapuroiti (26)
底面パーツは取り外す事が可能で、
HGXtuburayapuroiti (27)
アルティメットルミナスシリーズのルミナスユニットを最大3個まで内側に取り付ける事が出来ます。
HGXtuburayapuroiti (28)
発光させるとこんな感じ。うーん、豪華~!(笑)
HGXtuburayapuroiti (29)
これで発光した状態を再現 出来るのですが・・・う~む?電球色に光る為、劇中の青白く光っていたイメージとは異なってますね。アロマキャンドルみたいな雰囲気になっちゃってます^^;
HGXtuburayapuroiti (30)
なお付属のブックレットに載っているルミナスユニット搭載イメージでは思いっきり白く光ってます。
いや詐欺だろコレェ!(汗
HGXtuburayapuroiti (31)
白く光るルミナスユニットと言えば・・・ルミナスユニットプレミアムですよねー。てな訳でアルティメットルミナスプレミアム ウルトラマン 参に付属していた2個を拝借。我が家にはプレミアムはこの2個しかないので、3個目は割愛で・・・w
HGXtuburayapuroiti (32)
ルミナスユニットプレミアム(2個)を使用するとこんな感じにー。うん、やっぱりこっちの方が劇中イメージに近いですね。
HGXtuburayapuroiti (33)
ちなみにルミナスユニットの配置を中央にして1個だけ使用するとこんな感じ。流石に光量は弱くなりますね。
HGXtuburayapuroiti (34)
下からスマホのライトで照らしたら全体的に光ってくれました。
内部スペースはそれなりに余裕があるので、別にルミナスユニットにこだわらなくても収まるサイズの白色LEDを用意すれば充分かと思われ。
HGXtuburayapuroiti (35)
上で紹介した同弾のシン・ウルトラマンと並べるとサイズの小ささがどうしても気になっちゃいますね・・・劇中では帰マンと同じくらいの体高でしたので。

では適当に何枚か~。
HGXtuburayapuroiti (36)
HGXtuburayapuroiti (37)
HGXtuburayapuroiti (38)
HGXtuburayapuroiti (39)
HGXtuburayapuroiti (40)
HGXtuburayapuroiti (41)
HGXtuburayapuroiti (42)
HGXtuburayapuroiti (43)
HGXtuburayapuroiti (44)
HGXtuburayapuroiti (45)
HGXtuburayapuroiti (46)
HGXtuburayapuroiti (47)
HGXtuburayapuroiti (48)
HGXtuburayapuroiti (49)
HGXtuburayapuroiti (50)
HGXtuburayapuroiti (51)
HGXtuburayapuroiti (52)
HGXtuburayapuroiti (53)
HGXtuburayapuroiti (54)
HGXtuburayapuroiti (55)
HGXtuburayapuroiti (56)
HGXtuburayapuroiti (57)
HGXtuburayapuroiti (58)
HGXtuburayapuroiti (59)
HGXtuburayapuroiti (60)
HGXtuburayapuroiti (61)
HGXtuburayapuroiti (62)
HGXtuburayapuroiti (63)
HGXtuburayapuroiti (64)
HGXtuburayapuroiti (65)
HGXtuburayapuroiti (66)
HGXtuburayapuroiti (67)
HGXtuburayapuroiti (68)
HGXtuburayapuroiti (69)
HGXtuburayapuroiti (70)
HGXtuburayapuroiti (71)
HGXtuburayapuroiti (72)
HGXtuburayapuroiti (73)
HGXtuburayapuroiti (74)
HGXtuburayapuroiti (75)
HGXtuburayapuroiti (76)
HGXtuburayapuroiti (77)
HGXtuburayapuroiti (78)
HGXtuburayapuroiti (79)
HGXtuburayapuroiti (80)
HGXtuburayapuroiti (81)


以上、ガシャポンHGX 円谷プロ壱~樋口真嗣セレクション~より、ウルトラマン(シン・ウルトラマン)、プリズ魔でした。




コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.