よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 観ました
gandamusenhasamita (1)
gandamusenhasamita (2)
閃光のハサウェイ 観て来ましたよ!!!
本来は2020年7月23日公開予定だったのがコロナ禍で延期となり、間が空いて2021年5月7日公開に決定したと思ったら緊急事態宣言によって5月21日に延期され、さらに緊急事態宣言の期間延長に伴い再延期し・・・ようやく、ようやく昨日 6月11日に公開される事となりました。迂余曲折ありましねぇ・・・まぁとりあえず無事 公開され何よりです。ただ結果として本来の公開予定日から1年近く延期してる事を考えるとホント コロナさえ無ければ・・・って感じですな。
ガンダムの映画作品はGレコⅡ以来となるのかな。完全新作としてはガンダムNT以来でしょうから2年半ぶりか~。
gandamusenhasamita (3)
入場者プレゼントも貰いましたー。赤いなぁ。
gandamusenhasamita (4)
劇場限定ガンプラ(クリアカラーのHGUC ペーネロペー)は当然ながら完売。まぁ通常版を持ってる&積んでる自分は元々スルーですがね。あとガンダムベースでも普通に売ってるそうで。
パンフレット、BDの方は完売の表示は無かったので、まだ売ってたっぽい。BDは買おうかどうかちょっと悩んだのですが、買っちゃうともう劇場へ観に行かなくなるでしょうし、素直に一般販売を待つ事にします・・・w


ストーリーに関しては、原作が存在する作品ですし特筆する事は無いかなぁ。ただ原作はべルチルの続編として書かれてるのに対し、今回の映像化では逆シャアの(さらに細かく言えばUCやNTの)続編として描かれているという違いがあり、その辺の微妙な差異はありますね。
個人的に評価したいのは劇場作品ならではの映像美。既に公開されている冒頭16分でも感じ取れましたが、とにかく作画が細かく、徹底してリアルに描かれているのが特徴的です。ガンダム作品なのにまるで新海誠 監督作品を観ているかの様な・・・ガンダムで新海ワールドをやっているかの様な作風でした。SFの世界なのに、架空の世界なのに、リアリティを徹底して描いている為、そして映画館の巨大なスクリーンで観る事も相まって、作品の世界観に一気に引き込まれます。これは劇場で観ないと損ですよ~!!BDを買っても家で観たら満足 出来ないやつや(でも買うけどw) UCも充分 作画は細かく綺麗でよく動いていましたが、閃ハサはそれ以上に進化していて(というかそもそも作風が違う)驚きました。多分ですが、NTもUCの続編という事で作風を合わせただけであって、作ろうと思えば閃ハサみたいな作風でも作れたんじゃないかなぁ、と思ったり。勿論 最新の技術によるものも多いんでしょうけど。
原作の時点で分かっていましたが、戦闘シーンは少なめです。Ξガンダム、ペーネロペー共に予告映像に映っているシーンがほとんどと言っても過言じゃないでしょう・・・^^; 一方でメッサ―がすげぇカッコ良く描かれていて痺れました。HGUC 欲しくなっちまうよー!(チョロイ MS戦もコクピット視点がFPSみたいだったり生身の人間視点での描写があったりと、カメラワークや演出もこだわっているシーンが随所にあり迫力満載で楽しめました。流れ弾や衝撃波に飛び散る火花だったりと、市街地戦で巻き込まれた人々から見たMS戦の恐怖が伝わってきてこちらまで冷や汗でしたね・・・この点も上で述べた徹底したリアリティの一つです。惜しいのは、あちこちで同様の感想を見掛ける様に、
夜間の戦闘シーンの為、終始 画面が暗い
というのがあります。観てない人は「そんなに?」って思うかもしれませんが、マジで暗いです。加えてスピード感 溢れる戦闘の為、暗くて速いので何がどうなってるのか分かり辛いという、リアルを追求し過ぎた故の欠点もあります。この点は仮にUCの作風で描いていたとしたらep1のクシャトリヤのコロニー内での戦闘シーンみたいになっていたと思われるので、まさに閃ハサの作風故の・・・という感じでしょう。自分はそれも込みでリアルで良いなー、と思いましたが、この辺りは好みが分かれそう。
音楽はUC、NTに引き続き澤野弘之氏が担当。NTの「Vigilante」もそうでしたが、今回もボーカル入りの曲が戦闘シーンで使用されていたりと、UCの時とはスタイルが変わってます。映画を観た熱でサントラも欲しいな~、と思ったら・・・現状は劇場限定BDに付属するのとDL販売しかないんですね。CDで出てたら即行で買ったのにー。また主題歌の「閃光」は公開前に散々聴いたので、最後のクレジットで流れた時は「ようやく劇場で聴けたな~」という気持ちでした(笑) 既存の曲でもなければ中々こういう事って無いよねw 明るい曲過ぎて作品とマッチしてないという意見はよく目にしますが、歌詞はしっかりハサウェイについて触れていて自分は割と好きかな。
gandamusenhasamita (14)
今回の第1部はギギがダバオに2、3日 滞在する、ってところで終了で、原作の1巻目(上中下の上巻)の収録内容とピッタリ一致しています。なので第2部、第3部も原作と合わせた内容になるでしょうね(まぁ同じ3部作って時点で予想は出来ましたが。) 原作からこれと言って大きい改変も無く、順当に映像化した感じでしたね。イメージ通りだったシーンもあればそうじゃないシーンもあったりで、それは同じく小説が原作のUCと同様でした(あちらは改変 多かったですけどね。)
そういえば映画のタイトルに~星を継ぐ者~みたいなサブタイが付いてないんですね。ファーストの劇場版3部作みたいに第2部から「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイⅡ ~〇〇〇~」って感じでサブタイが付くんでしょうか。またその所為か、3部作だと知らずに観に行った人が唐突に終わって驚いた、という感想もちらほら目にしますね。確かに何も知らなかったら「えっ!?これで終わり???」ってなるでしょうなーw
なお最後のクレジット後に次の第2部の公開時期とか、何かしら発表があるかな~、と思ってたら一切 何も無かったのでちょっと残念・・・。どこまで制作が進んでるのか不明ですが、来年の今ぐらい(大体1年)には公開してると良いなぁ。

色々と語りたい事はありますが、今後 2回目、3回目と観に行く予定なのでとりあえずこれぐらいで。これからまた様々な発見や改めて観た感想もあるでしょうし。4DX版がかなり良かったという感想が多いので、2回目は4DXで観るつもりです~。確かにあの戦闘シーンを4DXで観るとなると凄まじい迫力でしょうな・・・めっちゃ楽しみです。他にもドルビーアトモス版でも観てみたいところ。ここまで劇場で上映している内に可能な限り観に行きたい、となった映画も久々だなぁ。まぁ如何せん忙しいのでどれくらい行けるかは分かりませんが・・・NTの時は結局 2回だけだったし。


入場者プレゼントの紹介は追記にて。
 
gandamusenhasamita (5)
入場者プレゼントのOPP袋は上でも書いた様に見事に真っ赤。入場者プレゼント(フィルム)は週替わりなので、袋の色もきっと毎週 変わるんでしょうねー。
gandamusenhasamita (6)
中身は
・週替わり歴代ガンダム劇場フィルム
・劇場版「Gのレコンギスタ」 第1部&第2部の無料視聴シリアルコード
・冊子

の3点。
OPP袋に対してフィルムはかなり小さいので、何が貰えるのか把握してない人はシリアルコードと冊子だけ出してそのまま袋ごとフィルムは捨てちゃったりとかしそうですよね(汗
gandamusenhasamita (7)
週替わり歴代ガンダム劇場フィルム(1週目)
フィルムはスリーブ入りなので取り出す際に気を遣う必要はありません。歴代ガンダムの作品は週替わりとなっており、1週目はファーストの劇場版3部作(「機動戦士ガンダム」、「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」、「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編」)からランダムに4コマが選ばれています。多分1000種類ぐらいあるんじゃないですかね。
映画の入場者プレゼントでフィルムを貰うの自体、かなり久々な気がしますがガンダムだとサンダーボルト DECEMBER SKYの時以来になるのかな。どこにしまったか全く覚えてねぇ・・・w
gandamusenhasamita (8)
どのシーンなのか、スリーブから出して確認してみましょう!
gandamusenhasamita (9)
シャアとパイロットスーツ姿のセイラさんが写っていますね。この2人が会っているシーンというだけでもかなり絞られますが、めぐりあい宇宙編のテキサスコロニーで再会するシーン(TV版だと第38話の「再会、シャアとセイラ」)で間違いないでしょう。コロニー内が荒廃している所為でフィルムも全体的にボヤッとしてますな^^; 
うーん、シャアが写ってるのでハズレではないと思いますが、個人的にはキャラよりもMSのシーンの方が嬉しかったなぁ・・・(苦笑)
gandamusenhasamita (10)
なおフィルムあるあるとして、左右を示す物が無いと裏表の向きが分からなくなるというのがありますね。横の青いラインが左側に来るのが正解の様です。
gandamusenhasamita (11)
劇場版「Gのレコンギスタ」 第1部&第2部の無料視聴シリアルコード
何故、閃ハサに劇場版Gレコの無料視聴コードを・・・?と思いましたが、これを観て貰って来月公開の第3部「宇宙からの遺産」を観に行く人が少しでも増えれば、という狙いがあるんでしょうな。でも富野監督的にはどうなんだコレw
gandamusenhasamita (12)
裏面は閃ハサの劇場限定BDのチラシとなっていました。こういうの見せられるとやっぱり欲しくなってしまう・・・!!(笑)
gandamusenhasamita (13)
冊子
内容はガンプラやフィギュア、その他グッズ、ゲーム情報でした。ガンプラに封入されてたり、漫画に挟まってたりするタイプの冊子ですね。

フィルムはTwitterで他の人の結果についての投稿を見てみると色んなシーンが出ていて面白いですね~w それこそアタリからハズレ、クソみたいなネタフィルムまで様々ですw 週替わりという事で、来週はZガンダムに変わるのかしら?

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.