よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
真骨彫でも俺、参上!&答えは聞いてない
sinkottyoudenouso-dogan (1)
「俺!」
sinkottyoudenouso-dogan (2)
「あら こっちか。」
sinkottyoudenouso-dogan (3)
「俺!
sinkottyoudenouso-dogan (4)
参上!!」

sinkottyoudenouso-dogan (5)
平成1期のライダーが次々と真骨彫化されて行く中、電王も遂に真骨彫化と言う名のリメイクです。丁度 自分も旧アーツの電王 ソードフォームを入手しようと思っていたところだったので、真骨彫化は非常にタイミング良く嬉しかったですね~(というか入手する前で良かった・・・w) 相変わらず一般販売の真骨彫は予約は瞬殺で、自分も予約は出来なかったものの、発売日に何とかゲットする事が出来ましたー。
並んで無事 買えた時の話はコチラ
sinkottyoudenouso-dogan (6)
頭部。電仮面の割れた桃を模した複眼(ペルシアスキャンアイ)はクリアパーツ製。中央のディティールも精密で彩色も良好。
sinkottyoudenouso-dogan (7)
デンオウベルト。ターミナルバックルもクリアパーツで再現されており、ソードフォームなので赤色。右横のフォームスイッチの造型もリアルで、本当に押せそうですね~。こちらも隅から隅まで細かく彩色されており素晴らしい仕上がり。
sinkottyoudenouso-dogan (8)
腰横のホルダーには分離状態のデンガッシャーをマウント。
sinkottyoudenouso-dogan (9)
デンガッシャーの各パーツは個別に取り外し可能。確か旧アーツではホルダーと一体で丸ごと差し替えだったと思うので、進化してますねー。このパーツ自体には何かギミックだったりはありませんが、まぁ合体時の再現ぐらいは出来るかな。
sinkottyoudenouso-dogan (10)
背中はアックスモードの胸部アーマーそのまま。パッと見だとどっちが正面だか混乱するのは電王あるある。
sinkottyoudenouso-dogan (11)
太腿はかなりマッシブな造型に。ムッチムチですw 
太腿表面のパーツがフォームごとに差し替えとなるんですが、このパーツがとにかくポロリが多い!!ブンドドさせればもうポロンポロン取れます。酷い時はちょっと触れただけでも外れたり・・・とにかくストレス。フォームチェンジをさせない、またはフォームごとに買うという人は接着しちゃっても良いかも・・・。
sinkottyoudenouso-dogan (12)
sinkottyoudenouso-dogan (13)
ライダーパスは閉じた状態(左)と開いた状態(右)の2種が付属します(写真だと違いが分かり辛いですが・・・^^;) チケット収納部にはクリアパーツも使用されており再現度も高いです(流石にチケットまでは付属してませんが。)
また持ち手も左右2種ずつ付属するので2パターンの持たせ方が可能。
sinkottyoudenouso-dogan (14)
デンガッシャー ソードモードが付属。一体成型の為、先端の刃(オーラソード)は外れません。
sinkottyoudenouso-dogan (15)
ポーズ用の専用手が用意されてるおかげでキメポーズもビッシリとキマります。
sinkottyoudenouso-dogan (16)
2つの声重なる時 誰よりも強くなれる
sinkottyoudenouso-dogan (17)
動き出そうぜDouble-Action 
sinkottyoudenouso-dogan (18)
「今と」「未来」 1つになる瞬間

sinkottyoudenouso-dogan (19)
電王の場合はキックと言うより蹴り。
sinkottyoudenouso-dogan (20)
「いーじゃん、いーじゃん、スゲーじゃんっと~・・・。」
平ジェネ FOREVERで逃げ惑う民衆を掻き分けて進む電王がめっちゃカッコ良くて・・・!!
sinkottyoudenouso-dogan (21)
フルチャージ。
sinkottyoudenouso-dogan (22)
捨てるのは基本。
sinkottyoudenouso-dogan (23)
エクストリームスラッシュこと、俺の必殺技 パート2
・・・は、オーラソードが外れない為に再現不可。旧アーツみたいにエフェクト付けろなんて言わないから、せめて外れる様にはして欲しかった・・・。
sinkottyoudenouso-dogan (24)
そんな訳で、パート1の方を。決まったぜ☆

長くなってしまったので、ガンフォームは追記の方で。
 
ガンフォームへの換装。
sinkottyoudenouso-dogan (25)
ガンフォーム用のパーツは頭部、胸部、ターミナルバックル、太腿表面。各フォームで異なっているのはこの部分という事になりますね。
sinkottyoudenouso-dogan (26)
共通となる素体はこんな感じ。
sinkottyoudenouso-dogan (27)
各パーツを取り付けてガンフォームに。
所謂”コンパチ仕様”な訳ですが、ソードフォームだけで良かったという人も各フォーム別個で買うつもりだった人も喜ばない、微妙な仕様に・・・(汗 販売側からしたら「どうせだから全フォーム揃えるかぁ」ってなって欲しいんだろうけど・・・。
sinkottyoudenouso-dogan (28)
頭部。電仮面の龍の頭を模した複眼(ヴィクトリースキャンアイ)は同じくクリアパーツ製。シャープな造型で髭の部分は特に細いので破損注意ですね。
sinkottyoudenouso-dogan (29)
珠を持った龍の腕を模した、展開した胸部アーマーが特徴的です。この”珠”の部分はドラゴンジェムという名称だそうで、ホログラム加工されており綺麗。
また肩アーマーはソードフォームと共通となりますが、チラリと見える赤色がアクセントになっていて個人的に好きな箇所だったり。
sinkottyoudenouso-dogan (30)
デンガッシャー ガンモードが付属。
sinkottyoudenouso-dogan (31)
「お前 倒すけど良いよね?」
「答えは聞かないけどっ!」

sinkottyoudenouso-dogan (32)
高岩氏泣かせなダンスポーズ。フィギュアはフィギュアで再現し辛いのが難点。でもガンフォームって踊ってる印象 強いしなぁ・・・。
sinkottyoudenouso-dogan (33)
デジカメで撮ると紫色はどうしても青みが強く写っちゃうんですが、実物はスーツの紫をしっかり再現した色合いになってますよ。
sinkottyoudenouso-dogan (34)
リュウタロスが周囲を気にせず好き勝手に乱射しまくる所為で(しかも威力も高い)、良太郎が自分の意志でガンフォームに変身する事って全く無かった様な。リュウタロスの憑依力が強く他のイマジンが介入 出来ないという設定もありますし、今思えば”暴走フォーム”の面が強かった気も。
sinkottyoudenouso-dogan (35)
フルチャージ。
sinkottyoudenouso-dogan (36)
捨てるのは(ry
sinkottyoudenouso-dogan (37)
ワイルドショット。
今回 記事を書くのに調べて初めて必殺技名を知った。ワイドショットみたいな名称やな。
sinkottyoudenouso-dogan (38)
スーツそっくりのプロポーション、精密な造型、精巧な彩色・・・と流石は真骨彫と言った出来ですね。電王の可動フィギュアの決定版と言える仕上がりになってるかと。ただ太腿表面パーツがポロリしやすいのとデンガッシャー ソードモードのオーラソードが外れないのは残念でした。前者はいずれ出るであろうロッド/アックスモードで改善されてれば良いのですが・・・。後者は再現度を重視する真骨彫では珍しい仕様で逆に驚き。何を思ってこれで良しとしたのだろうか・・・(汗 あとはガンフォームとのコンパチ仕様なのも人によっては気になりそうですね。かく言う私もそうでして、こりゃロッドとアックスも揃えなきゃなー(使命感)と、まんまと財団Bの思惑に乗せられております(苦笑) なのでプレバンのプラットフォームも注文済みですw 先日に予約開始となったモモタロスの方はスルーしました。まぁ案の定 瞬殺だったらしいので、どっちみち予約 出来なかった気もしますが・・・^^;



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.