よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
飛び上がライズ!ライジングホッパー!
figyua-tuzerowanraihopakounyu (1)
「ゼロワン!」
「それが俺の名だ!」

figyua-tuzerowanraihopakounyu (2)
《飛び上がライズ!ライジングホッパー!》
《A jump to the sky turns to a riderkick.》

先日 発売されたS.H.Figuartsの仮面ライダーゼロワン ライジングホッパーを開封&軽く撮影~。運良くヨドバシで予約 出来たので、発売日の争奪戦に参加する事も無く、ポイントもゲット出来てウハウハですw
figyua-tuzerowanraihopakounyu (3)
頭部。複眼(ホッパーアイ)はクリアパーツで内部モールドも細かく再現されてます。ホッパーアンテナもシャープな造型(破損が怖い・・・。)
figyua-tuzerowanraihopakounyu (4)
飛電ゼロワンドライバーは一部の赤色塗装が省かれてるのが惜しいですが、オーソライザーやビームエクイッパー部分にクリアパーツが使用されていたりと精巧な出来。ビームエクイッパーからは装填されているプログライズキーのSPシンボルが見える様になってるのも細かいですね~。
figyua-tuzerowanraihopakounyu (5)
ライジングホッパープログライズキーはドライバーから外す事も可能。ただ表面のプリント等は再現されておらず、開閉ギミックも無いのでホントに外せるだけ、って感じです(持ち手も付属してませんし・・・。) 個人的には持たせる用を別でオプションとして付属させて欲しかったなぁ。
figyua-tuzerowanraihopakounyu (6)
プログライズホルダーはちゃんとプログライズキーをセット出来る構造に。付属しているライジングホッパープログライズキーは前述した様にキーコネクタを畳めないのでホルダーには入れられませんが、今後 閉まった状態のプログライズキーが付属したら入れる事は可能だと思われ。
figyua-tuzerowanraihopakounyu (7)
お馴染みのポーズ。
figyua-tuzerowanraihopakounyu (8)
Find and you can take your wings off ascend go!
figyua-tuzerowanraihopakounyu (9)
Find a new life, say goodbye! on the way! you can start it!
That’s your way! Take your mirai past the blowjets!
figyua-tuzerowanraihopakounyu (10)
Look for something you have never seen before

figyua-tuzerowanraihopakounyu (11)
RKFの時も撮りましたが、第1話でベローサマギアの攻撃を空中で体を捩りながら避けるのがカッコイイ。
figyua-tuzerowanraihopakounyu (12)
「お前を止められるのはただ一人、
figyua-tuzerowanraihopakounyu (13)
俺だ!!」

親指を立てた状態の手も欲しかった・・・。わざわざ指差しポーズの右手を用意してるぐらいなんだから、そっちも一緒に付けてくれよ~(汗
figyua-tuzerowanraihopakounyu (14)




グインパクト


ふと思ったんですがこの必殺技、第1話の1回きりしか使ってない様な・・・(自分が忘れてるだけ?他でも披露してましたっけ?)
figyua-tuzerowanraihopakounyu (15)
ブラックライトで照らすとボディの蛍光色部分がしっかりと発光してくれます!これがめっちゃカッコイイ!!あとは複眼も光ってくれれば完璧なのですが^^; ブラックライト用に、複眼も蛍光レッドになってるバージョンの頭部とか欲しいですね。
figyua-tuzerowanraihopakounyu (16)
RKFのゼロワン ライジングホッパーと並べて。
こうして比較するとハッキリと分かりますが、やっぱりRKFは蛍光イエローの色合いが薄い!また今回のアーツ ライジングホッパーは3000円ですので、RKFが2500円と考えると断然 お得ですね(入手難易度は別として。) まぁそれは今の目で見たらの話であって、RKFは最速で発売された可動フィギュアというのが大きいかな、と。
figyua-tuzerowanraihopakounyu (17)
最後は「はいっ!アルトじゃ~ないとっ!」で〆
figyua-tuzerowanraihopakounyu (18)
ビルドの時と同様、武器やオプション類は付属せずシンプルな内容の代わりに特別価格で発売というスタイル。今回はアタッシュカリバーはバルカン シューティングウルフに付属するそうで、そちらは元々 購入予定だったので良し。ただこのスタイルでの販売方法を嫌ってる人も一定数いるでしょうし、自分もアタッシュカリバーぐらい付けてよー、とは思います。そして付属品は手パーツのみな訳ですが、親指を立てた状態の手が無いのでキメポーズを再現 出来ないのが残念・・・せめてそこはこだわって欲しかった。まぁ気になる箇所もあるものの、基本的にはクオリティも高く可動範囲もそれなりに広いのでポージングさせるのは楽しいです。この点はRKFや装動に勝っていますし(というか、そうでないと困るw)、流石 フィギュアーツと言ったところ。
ゼロワンアーツはバルカンと滅は予約済みで、バルキリーと迅はスルーです・・・5ライダー全員を集めるつもりは無いので。あとはゼロワンの強化フォームが順当にラインナップして行くと思われるので、そちらも買うかなー。ハイブリッドライズはアーツ化は厳しいんじゃないかなぁ、自分も別に欲しいフォーム無いし・・・^^;



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.