よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
探偵とUSB、医者とゲーム、消防車にライオン、パネルとスマホのバイク
hurubotorukatta3 (1)
11月分 前半。
商品展開が徐々に本気出してきた・・・。

hurubotorukatta3 (7)
DX仮面ライダーWフルボトルセットとDX仮面ライダーエグゼイドフルボトルセット
価格:各900円+税
Wがこんなにデカデカと映ったパッケージの玩具が再び店頭に並ぶ日が来るとは・・・。エグゼイドの方はリアタイで買ってた人からすると久々の新商品だな~、って感覚でしょうがw
hurubotorukatta3 (8)
パケ裏。
hurubotorukatta3 (16)
探偵フルボトル USBメモリフルボトル

ダブル!
デーレレレーデーレーレー
デンデッデン!

hurubotorukatta3 (17)
探偵のクリアモールドはクエスチョンマークとエクスクラメーションマーク、そして虫眼鏡があります。上手い具合に「探偵」を表現していますね。
hurubotorukatta3 (18)
忍者フルボトルと比較。
紫の色合いは忍者の方が青が強いです。
hurubotorukatta3 (19)
後部の認識ピン部分の比較。探偵は色が薄いですね。
hurubotorukatta3 (20)
ただシールディングキャップの色は探偵の方が青が強かったり。
hurubotorukatta3 (21)
USBメモリのクリアモールドはそのまんまUSBメモリの端子部分。端子の先からは電気回路の様なモールドも伸びています。
hurubotorukatta3 (22)
初の緑色のフルボトルですが、トランジェルソリッドのパーツのエメラルドグリーンがとても綺麗で、お気に入りです♪
hurubotorukatta3 (46)
           \サイクロン!/ \ジョーカー!/
ガイアメモリと並べたかったんですが、諸事情で今 手元に無いんですよ・・・(汗
hurubotorukatta3 (45)
W CJと一緒に。
フルボトルの色が反対になってるのが惜しい。でも探偵が緑、USBが紫は似合わなそうなんだよなぁ~。
hurubotorukatta3 (23)
ドクターフルボトル ゲームフルボトル

エグゼイド!
マイティジャンプ! マイティキック!
マイティマイティアクション! エーックス!

hurubotorukatta3 (24)
ドクターのクリアモールドは聴診器です。初見の人がこのデザインで、「医者だな」と分かるかどうかは微妙な気もしますが・・・。
hurubotorukatta3 (25)
ハリネズミフルボトルパンダフルボトルと比較。
3本目となる白いボトル。白の色合いはパンダとハリネズミの丁度 中間といった感じですね。
hurubotorukatta3 (26)
後部の認識ピン部分のクリアパーツは完全な無色のクリアに。
シールディングキャップの色はアイボリーっぽい白ですね。
hurubotorukatta3 (27)
ゲームのクリアモールドはゲームボーイ?の本体。画面にはテトリスのブロックらしき物体も。
hurubotorukatta3 (28)
とにかく四角い!!
ボトルなのに驚きの角ばりようです。USBメモリボトルも充分 角ばってましたが、こちらは完全に四角いです。今後、これよりも四角いボトルは登場するでしょうか・・・!?

hurubotorukatta3 (2)
DXパンドラパネル
価格:1980円+税
パッケージがデカい。あとチャッカリ?ナイトローグとブラッドスタークも写ってる。
hurubotorukatta3 (3)
本商品に組立機能は無いため、
箱形状には組み立てられません。

そもそもパンドラパネル自体、作中では2枚しかないって設定なんだから、箱状にしようとも思わないんだけど・・・。まぁクレーム対策で明記してるんでしょうね。
hurubotorukatta3 (4)
パケ裏。
ベストマッチフォームが並んでるの良いですね~。
hurubotorukatta3 (5)
パッケージはサイズこそ大きいものの、パネルなので薄いです。
上面にはファイヤーヘッジホッグフォームが。
hurubotorukatta3 (6)
開封した状態。
ピザの箱みたい・・・w

まずフルボトルの方から紹介。
hurubotorukatta3 (29)
消防車フルボトル
タンク、ロケットに続いての乗り物。しかしこの消防車もそうですが、一般人が乗れる乗り物じゃないんだよなぁ・・・(苦笑) まぁ今度、”電車”が登場しますが。
hurubotorukatta3 (30)
クリアモールドは消防車(はしご車)を正面から見た図。周りには炎があり、放水もしてますね。
hurubotorukatta3 (32)
ラビットフルボトルと比較。
消防車はもう真っ赤です。
hurubotorukatta3 (33)
後部の認識ピン部分の比較。消防車はとにかく色が濃い!真っ赤!
hurubotorukatta3 (34)
シールディングキャップの色は・・・消防車の方が若干 濃いですが、キャップだけだとイマイチ見分け付かないかも。

そういえばラビットと消防車はそれぞれ両サイドのボトルなので、ラビット消防車だと真っ赤なフォームになる訳ですか^^;
hurubotorukatta3 (35)
正面から見た構図というのはタンクフルボトルとも似てますね。
hurubotorukatta3 (31)
ハリネズミフルボトルとベストマッチ!

レスキュー剣山!》
ファイヤーヘッジホッグ!》
イェイッ!


”剣山”って、”見参”とかけてるんでしょうかね?
hurubotorukatta3 (122)
続いてパンドラパネルの方を。
作中で登場する物 同様に石版っぽい色合いですが、プラ製なのでテカりがやや気になります。サイズはこれまでのアイテムの中で一番大きいです。
hurubotorukatta3 (123)
裏面。
肉抜きされてますが、パッと見では表裏の判別が分かり辛い^^;
hurubotorukatta3 (125)
hurubotorukatta3 (124)
パネルなので、この通り薄いです。
でも裏面が肉抜きされてるので、パネルというよりはボードという印象・・・。
hurubotorukatta3 (128)
中央のモールド。電子機器の基盤みたいで細かいです。
hurubotorukatta3 (129)
作中では挿入した2本のボトルがベストマッチだった場合に発光してましたが、玩具の方は発光ギミックはありません。
hurubotorukatta3 (126)
上部には持ち手?らしき穴が。
設定上では持つ為の穴なのかは分かりませんが・・・。
hurubotorukatta3 (127)
握ってみました。成人男性の手もギリ収まります。
hurubotorukatta3 (130)
裏面は全面に肉抜きされてるものの、表面と同様にモールドが入ってるので安っぽい感じはありません。
寧ろLEDとか色々仕込めそうで、ワクワクさえしますねw
hurubotorukatta3 (131)
フルボトルを挿すスロット部分。片側に5箇所、計10箇所あるので、最大で10本までボトルを挿入可能です。
ボトルホルダーの様にスロット部分にはロック機構は無く、ただレール状になってるだけです。
hurubotorukatta3 (132)
スロットの横(外側)にロックパーツがあります。
写真はロック状態で、
hurubotorukatta3 (133)
上側にスライドさせるとロック解除です。
hurubotorukatta3 (134)
hurubotorukatta3 (135)
フルボトルを挿入してみます。
・・・と言っても単に差し込むだけですけどw
hurubotorukatta3 (137)
hurubotorukatta3 (138)
ロックパーツをスライドさせる事でスロットの入り口にロックがかかり、外れなくなります。
hurubotorukatta3 (136)
なおロックをかけないとスカスカなので、スロットの入り口を下にするとすぐにスルッと抜けちゃうので注意。
hurubotorukatta3 (139)
ロックパーツは上側が3箇所、下側が2箇所でまとまってます。
hurubotorukatta3 (140)
ではフルボトルを10本、一気に取り付けてみましょ~~~!
hurubotorukatta3 (141)
ジャジャーーーン!
あぁ^~良いっすね^~。
hurubotorukatta3 (142)
hurubotorukatta3 (143)
ボトルが並んで取り付けられてる”だけ”なんですが・・・ボトル自体が複数あると映える事もあって、中々満足度 高いです。ムフフ。
hurubotorukatta3 (144)
こうして並んでるとテンションあがりますね!良いぞ コレ!
hurubotorukatta3 (145)
まとめて10本同時に振る事も出来ますよ(笑)
hurubotorukatta3 (146)
ロックをかけないとスルッと抜けちゃいますが、3本まとめて外すのも楽しかったり・・・w
hurubotorukatta3 (148)
残りのボトルも取り付け。
hurubotorukatta3 (149)
鮮やかで良いですね~♪
hurubotorukatta3 (150)
並んでるとテンションが(ry
hurubotorukatta3 (151)
hurubotorukatta3 (152)
色彩を揃えてみたりとか。
hurubotorukatta3 (154)
10話でナイトローグが戦兎からボトルを奪った際の並び。律儀にベストマッチで合わせてるの草。
まぁロケットは元々あちらさんの持ち物なので、厳密には返却となりますがw
hurubotorukatta3 (153)
「ボトルを全て回収させて貰う・・・。フフフフ・・・。」
いや~、10本挿し楽しいっすよ!こりゃナイトローグ氏が笑っちゃうのも仕方ない。
hurubotorukatta3 (155)
フルボトルホルダーと並べて。
右が2484円に対し、2138円。ただの板で2000円はやはり高いですが、ホルダーよりデカいし10本もボトルを挿せるしで、個人的には買って良かったと思います。

hurubotorukatta3 (9)
DXビルドフォン
価格:3800円+税
とうとう仮面ライダーにもスマートフォンのアイテムが登場しました。これも時代ですかねー。
・・・って、これよりも前からあったりする?^^:
hurubotorukatta3 (10)
電話型の玩具という事で、ビルドフォン状態の際は音量が小さめの仕様となっています。
hurubotorukatta3 (13)
パケ裏。
hurubotorukatta3 (11)
パッケージは右側面にマシンビルダーに乗ったラビットタンクフォーム、
hurubotorukatta3 (12)
左側面にライオンクリーナーフォームが。
hurubotorukatta3 (14)
開封した状態。
ギッシリと詰まってます。
hurubotorukatta3 (15)
ビルドで説明書がある玩具を買うのはこれが初となりますねー。

こちらもフルボトルの方から。
hurubotorukatta3 (36)
ライオンフルボトル
地味に第1話から登場してるボトル。マシンビルダーに乗る際に使用する事を考えると、出番は結構 多め?(あくまでボトルとしての出番ですが・・・。)
hurubotorukatta3 (37)
クリアモールドはライオンの頭部。たてがみがちょっと分かり辛い様な・・・。
hurubotorukatta3 (38)
コミックフルボトルと比較。
ライオンは黄色というより金色ですねー。
hurubotorukatta3 (157)
という訳で、ガトリング、ゴリラと並べて金、銀、銅の図。
hurubotorukatta3 (156)
ガトリングは銀ではなくガンメタですが・・・こうして並べると中々良い感じ~。
hurubotorukatta3 (39)
掃除機フルボトルとベストマッチ!

たてがみサイクロン!》
ライオーンクリーナー!》
イェアァ・・・!

hurubotorukatta3 (47)
続いてビルドフォンの方を。
正面から見るとスマートフォンですが、
hurubotorukatta3 (48)
後ろ側はゴッテゴテになっております(汗
hurubotorukatta3 (50)
hurubotorukatta3 (49)
横から。
この分厚さよ!
ポケット入りませんよ・・・^^;
hurubotorukatta3 (51)
ディスプレイ画面。
hurubotorukatta3 (54)
hurubotorukatta3 (53)
気になるアプリのマークが色々と。
画面の表示はシールで、後述する右上のボタン以外は一切 機能はありません。
hurubotorukatta3 (52)
バッテリー200%は草。メーター突き抜けてるし・・・。
時計は番組放送開始時刻の9時に。
hurubotorukatta3 (55)
右上に配置されてる通話マークの部分がボタンになっています。
hurubotorukatta3 (56)
押すと音声が鳴ります。
前述した様に、ビルドフォン状態だと音量は小さめでちょっと寂しいです・・・。
hurubotorukatta3 (57)
音声は

1:着信音
2:「オレは桐生戦兎、仮面ライダービルド。」
3:「やっぱオレの発明品は最高だなぁ。」
4:「勝利の法則は決まった。さあ、行こうか。」
5:《you got a mail.》

が順にループで再生されます。
hurubotorukatta3 (58)
手で持つとこんな感じ。パッと見は普通のスマホを持つのと変わらない感じですが、
hurubotorukatta3 (59)
hurubotorukatta3 (60)
厚みが凄いっす^^;
hurubotorukatta3 (120)
自分はスマホ持ってないので、カーチャンから借りてきたiPhone 5sと比較。
高さはビルドフォンの方が小さいですが、画面の大きさはほぼ一緒ですねー。
hurubotorukatta3 (121)
幅の方はピッタリでした。
hurubotorukatta3 (63)
ではマシンビルダーに変形させてみましょー!
hurubotorukatta3 (64)
hurubotorukatta3 (65)
本体後部、右側面にあるフルボトルスロットにライオンフルボトルを挿入します。
hurubotorukatta3 (66)
スロットの奥までボトルを挿し込むと、押し出されてタイヤ(後輪)が展開します。
スロットに認識スイッチ等は無いので、ボトルを挿し込むと音声が鳴る、といったギミックが無いのが残念・・・。
hurubotorukatta3 (67)
hurubotorukatta3 (68)
スマートフォン本体を折り畳みます。ガラケーかよw
hurubotorukatta3 (69)
hurubotorukatta3 (70)
畳まれていたフルボトルスロット部分を展開します。
この際、ビルドチェンジ!の音声と、変形音が鳴ります。バイク状態としての扱いなので、音量は大きいです(なのでビクッてなります^^;) ただこの音声は、スロットにボトルを挿した時に鳴る仕様が良かったなぁ。劇中でもボトルを挿すと《ビルドチェンジ!》の音声と共に変形、巨大化してたので。
hurubotorukatta3 (71)
hurubotorukatta3 (72)
本体側にあるボタンに突起が挿し込まれる事で音声がなる仕組みです。またこの突起が挿されているかどうかでビルドフォンなのかマシンビルダーなのかを認識しており、音声が変わります。
hurubotorukatta3 (73)
hurubotorukatta3 (74)
畳まれていたタイヤ(前輪)を展開します。
hurubotorukatta3 (75)
hurubotorukatta3 (76)
ハンドルバーを90°回転させれば完成です。
hurubotorukatta3 (77)
トラン○フォーマーばりの複雑変形をするのかと思いきや、意外とシンプルな変形でした。
hurubotorukatta3 (78)
変形ギミックを備えている事を踏まえると、形状はそれなりに整ってる様に思います。
hurubotorukatta3 (79)
反対側はネジ穴モリモリで、塗装も省略済み。
hurubotorukatta3 (80)
前から。
hurubotorukatta3 (81)
スマホを畳んでいる分、向かって右側が分厚くなっています。
hurubotorukatta3 (118)
hurubotorukatta3 (119)
エンジンの底部、接地面は丁度 平らになっているので、マシンビルダーを安定して立たせる事が出来ます。
hurubotorukatta3 (82)
シート部分はシボ加工が施されてます。
hurubotorukatta3 (83)
ハンドルは軟質パーツです。
カウル部分にある歯車状のパーツは固定です。劇中ではまさかの武器として使用していました^^;
hurubotorukatta3 (84)
hurubotorukatta3 (85)
タイヤ。
設定では「ハイバランサータイヤ」という名称で、全方位エア噴射システムを搭載しており、急斜面等も走行可能なんだとか。第1話でも早速スカイウォールの壁面を走ってましたね。
hurubotorukatta3 (86)
前輪はグルグル回転 出来ますが、
hurubotorukatta3 (87)
後輪は基部との隙間がタイトで、イマイチ回りません。回せます、ぐらいの感じですね・・・。
hurubotorukatta3 (88)
エンジン部分にボタンがあります。
hurubotorukatta3 (91)
こちらも押すと音声が鳴ります。奥まで押し込む必要があるので、ちょっとやり辛い。
マシンビルダーの状態では、音声は大きくなります。
hurubotorukatta3 (89)
ボタンを押すとそのままピンが押し出され、
hurubotorukatta3 (90)
内側の通話マーク部分のボタンを押す仕組みに。
hurubotorukatta3 (93)
音声は

1:「オレは桐生戦兎、仮面ライダービルド。」
2:バイク走行音
3:「やっぱオレの発明品は最高だなぁ。」
4:バイク走行音
5:「勝利の法則は決まった。さあ、行こうか。」
6:バイク走行音
7:「これでフィニッシュだ!」
8:バイク必殺技音

が順にループで再生されます。ビルドフォンの時と同じものもありますが、8種類もあるのは豪華ですね。
hurubotorukatta3 (92)
エンジン部分の反対側に電池BOXがあります。電池はボタン電池(LR44)を2個使用。テスト用に初めからセットされた状態となってます。
横にはリセットボタンがあります(青丸で囲った部分。)
hurubotorukatta3 (95)
hurubotorukatta3 (94)
リアボトルチャージャー。玩具ではまんまライオンフルボトルですw
hurubotorukatta3 (98)
ボトルを抜く際は、フルボトルスロットの横(反対側)にあるボタンを押します。
hurubotorukatta3 (96)
hurubotorukatta3 (97)
ボタンを押すとロックが外れるので、その状態でボトルを抜きます。
hurubotorukatta3 (99)
hurubotorukatta3 (100)
リアボトルチャージャー(ライオンフルボトル)無しだとこんな感じに。う~む、物足りないッ!
hurubotorukatta3 (101)
hurubotorukatta3 (102)
hurubotorukatta3 (103)
hurubotorukatta3 (104)
お好みで他のボトルを挿しても良いかとー。
というか何でライオンフルボトルを使うのか、説明が無いので謎なんですよねぇ。ライオンじゃなきゃ起動、走行は出来ない様ですが・・・?
hurubotorukatta3 (105)
タカフルボトルを使うと点火状態みたいな・・・w
hurubotorukatta3 (106)
ガトリングフルボトルは色合いがベストマッチですね これ!全く違和感 無いです。
hurubotorukatta3 (109)
BCRシリーズに対応してるんですが、持ってないので創動を乗せてみる。
hurubotorukatta3 (110)
う~む、これは・・・「親父のバイクにまたがせて貰ってる小学生の息子」の図ですな・・・(苦笑)
hurubotorukatta3 (111)
まぁ創動のマシンビルダーは来月発売の4弾でラインナップしてますので、そちらを待ちましょうかね。
hurubotorukatta3 (112)
フィギュアツのラビットタンクもどきW HTを乗せて。
hurubotorukatta3 (113)
hurubotorukatta3 (114)
色々と無理があるんだけど、妙にそれっぽく見えて笑うんだがw
hurubotorukatta3 (116)
「赤のライダー・・・?」
hurubotorukatta3 (115)
「青の・・・ライダー・・・!?」
hurubotorukatta3 (117)
「どっちもだ。」
・・・はい。

再びビルドフォンへ戻す場合は、手順を逆にやるだけです。
hurubotorukatta3 (107)
フルボトルスロット部分を折り畳む(突起がボタンから離れる)際に、変形音声が鳴ります。この時はスマホとしての扱いなので、音量は小さいです。
hurubotorukatta3 (108)
ビルドフォン状態だとフルボトルスロットのロック解除ボタンは本体とスロット部分との間にあるので、ボトルを取り出すのがちと面倒だったり。マシンビルダーから戻す段階で外す前提なのかな。

音声や変形ギミックは動画を参照して下さい↓
ビルドフォン時の音声、動画だとめっちゃ小せぇな・・・(汗 イヤホンじゃないと聴こえない気が・・・^^;
hurubotorukatta3 (61)
hurubotorukatta3 (62)
ハンドガンに変形する携帯電話(ガラケー)と、バイクに変形するスマートフォン。
二輪免許 持ってないので、使うなら前者かな~。

hurubotorukatta3 (41)
hurubotorukatta3 (42)
hurubotorukatta3 (43)
hurubotorukatta3 (44)
最後は後ろから照らして。
USBのグリーンがホント綺麗。
hurubotorukatta3 (158)
てな訳で、探偵とUSBメモリとドクターとゲームと消防車とライオンが加わりましたー。そしてパンドラパネルにビルドフォン(マシンビルダー)もね。
W、エグゼイドのフルボトルは毎年恒例のレジェンドライダーアイテムですが、「Wフルボトル」ではなく「探偵フルボトルとUSBメモリフルボトルの組み合わせ」と、変身システムのフォーマットに則っているのが良いですね。まぁライダー自体のボトルはまた別であるらしいですが・・・^^; 
パンドラパネルは消防車フルボトルが付属するとはいえただの板に2000円かよ、と思っていたら中々どうして、結構 楽しめて良い意味で裏切られました。ボトルを多く持ってる程 楽しめそうですね。ぶっちゃけ、もう1枚買おうかとも思いましたが(チョロい)、消防車フルボトルがダブるのでやめときます。でもこういったボトルを収納、ディスプレイするアイテムは重宝しそう。折角ボトルがクリアパーツなんだから、LEDで照らせるアイテムも欲しいですね~。
ビルドフォンはボトルを挿した時に音声が鳴らない(認識機能が無い)点だけ残念ですが、物としては充分 満足です。こういう如何にもな玩具は弄ってて楽しいw ビルドフォン状態とマシンビルダー状態で共通のものもありますが、収録音声が豊富なのも良いですね。バイクなのに8種類も音声があるって結構 凄い事ですよ。

今回だけでも濃い内容となりましたが、11月分 後半が控えておりますよ(白目) ただ紹介は12月入ってからになりそうですが・・・。




コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.