よほほんの趣味日記
                                                                    よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
強いぞ!バットオルフェノク
battoorufenoku (6)
「仮面ライダー555」の43~45話に登場したバットオルフェノク。あまり話題にならないですけどモブ敵とは思えない程 強いですよね、コイツ。
battoorufenoku (1)
コウモリの特質を備えたオルフェノク。と言っても、特にコウモリらしい能力は持ってませんでしたが・・・w 武器はオルフェノクでは珍しい飛び道具(リボルバー2丁流) 頭部の形状といい、西部劇に登場するガンマンのシルエットですなー。
リボルバーは鉄鋼弾を0.4秒で4発の連射が可能らしいです(やたらと威力ありましたもんね・・・自身が吹っ飛ぶくらいに^^;) 両肩にある鎌はブーメランとしての機能がある設定らしいですが、劇中未使用。
battoorufenoku (2)
この手の銃使いは格闘戦が弱いというお約束がありますが、コイツに関しては自分からリボルバーを捨て挑発するぐらいです。
な・・・舐めプですわ!!
ファイズ&ホースオルフェノク&クレインオルフェノクとの3対1でも終始 圧倒し(クレインオルフェノク、長田さんには致命傷を負わせます)、スネークオルフェノクとデルタはフルボッコするぐらい格闘戦にも長けていました。
battoorufenoku (3)
その強さにはたっくんもブラスターフォームを使うぐらいです。なおブラスターはTV本編では初登場回、この回、最終回に2回の4回しか変身してません。・・・どれだけ凄いかがお分かりでしょうか。
またブラスターフォームは全身がフォトンブラッドに覆われ表面エネルギーはファイズエッジ(ミディアムモード)並の出力があり、通常のオルフェノクは触れただけで灰化するという設定ですので、数発殴られても耐えていたバットオルフェノクはかなりの耐久力を持っている様です(まぁブラスター初登場回のオクラオルフェノクも何発か耐えてたけど・・・w)
battoorufenoku (4)
さらに衝撃なのが、人間態は全然 普通のオッチャンという事。オルフェノク時とのギャップが何とも言えません・・・w 金髪のちょっとチャラい相方さんと車を修理していたところを、目覚めたばかりのオルフェノクの王(照夫少年)に襲われ、相方さんは石化してしまいます・・・。
そんな人間態を演じたのは大塚太心氏。
battoorufenoku (5)
最期はファイズ アクセルフォームのクリムゾンスマッシュ5連発を受け灰化。オーバーキル・・・ですが、これだけ強い相手なので妥当かも。


銃は威力高いし格闘戦も強いし3話も登場してるしで、モブとは思えない強さです。ラッキークローバーに入れるレベルでしょ、これ・・・^^; というか明らかに琢磨君や海老姐さんより強いよね。スマートブレインの社員なのに、何故ラッキークローバーに誘われなかったのか不思議で仕方ない(本人が拒否したか、社長が傍においておきたかったとか?) さらにファイズの全フォームと対決したオルフェノクでもあります。ちなみにバットオルフェノク以外だとファイズの全フォームと対決したのはドラゴンオルフェノクのみ!(その時のアクセルは木場が変身してたけど。) 

貴重なブラスターフォーム及びそのインパクトに人気の高いアクセルクリムゾンスマッシュの見せ場を作ったりと、敵としても充分な扱いでございます・・・!

強いぞ!バットオルフェノク!!


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ