よほほんの趣味日記
                                                                    よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
「心が叫びたがってるんだ。」を観た
kokosakemita (1)
学校帰りに友達とここさけこと、心が叫びたがってるんだ。を観て来ました~。

kokosakemita (2)
現在公開2週目ですが、来場者特典は1週目の方も一緒に貰えてビックリ!余ってたんですかねぇ?
kokosakemita (3)
kokosakemita (4)
ミュージカル「青春の向う脛」プログラム
本来は1週目の特典です。作中に登場したチラシ(?)と同じデザインの、作中のミュージカルの物語のプロット、歌詞、配役が載ったプログラムです。結構細かく載っている言わば設定資料集みたいな物なので、入場者特典にしてしまうのは惜しい気も。
kokosakemita (6)
揚羽高校2年2組ウェルカムポートレート
2週目特典。主人公達のクラス全員のキャストのメッセージプリントサイン入りのポートレートです。
kokosakemita (5)
シカちゃんの名前があってビックリしたよ。ただ作中でのセリフは無く、ミュージカルの歌のみの参加です。なのでどんなキャラを担当していたのかも分からず・・・(汗


追記にて感想を。思った事をちゃちゃっと書いただけだよ。

一言で言うならば卵の販売促進アニメでした。

観に行っておいてナンですが、実は大して期待してなかったんですよね(爆) あの花と同じスタッフが作ったとかで話題ですけど、自分あの花知りませんし。・・・んで、感想としては、結構良かったかな、という感じ(アバウトw) 

個人的にラブコメ要素はいらなかったかな、と。製作側がどう思ってるのかは分かりませんが、自分は恋愛云々はテーマには入っていないと思っているので。物語終盤の方は結構ラブコメ要素がストーリーにも絡んできて、話が動く感じだったので、あー、そういう感じなの?とは思っちゃいました。まぁ、これに関しては人によって意見が分かれそう。自分は坂上と仁藤の中学の時の関係ぐらいで充分だったかな。

街並みとか細かく描かれた作風?はかなり好み。そこ(秩父)の空気が伝わってくる様な・・・そんな感覚になれます。同じ高校生としても、学校の雰囲気とか凄いニヤニヤしてしまったw 

そしてテーマでもある「心から、本当に伝えたい事」 誰しも言いたいけど言わない、言えない事がある、というのにはグサリときましたね。

応援コメントより

「言葉は刃物」とボクも作中で書きましたが、
まさにその通りだと痛感させられ、
その反面、大切に使うと皆を幸せにすることもできると教えてくれる、
とてもいい作品です!

青山剛昌(漫画家「名探偵コナン」)



kokosakemita (7)
言葉は刃物・・・
使い方を誤ると質の悪い凶器に変化する・・・
相手の心を察して慎重に使わねばなりません・・・
たとえそれがどんな相手であろうとね・・・
    
54巻より

・・・とコナンでもある通り、「言葉」というのは使い方次第で相手を幸せにも不幸にもします。言わなきゃ伝わらない、というのもまた事実なのですが、自分の思った通りに相手にも伝わっているのか、ニュアンスの違いというか、違う意味でとらえられたりする事もありますね。そういった「言葉」というテーマに対して、しっかりと描いていたのはとても良かった。そしてそうしたうまく伝えられない事を、歌にする=ミュージカルをする、というのもなるほどと思った。気持ちを伝えるだけなら、他にも手段はあるんですよね。「言葉」が持つ意味とか力とか、結構考えさせられました。

ちらほらと何でそうなる?みたいな描写不足気味なところも。まぁ、無理矢理な流れではなかったですが。仮にこの作品を1クールぐらいでアニメにするとしたら、描写は豊富になるでしょうが、中盤で絶対に展開がダレてくるでしょうね~。決まった尺の中でテンポ良くストーリーが進むのは劇場アニメの良さだと思います。途中で飽きてくるという事もありませんでした。

あと、あのラブホが終盤に重要な場所として描かれてて笑ったw

それと成瀬パパが冒頭しか出番無いのに中々のクズで印象が強い(苦笑) 一番の原因は玉子じゃなくてコイツじゃ・・・。


総評としては、テーマに向き合いたい、何か考えてみたい、ほろ苦い気分(青春群像劇)を味わいたい、といった人には良いかな~、という感じ。観終わった後に少し考えたくなる、何か引っかかる様な”この感じ”、自分は好きですよ。最初に書いた通り、ラブコメ要素だけはそれ主体でやってるんじゃないんだから、もうちょい抑えて欲しかったな。
あと友達は感動系かと思ってたから肩透かしくらった、と言ってました。確かに感動系(泣ける)とはちょっと違うかなぁ。

コメント
コメント
自分も2回見てサントラ買いました。
サントラ売れているみたいで届くまで時間がかかりました…

1回目の感想
両親に叫ぶんやないんか~い!
パパと和解とか決別してトラウマ乗り越えると思ったら…
あと恋愛要素が唐突な感じ……でも思ったより面白かった。

2回目の感想(コミック版も読んでから)
玉子の 、を取ると王子になるのか…
順がおしゃべりで失敗 奈月が言いたいことを言わず失敗 拓実が本音を隠して失敗 大樹が思ったことを言って失敗と4人それぞれ失敗しているけど男子と女子2人対照的そしてそれがそのまんまミュージカルの役どころに(少女の闇と光、玉子と王子)
そして演じることでリアルとリンクしてそれぞれの殻を破るという構図に感心してしまいました!
あの花は、溜めて最後で泣かす感じですけど ここさけは、ところどころでホロリとさせる感じですかね?
自分でも2回目の方が面白く感じた事にビックリです(笑)
2015/09/30 (水) 06:50:45 | URL | タカヒロ #-[ 編集 ]
コメントありがとうございます!タカヒロさん
>自分も2回見てサントラ買いました。サントラ売れているみたいで届くまで時間がかかりました…
 サントラ買われたんですか!個人的にも音楽はかなり良かったです。挿入歌も沢山ありましたし。
>両親に叫ぶんやないんか~い!パパと和解とか決別してトラウマ乗り越えると思ったら…
 パパは後々に何らかのかたちで出て来ると思ってたので意外でした・・・。どこかでお姫様と仲良くやってるんですかね?マジでクズじゃないか・・・(苦笑)
>あと恋愛要素が唐突な感じ……でも思ったより面白かった。
 ラストの田崎が告白するわ、って言い出したのは唐突に感じましたね。一応、一緒に帰るシーンがフラグ?っぽくはなってましたけど、やはり描写不足で・・・。あと成瀬が坂上に想いを伝えた後に知ってたよ、っていうのも、お互いにケリを付けたとはいえ何とも言えないもやもやが・・・(汗 そういうのが好きな人には良いんでしょうけどね^^;
>玉子の 、を取ると王子になるのか…
 それは自分も思ってましたが、やっぱ関係してたんですね。
>順がおしゃべりで失敗 奈月が言いたいことを言わず失敗 拓実が本音を隠して失敗 大樹が思ったことを言って失敗と4人それぞれ失敗しているけど男子と女子2人対照的そしてそれがそのまんまミュージカルの役どころに(少女の闇と光、玉子と王子)そして演じることでリアルとリンクしてそれぞれの殻を破るという構図に感心してしまいました!
 4人ともそういった事情を抱えてる訳ですが、多分人間皆何かしらそういうのってあると思うんですよね~。テーマに沿いつつもキャラの成長を描くのは見事だと思いました。
>あの花は、溜めて最後で泣かす感じですけど ここさけは、ところどころでホロリとさせる感じですかね?自分でも2回目の方が面白く感じた事にビックリです(笑)
 確かに何回かは結構心に響いてくる様なシーンもありました。内容を把握した上でまた観てみると違う感じ方が出来ると思うので、もう1回観て来ようかなぁ。
2015/09/30 (水) 16:07:16 | URL | よほほん #-[ 編集 ]
サントラ2枚組で2枚目にミュージカルの曲がまとまって入ってます。映画では飛び飛びの歌もきちんと入ってますけど1曲あたりの時間が短いです…歌ナシのインストも全曲入ってますのでこのミュージカルをするなら使えます(笑)

自分も2回目見る前にコミック版を読んでから見たら恋愛要素の唐突さも緩和されましたしミュージカルの順の入場シーンも1回目よりホロリとキました。あとエンディングの乃木坂46も歌詞をよく聞いてみるときちんと本編の事を歌っていることがわかりました~(いまさら…)

ここさけの監督と脚本家の人が鉄血のオルフェンズにも参加しているのでそちらも期待大です!
2015/09/30 (水) 22:39:19 | URL | タカヒロ #-[ 編集 ]
コメントありがとうございます!タカヒロさん
>サントラ2枚組で2枚目にミュージカルの曲がまとまって入ってます。映画では飛び飛びの歌もきちんと入ってますけど1曲あたりの時間が短いです…歌ナシのインストも全曲入ってますのでこのミュージカルをするなら使えます(笑)
 中々充実した内容ですね。作中だとミュージカルはあくまでストーリーの一環だったので曲がワンフレーズぐらいだったのが惜しかった。
>自分も2回目見る前にコミック版を読んでから見たら恋愛要素の唐突さも緩和されましたしミュージカルの順の入場シーンも1回目よりホロリとキました。あとエンディングの乃木坂46も歌詞をよく聞いてみるときちんと本編の事を歌っていることがわかりました~(いまさら…)
 やはり2回目観に行くべきか!もう一度確認したいシーンとかありますねー。
>ここさけの監督と脚本家の人が鉄血のオルフェンズにも参加しているのでそちらも期待大です!
 マジすか!初めて知りました。ガンダムでミュージカルやっちゃう?(笑)
2015/10/01 (木) 00:13:53 | URL | よほほん #-[ 編集 ]
今日仕事休みで、まさかの3回目行ってきました~!

よほほんさんのコメントでも恋愛要素が唐突に同意してもらえたようなので そこら辺を踏まえて見たら大樹は教室で拓実と揉めた時、ファミレスで後輩と揉めた時、音楽準備室?で謝った時、そして坂上家に集まった時に拓実に奈月に彼氏いると言って動揺している拓実をジッと見てたり(この時拓実が順に好意を持っていないと確認?)そして帰りの踏切でワザワザ付いて行くところと結構段階踏んでました。

…まあまた見に行くことがあるようなら
1回目と違った面白さがあると思いますよ~。

3回目の順の入場シーン今までで一番目頭が熱くなりました。
そして座席に財布落として冷や汗かきました(笑)
映画館の人が回収してくれてましたので無事受け取りました…
2015/10/01 (木) 19:50:29 | URL | タカヒロ #-[ 編集 ]
コメントありがとうございます!タカヒロさん
>今日仕事休みで、まさかの3回目行ってきました~!
 何と!?3回目ですか!
>そこら辺を踏まえて見たら大樹は教室で拓実と揉めた時、ファミレスで後輩と揉めた時、音楽準備室?で謝った時、そして坂上家に集まった時に拓実に奈月に彼氏いると言って動揺している拓実をジッと見てたり(この時拓実が順に好意を持っていないと確認?)そして帰りの踏切でワザワザ付いて行くところと結構段階踏んでました。
 確かに言われるとそんな気もする様な・・・(単純) 次観る時に意識しておこっと。 
>…まあまた見に行くことがあるようなら1回目と違った面白さがあると思いますよ~。3回目の順の入場シーン今までで一番目頭が熱くなりました。
 2回目は違う視点で細かい所もチェック出来ますからね~。そういうのが映画の醍醐味かも。まぁ、それ以前にもう一度観てみようかな?って気にさせないといけないのですがw ここさけは引っ掛かるというか、そんな気にさせてくれた作品でした。
>そして座席に財布落として冷や汗かきました(笑)映画館の人が回収してくれてましたので無事受け取りました…
 映画館に忘れ物はあるあるですねw 自分は帽子をシートにかけたまま帰宅しちゃいましたw あと財布は少し前の話ですがセガでクレゲやった時に、台に置きっぱにしたままやはり帰宅してしまい、気付いた時はかなり青ざめましたね~(苦笑) 店員さんが回収してて助かりました(気を付けて下さいよ!って言われましたw) 
2015/10/01 (木) 22:59:21 | URL | よほほん #-[ 編集 ]
やっぱり仕事場の人と今日も見に行ってきました。
3分の1くらい入ってたくらいでしたけど、何故か隣りに女の子グループが…見づらい…
女の子たちメールのやり取りの場面でクスクス笑ってましたけど何が面白かったのでしょうか…?

やはりあの入場者シーンですすり泣いていたのでホロリとしたのは自分だけでないとわかって一安心(笑)

2015/10/04 (日) 18:52:24 | URL | タカヒロ #-[ 編集 ]
コメントありがとうございます!タカヒロさん
>3分の1くらい入ってたくらいでしたけど、何故か隣りに女の子グループが…見づらい…
 自分の場合、そっちの方が気になっちゃって映画どころじゃないかも・・・w そして係員呼ばれて連れ出される。
>女の子たちメールのやり取りの場面でクスクス笑ってましたけど何が面白かったのでしょうか…?
 ただでさえ女心は複雑なのにおにゃのこの心情なんて分かる訳ないでしょう!!?(笑)
>やはりあの入場者シーンですすり泣いていたのでホロリとしたのは自分だけでないとわかって一安心(笑)
 ギャグシーン、感動シーンは笑ったり泣いてたりするのが自分だけだったりするとちょっと気になりますよね~・・・w
2015/10/04 (日) 22:58:06 | URL | よほほん #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ