よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ 1st Live Tour ~RUN!CAN!FUN!~ 東京公演 2日目
hasunosora1straibutokyo (1)
11月19日に開催された蓮ノ空の1stライブ、
1st Live TourRUN!CAN!FUN! 東京公演 2日目
の参加記録です!
>>続きを読む
「TAMASHII NATION 2023」に行って来た その2
tamasiineisyon2023sono2 (1)
AKIBA SQUAREの方。
>>続きを読む
「TAMASHII NATION 2023」に行って来た その1
tamasiineisyon2023sono1 (1)
tamasiineisyon2023sono1 (2)
ベルサール秋葉原の方。
>>続きを読む
今月、毎週土日にイベントあって忙し過ぎるんやが
こんばんは。記事タイトルにもある様に、今月は毎週に何かしらのイベントがあって常に忙しい状態のよほほんです😅 プライベートが充実してるのは良い事なんですが、却ってそれが自信を苦しめる事になっては本末転倒ですよね。趣味が多いのも考えものですなぁ・・・暇を持て余し退屈しているよりはマシなのかもしれませんが・・・。

nikki231119 (1)
さてさて、本日は蓮ノ空の1stライブツアーであるRUN!CAN!FUN!東京公演 2日目に参加して来ましたー。蓮ノ空にはそこまでガッツリと入れ込みたくはないという建前はありつつも、折角だし1stライブには参加しておきたいという気持ちもありましてw とりあえず応募して当選したら行くか、ぐらいでいたら普通に当選したので参戦(笑) まぁここ最近のラブライブ!シリーズのライブは配信も普及したからか倍率もそこまでですし、大体 最速先行か二次先行で当たる印象。日程に関しては何かしらの発表がある2日目を選びました。
ラブライブ!のライブイベント自体、5月のにじたび!愛知公演以来だと思いますし、ワンマンライブともなると去年9月の虹ヶ咲 5thライブ以来となるのでかなり久々です(一応、今年はユニットライブ4連発に にじたび2公演と結構 参加してるんだけどね^^;) また無印以降だとずっと虹ヶ咲のみ追っていた自分にとっては別シリーズの空気感も味わう事となった為、中々に新鮮な体験でした。

今回のライブですが、4年前の虹ヶ咲の1stライブと同じシチュエーションが多いんですよね。まず同じ1stライブで、会場も同じ武蔵野の森総合スポーツプラザという点。
nikki231119 (2)
nikki231119 (3)
事前通販は利用していない為、朝一でグッズ物販に並びに行ったのも同様w 確実に参加する訳ではなく様子見しているライブだとどうしても事前通販で買っておこう、って判断はし辛いよなぁ・・・。
nikki231119 (4)
nikki231119 (5)
4年経っても同じ光景で草なんだ。変わらないなぁ・・・ライバー達も、俺も😓
nikki231119 (6)
nikki231119 (7)
列の形成場所も全く同じなのですっごいデジャヴ・・・w
nikki231119 (8)
nikki231119 (9)
延々と並び、ようやく売り場に到着。でも並んだ時間は虹ヶ咲の時よりは早かった様に思います。クイックオーダーシステムによって効率的になったからでしょうかね。
nikki231119 (10)
nikki231119 (11)
グッズ購入後、ライブの開演まで調布駅前の快活クラブで過ごしたのも4年前と全く一緒www 歴史は繰り返すんだなぁ(遠い目)
nikki231119 (12)
nikki231119 (13)
ちなみに購入したライブグッズはこちら。12k円近くも使ってますが、これでも厳選してるのよ・・・?(震え声) 腕章やスマホリングはどのメンバーも即完売しており、推し腕章も欲しかったんですが残念ながら買えずorz 事後通販あるならリベンジしたいところですが、なんかそっちも在庫 少なそうな予感・・・😑

セトリに関しては好きな楽曲はどれも披露されたので生で拝む事が出来て概ね満足。強いて言うならドルケの希望的プリズムが無かったのがちょい残念だったくらいかな。まぁスリブもフォーチュンムービーとか無かったしね。あとはまだCD未発売のTake It Overにアイデンティティ、Trick & Cuteが披露されたのは意外でした。発表済みだとしても未発売の曲はライブでは披露しないというのが暗黙の了解だと思い込んでいたので(虹ヶ咲でも永遠の一瞬という前例はありますが)、これは驚きでしたねー。まぁFes×LIVEで披露していますし、初披露という扱いではないのかもしれませんね。リアルとのシンクロ設定はその辺りがややこしい・・・^^;
一方で席ガチャは正直 ハズレだったかな、と😢 どうせならと安い後方割引席ではなく一般席を購入したにも関わらず、スタンド席4階のそれも後方のブロックで「え?これで後方割引席じゃないの???」って感じでしたし、花道の先のセンターステージですら双眼鏡でやっとキャストが見える様な位置でした・・・トロッコも来てくれても遠い!!しかも左隣の人は開演までは静かだったのにライブ中はピョンピョン跳ねるわダミ声コールはやかましいわで終始不快でした😩 案の定、規制退場には従わず終演後は即退散してましたよ。
上記の件もあり、ライブ自体は楽しいものでしたが総合的な評価としてはやや残念度が勝る感じになってしまいました・・・。虹ヶ咲の5thライブもそうでしたが、ここ(武蔵野の森)ってよっぽどの良席を引き当てられないと全然 楽しめなくなる微妙な会場よね😓

それと昨日には秋葉原で開催された魂ネイション2023にも行って来ました。こちらも後日に記事を上げますが、写真 撮りまくったので整理するだけで大変やで・・・(汗 大体 既定路線だったので、特に驚かされた展示は無かったかなぁ。真骨彫カイザは予想通りとはいえやっぱり嬉しかったし、実物 見たらテンション上がりましたが。来年の9月までには発売されると良いなー。

今度の木曜日は勤労感謝の日で祝日ですが、金曜日も例の年5日取得の有給の内の1日を入れていて休みとなっており、木・金・土・日と4連休に。過去の俺、ナイスゥ!(笑) んでその4連休に、以前から計画していた金沢への蓮ノ空の聖地巡礼に行って来ます!1stライブへ参加した数日後には聖地巡礼で遠征とか、めっちゃオタクしてんな(笑) そんで冒頭の話へと戻りますが・・・予定が埋まりまくりでホント忙しい!!!いやまぁ、自分で決めた事なんだけどね?^^;


それでは~🥱 😴😴😴

ウルトラジャンプ 2023年12月特大号
urutorazyanpu202312tokudaigou (1)
ウルトラジャンプ 2023年12月特大号を購入しますた😆
urutorazyanpu202312tokudaigou (2)
お目当ては今号より連載開始となる蓮ノ空のコミカライズ、ラブライブ!flowers-蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ-でございます。集英社 初となるラブライブ!シリーズのコミカライズ作品となりますが、そもそもジーマガやデイズ以外での連載自体、これが初じゃないでしょうか?キャストのグラビアとかはヤンジャン等でもよくありましたが・・・。”フラワーズ”の響きは”サンシャイン!!”や”スーパースター!!”みたいに「ラブライブ!〇〇〇」のシリーズ名を意識したものでしょうかね。
urutorazyanpu202312tokudaigou (3)
ウルジャン初めて買ったんですが、結構 分厚いんすねー。店頭で手にして驚きました。
urutorazyanpu202312tokudaigou (4)
新連載という事でカラーページよりスタート。巻頭ではないけど。
作画はつむみ先生です。様々なコミカライズ作品の画を担当している方ですね。
urutorazyanpu202312tokudaigou (5)
めぐるりはこのカラーページの全員集合の図が唯一の出番です。第1話では本編には一切 登場しません。大抵、主要キャラなら1コマだけでもチラッと登場させとくのがセオリーな気もするんだけど・・・(汗
urutorazyanpu202312tokudaigou (6)
金沢駅のシーン。シンボルである鼓門と もてなしドームも登場。
urutorazyanpu202312tokudaigou (7)
早速 百合百合な雰囲気のさやかほ。あら^~~~🥰
urutorazyanpu202312tokudaigou (8)
豊かな大自然に囲まれた
山奥の学校
ですよね・・・?

誉めてんのかディスってんのか分かり辛い。
urutorazyanpu202312tokudaigou (9)
しおしおの花帆ちゃん・・・🥴
ᶘイº⇁ºナ川 しお?
urutorazyanpu202312tokudaigou (10)
喋るハサミが気になり過ぎる・・・^^; 蝶々付きのペンはコレ絶対 使い辛い(確信)
urutorazyanpu202312tokudaigou (11)
それナタデココだよ
さやかちゃん・・・
😃
山奥の学校内でタピオカジュースなんか売ってる訳 無いだろ!!
urutorazyanpu202312tokudaigou (12)
笑顔の花帆ちゃかわヨ。
urutorazyanpu202312tokudaigou (13)
urutorazyanpu202312tokudaigou (14)
綴理パイセン&梢パイセン登場。後輩を誘惑する手口、これ完全にやり慣れてますわ。常習犯ですわ。蓮ノ空の風紀は滅茶苦茶。
urutorazyanpu202312tokudaigou (15)
さやかほの2人が”スクールアイドル”なるものに出会ったところで第1話は終了。

大まかなストーリーの流れはリンクラの活動記録をなぞっている感じですが、細部は微妙に異なっており既にコミカライズ独自のオリジナル要素も見受けられます。まぁまだ1話ですからね、これからどんどん話が進んで行くに連れてリンクラとは別時空の物語になって行くのだと思われます。というか単にそのまま漫画化しただけだと読み応えも無いですからね、全くの別物ぐらいになってくれた方が個人的には好ましいですw 流石に毎月 この作品の為だけにウルジャンを買ってはいられない為(苦笑)、来月号以降はスルーの予定ですが・・・コミックスが出たらその時に一気に追い付くつもりっす😅

urutorazyanpu202312tokudaigou (16)
特別付録として特製チケットホルダーが付いてきます。
urutorazyanpu202312tokudaigou (17)
表面は表紙絵がそのまま使われてます。左端にあるバーコードは何だろうね?
urutorazyanpu202312tokudaigou (18)
つむみ先生作画の蓮メン。これはラブライブ!シリーズ全般に言えますが、媒体によって作画が異なるのもメディアミックスコンテンツの特徴ですね。この梢パイセンとか絶対 スケベな事 企んでるじゃん・・・(笑)
urutorazyanpu202312tokudaigou (19)
裏面はリンクラ作画の既存絵を使用。
urutorazyanpu202312tokudaigou (20)
一応、こっちの方が原作。なお制服ではなくドリビリ衣装のイラストでした。
urutorazyanpu202312tokudaigou (21)
ホルダーを展開するとこんな感じ。今はどのイベも電子チケットで紙で発券はしなくなってしまったので、チケットケースとかホルダーって使う機会が皆無なんだよな・・・😢
urutorazyanpu202312tokudaigou (22)
連載開始記念で、つむみ先生の直筆サイン入りポスターやチケットホルダーが当たるプレゼント企画も。後者はキャストのサインも入るゾ!



ウルトラセブン ポストカードブック
urutorasebunposutoka-dobukku (1)
先日発売されたウルトラセブン ポストカードブックを紹介します。セブンの関連商品 出過ぎだろぉ!?もう55周年すら終わって既に56周年になってるぞ!(苦笑)
価格は税込2200円です。
urutorasebunposutoka-dobukku (2)
こちら、一見すると一般的な書籍に見えますが・・・
urutorasebunposutoka-dobukku (3)
「ポストカードブック」の名の通り、この様にポストカードがまとまって本となっているのです!剥がし取ればそのままポスカとして使用可能に。まぁ今回はそのままの状態で紹介しますが^^;

ではいくつかポスカを紹介~。ちなみに全部で20枚(20種)あり、サイズはB6で一般的なハガキよりも一回り大きめ。
urutorasebunposutoka-dobukku (4)
1枚目からいきなり後ろ姿とは・・・😲 ガッシリした背中がカッコイイですね~!
urutorasebunposutoka-dobukku (5)
立ち膝でアイスラッガーを構えたポーズ。歴戦の猛者感がたまりません🤩
urutorasebunposutoka-dobukku (6)
なんかタロウみたいな構え。セブンとタロウは従兄弟という設定もありましたが、今ではほぼ死に設定みたいですね。
urutorasebunposutoka-dobukku (7)
下から見上げた構図。最終話でパンドンを倒し朝焼けの中 立ち上がる姿を彷彿とさせますね~(こんなにオレンジじゃなかったですけどw)
urutorasebunposutoka-dobukku (8)
う~ん、イケメン!!😍 
ちなみにスーツは首元がシルバーのタイプ。確か平成セブン以降のスーツで首元が赤色のタイプは存在していなかった筈(違ってたらスミマセン。)
urutorasebunposutoka-dobukku (9)
お馴染みのファイティングポーズ。赤いボディに青い影の対比が良いですね。セブンらしい演出・・・というか実相寺監督っぽい感じ。
urutorasebunposutoka-dobukku (10)
横顔4連発。やけにシュールな絵面ですがそれは置いといてw、やっぱりセブンの横顔はカッチョイイ・・・😆
urutorasebunposutoka-dobukku (11)
今度は真っ赤な空間に。これも異質な感じが実相寺監督の演出っぽい。
urutorasebunposutoka-dobukku (12)
腕組み。第24話にてカナン星人に操られたウインダムのレーザーショットを相殺した無力化光線は腕組みしながら発射してましたね。強者の余裕を感じました・・・w
urutorasebunposutoka-dobukku (13)
こちらは・・・手裏剣光線でしょうか?気になるのはアイスラッガーが無い(外れている)という点。アイスラッガーを射出している図は他にあるので違いそうですが、果たして・・・???
urutorasebunposutoka-dobukku (14)
ストップ光線のポーズ。スチール画でよく見掛ける機会が多いからか、使用頻度の割に有名な技。
urutorasebunposutoka-dobukku (15)
こちらがアイスラッガーを飛ばして(射出して)いる図。セブンと言えばこれですよね~!
urutorasebunposutoka-dobukku (16)
OP最後に登場するお馴染みのシルエット。ただし顔や脚の角度が異なっており、OPのデザインそのままではありません。ウルトラビームで「ストライク!」
urutorasebunposutoka-dobukku (17)
urutorasebunposutoka-dobukku (18)
裏面(ハガキ面)はこんな感じで、縦・横 共に共通デザイン。ウルトラ警備隊のマークが入ってるのが良いですね。切手を貼る位置にはセブン55周年のロゴが。

urutorasebunposutoka-dobukku (19)
ヨドバシ・ドット・コムで買ったら本誌とは別にポスカも付いてきて驚きました。購入特典らしく、ヨドバシ以外だとツブラヤストアでも別デザインの物があるみたい。
urutorasebunposutoka-dobukku (20)
変身時のガッツポーズですね。
urutorasebunposutoka-dobukku (21)
裏面(ハガキ面)はこんな感じで本誌の物とは微妙に異なるデザインでした。
urutorasebunposutoka-dobukku (22)
この特典ポスカは一般的なハガキサイズとなっている為、本誌の物とは異なる大きさになっているのが残念。どうせなら統一してくれれば良いのに・・・😰

という訳で、ウルトラセブン ポストカードブックでした。
そのままでもミニ写真集として楽しめますし、切り離せばポストカードとしても使用出来る製品となっています。まぁ実際にポスカとして使う層がどれくらい居るかは分かりませんが・・・w セブン自身がカッコイイのもそうですが、それを引き出すアングルや世界観を再現した演出で撮られているのも良かったです。セブンが好きな人は是非~。



GiGO コラボカフェ「ラブライブ!~TVアニメ放送10周年記念~」に行って来た
gigokorabokafeTV10syuunen (2)
gigokorabokafeTV10syuunen (1)
GiGO 秋葉原3号館にて開催中のGiGO コラボカフェの「ラブライブ!~TVアニメ放送10周年記念~」に行って来ました~。かなり久々となるであろう、初代(μ’s)単独のGiGO コラボカフェです!
>>続きを読む
東京マルイFESTIVAL 2023 行って来た
toukyoumaruifesu2023 (1)
toukyoumaruifesu2023 (2)
11月11、12日にベルサール秋葉原にて開催の「東京マルイFESTIVAL 2023」に行って来ました!コロナ禍の影響で2019年の開催を最後にずっとオンライン開催だったマルフェスですが、この度 4年ぶりにリアル開催が復活!!これまでは〇th表記だったイベント名も”2023”と開催年表記に改められました。
入場料は無料です。今回は10才以上エリアと18才以上エリアに分かれており、後者は当然ながら18歳未満の人は入場不可となっています。
>>続きを読む
ゴジラ70周年記念カレンダー
gozira70syuunenkarenda- (1)
ハゴロモよりゴジラの70周年記念の2024年カレンダーが登場したので紹介するお(^ω^) 来年 2024年はゴジラというコンテンツが70周年を迎えますので、記念アイテムとしてもカレンダーはピッタリだと思います♪
価格は税込2420円です。
gozira70syuunenkarenda- (2)
表紙は-1.0のメインビジュアルを使用。
gozira70syuunenkarenda- (3)
裏側には各月のページデザイン一覧が載っています。
gozira70syuunenkarenda- (4)
1月は1954年公開の初代の「ゴジラ」 銀座の和光ビルの時計塔を襲撃するシーンですね。鐘の音に反応して塔を破壊したゴジラですが、このウェストミンスター・チャイムは丁度 公開年である1954年6月10日(時の記念日)から始まったそうで。また無許可でビルを破壊した事に和光が激怒した為に東宝作品に和光ビルの登場はNGになった&破壊する建物は事前に許可を取る様になったエピソードは有名ですが、現在は和解している模様(シンゴジや最新作の-1.0でも破壊されてましたw)
gozira70syuunenkarenda- (5)
2月は「ゴジラの逆襲」と「キングコング対ゴジラ」です。大阪城でアンギラスと対決するシーンと・・・後者はキングコング 写ってなくて草。
gozira70syuunenkarenda- (6)
3月は「モスラ対ゴジラ」と「三大怪獣 地球最大の決戦」 どちらもカラー作品なのに何故かモノクロ写真という謎。
gozira70syuunenkarenda- (7)
4月は「怪獣大戦争」~「ゴジラ対メガロ」の8作品を一気に収録。相変わらずモノクロ写真で絵面が味気無いんですが、
gozira70syuunenkarenda- (8)
怪獣総進撃のみカラーになっている謎仕様。ちぐはぐになるので統一するならしろや!
gozira70syuunenkarenda- (9)
5月は「ゴジラ対メカゴジラ」と「メカゴジラの逆襲」 縦2分割でメカゴジラとメカゴジラⅡが対になっている構図が良いですね~。あとようやくカラー写真となりました。
gozira70syuunenkarenda- (10)
2人共、ごめんなさいしなっ!の図。ゴジラが完全にオカンw なおこのスチールだけまたしてもモノクロ。
gozira70syuunenkarenda- (11)
6月は1984年公開の「ゴジラ」です。「メカゴジラの逆襲」から9年ぶりに制作された作品で、ゴジラ誕生30周年記念作品でもあります。一応 公開は昭和なんですが、後作との繋がりから平成シリーズにカウントされる事が多いです^^;
gozira70syuunenkarenda- (12)
7月は「ゴジラvsビオランテ」~「ゴジラvsメカゴジラ」の4作品。バトラ省かれてて(´・ω・)カワイソス モスラは幼虫まで写ってるのに・・・。あ、あとファイヤーラドンもか。まぁ作品タイトルに含まれてないからね、仕方ないね。
gozira70syuunenkarenda- (13)
8月は「ゴジラvsスペースゴジラ」と「ゴジラvsデストロイア」です。こちらもMOGERAやゴジラジュニアは省かれてました。デストロイアとバーニングゴジラの対決場面はドーンと横長ピンナップになっていて良いですね~。後ろには虹ヶ咲学園東京ビッグサイトが写り込んでいます。
gozira70syuunenkarenda- (14)
9月は「ゴジラ2000 ミレニアム」~「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の5作品を収録。オルガやバラゴンが省かれてますが、例の通り作品タイトルに含まれてないので(苦笑)
gozira70syuunenkarenda- (15)
GMGの機龍はなんでよりによって暴走シーンのカットを選んだのやら・・・😕 もっと良いシーン、他にあったやろ!!
gozira70syuunenkarenda- (16)
10月は「ゴジラ FINAL WARS」で、登場した全怪獣が大集合。何が凄いって、モスラとミニラ以外は全て敵で、そしてマンダ以外とは戦って倒してるのよね、ゴジラ・・・。怪獣王 強過ぎる😱😱😱
gozira70syuunenkarenda- (17)
なんかやられたカットが使われてる子が居ますねぇ・・・。何故にわざわざこのカットを選んだし(汗
gozira70syuunenkarenda- (18)
劇中では存在しないカットが使われてる子も居ますねぇ・・・。まぁこの子は扱いが不憫過ぎたから・・・w
gozira70syuunenkarenda- (19)
ガイガンはちゃんと改造ガイガンも含め両形態 網羅されてるのは流石👍
gozira70syuunenkarenda- (20)
11月は歴代ゴジラの顔写真(?) 通なら顔だけでもどの作品のゴジラか分かるよね!(まぁこれは普通に作品順に並んでるだけですが。)
gozira70syuunenkarenda- (21)
GMMGのゴジラだけなんか画質 悪いな・・・?🤔 写真だとあんまり伝わらないかもですが。
gozira70syuunenkarenda- (22)
シンゴジは第2~4形態まで網羅されている優遇っぷりw
gozira70syuunenkarenda- (23)
なお”ゴジラの日”である11月3日ですが、何も表記は無し。他の祝日も何の日かの記載は無いのでそういう仕様なのは分かりますが・・・折角 ゴジラのカレンダーなんですから、せめて70周年ロゴを入れるとかはして欲しかったかなぁ。
gozira70syuunenkarenda- (24)
12月は最新作であり絶賛公開中の「ゴジラ-1.0」 
gozira70syuunenkarenda- (25)
銀座を破壊し尽くし、これから熱線を放とうとしているマイワンゴジのビジュアル。ムキムキの胴体と青く輝く尻尾の背びれが最高にカッコイイです・・・!!
gozira70syuunenkarenda- (26)
最終ページの見開きは70周年ロゴとマイワンゴジのビジュアルが使われてました。これは-1.0の先行販売グッズでアクスタになっていたビジュアルかな。

そんな訳で、ゴジラ70周年記念カレンダーでした。
70周年を迎える来年を、ゴジラと共に歩みたい人は是非ともこちらを使いましょう😆 これまでだとゴジラのカレンダーと言うとゴジラ・フェスのグッズで発売していた卓上カレンダーだったんですけどね、今年(来年分)は無いみたいでして・・・。



ラー
taiyousinra-neta (1)
太陽神なのだけれど・・・。
>>続きを読む
GBWC 11th TOURNAMENTの1次予選通過者への副賞が届いた&組んでみた
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (1)
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (2)
GBWC 11th TOURNAMENの1次予選通過者が貰える副賞のスモークブラッククリアのHGUC ガンダムがようやく届きました・・・去年は結果発表から僅か2週間で届いたのですが、今年は1ヶ月と少し掛かりましたね😅 去年が早かっただけなのか、今年が遅いのか・・・?発送通知なんかも無いので非常にやきもきしてましたよ(汗
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (3)
開封~。通知書も同梱されています。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (4)
てな訳でGBWC 11th TOURNAMENT 1次予選通過者へ贈られる副賞のHGUC ガンダム スモークブラッククリアVer.でございます。2年連続で1次予選通過を果たす事が出来た為、去年に引き続きゲットする事が出来ました~♪
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (5)
物自体は完全に去年の10th TOURNAMENTで貰えた物と同じですね。細かい仕様は去年 紹介している為、そちらの記事を参照して下さい。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (6)
勿論 中身も全く一緒です。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (7)
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (8)
同一の物ですので、これで2個目となりました。ちょっと面白味に欠けますよね・・・キット自体は共通でも、せめてパッケージとかは毎年 変えて欲しかったところ。

去年は勿体無くて組まずにそのまま保管してましたが(アンタ 普段から通常のキットも積んでるじゃん)、2個目も入手したのなら・・・と今回は組んでみる事に~。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (9)
A、Bランナー
Aランナーは元キットではトリコロールの多色成型ランナーですが、当キットでは全てスモークブラッククリアに。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (10)
Cランナー
去年の記事で書いてますが、グレーの色味は元キットより薄くなってます。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (11)
サーベル刃のSB-13ランナーとポリキャップ、ホイルシールは元キットと同一。なお公式の見本写真でもシールは使用されていなかったので、自分も使いません。絶対 そこだけ浮くだろうしねw
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (12)
説明書と部品交換カードの用紙。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (13)
そして組み上げた物がこちらになります。
続きは追記の方で。
>>続きを読む
ゴジラ・フェス 2023 行って来た!
gozirafesu2023 (1)
アンギラス
20時まで8時間やるぞ!

>>続きを読む
LoveLive!Days 2023年12月号
raburaibudays202312 (1)
LoveLive!Days 2023年12月号を購入したので紹介しまする。ラブライブ!デイズ、めっちゃ久々に買ったわ~・・・1年半ぶりとかじゃないかしら。自分が買ってた時って「Vol.」表記でしたし。
raburaibudays202312 (2)
表紙は共通衣装の海未ちゃん、曜ちゃん、せつ菜ちゃん、千砂都ちゃんの4人。スクフェス2のハーフアニバーサリーイメージガールに各グループから選ばれたメンバーです。
投票って何時やってたんだっけ???と調べてみたら6~7月でした。こういうのって大抵 イメージとか関係無いただの人気投票になってしまいがちですが、まぁ推しの海未ちゃんが選ばれてるので良しとしましょう(笑)
raburaibudays202312 (3)
特別ダブル付録として、表紙絵を使用したB2ポスター及び各メンバーのスクフェス2のSRカードが入手出来るシリアルコードが付いてきます。久々にデイズを購入したお目当てはこちらのスクフェス2シリアルだったりw これが海未ちゃんじゃなかったらスルーしてたでしょうけど・・・^^; 
raburaibudays202312 (4)
最初の見開きのスクドル紹介ページではLiella!が11人にまで増えてるし蓮ノ空の項目も加わってるしで、暫く見ない内に変化しておりました。シリーズも大きくなったよなぁ・・・スクドルもこんなに増えちゃって😲
raburaibudays202312 (5)
来年3月に開催のユニット甲子園。虹ヶ咲と蓮ノ空、半分しか知らない自分は多分 楽しめないと思うので参加する予定はありませんが、もしかしたら配信で観たりはするかも?
あとデイズの2024年4月号の表紙を飾るユニットを決める投票なんかも。
raburaibudays202312 (6)
スクフェス2のハーフアニバ特集。
raburaibudays202312 (7)
楽曲の章、物語の章、歴史の章、祝祭の章の4項で構成されています。ただどれも見開き2ページのみであっさりした内容だったので、ぶっちゃけ読み応えはそこまで(苦笑) もっとガッツリ特集しても良かった気もしますが・・・スクフェス運営と同じでやる気 無いのかも。
raburaibudays202312 (8)
彼方ちゃんの地雷系衣装、たまんねぇ~😋 6thライブであかりんが着るのも楽しみです(グヘヘw
raburaibudays202312 (9)
ときめきバースデー計画(プロジェクト)は11月13日が誕生日のりなりーをお祝い。猫耳パーカーの破壊力やべぇな・・・ぐはっ!!よく見るとはんぺんも一緒です。
raburaibudays202312 (10)
9月のリンクラレポート。リアルとのシンクロ進行が特徴のリンクラだと、先々月の情報って今更感が強いっすね・・・(汗
raburaibudays202312 (11)
蓮ノ空のイラストストーリーはめぐつづの2人。あら^~w こいつは完全にツキマカセしてますねぇ🤤
raburaibudays202312 (12)
各ユニットのキャストインタビュー記事。今号はvolume3との事で、みらくらぱーく!のかんかんとこなちが対象でした。
raburaibudays202312 (13)
赤目先生のほのうみ尊い・・・😭 
創刊号からずっと続いているNowadaysコーナーですが、μ’sの貴重な供給源なので絶対に絶やすな。でもお前、毎月 買ってねぇじゃん。
raburaibudays202312 (14)
付録その1、表紙絵のB2ポスター。
raburaibudays202312 (15)
折り目がどうしても気にはなりますが、B2サイズで表紙絵がフルで堪能 出来るのはgood👍 曜ちゃんのムチムチの太ももが眩しいぜ・・・!せつ菜ちゃんも小っちゃい故に頑張ってジャンプしてると思うと・・・😂
raburaibudays202312 (16)
付録その2、スクフェス2で使用可能な表紙メンバーのSRカードのシリアルコード。綴じ込み付録も久々に触れるな~w
raburaibudays202312 (17)
期限は2024年4月30日まで。
raburaibudays202312 (18)
早速 コードを打ち込んで、4人のカードをゲット~。まっ、SRなんで編成には入らないんですけどね(爆)
raburaibudays202312 (19)
[愛をあなたに] 覚醒済み
属性はスマイル。
raburaibudays202312 (20)
[楽しむであります!] 覚醒済み
属性はピュア。
raburaibudays202312 (21)
[行きますよー!] 覚醒済み
属性はピュア。
raburaibudays202312 (22)
[準備はマルッ♪] 覚醒済み
属性はクール。
raburaibudays202312 (23)
海未ちゃんを元となった初期URの覚醒後イラストと比較。
ステージも同じ場所なのかな~、と思いましたがどうも違うっぽい。カチューシャの装飾の位置が変わってるのが気になる。あとヘソ見せが大胆になってません?URの方はチラ見せ程度なのに・・・w ところでこの衣装って名称とかあるんですかね。

てな訳で、LoveLive!Days 2023年12月号でしたー。
最初にも書いた様に、1年半ぶりぐらいの購入となったデイズ。久々に読んだら蓮ノ空のトピックが増えていたりと変化を感じましたね~。ただμ’sが空気過ぎるんで、何かしら企画なり専用コーナーを追加して欲しいところです。まぁTVアニメも10周年を迎えてますし、今後 何かしらの特集はあるかもしれませんが・・・。ジーマガが廃刊となった現在、ラブライブ!の専門誌にして唯一の紙面の供給源となっているデイズ。毎月 追う気力は私にはありませんが、今回みたいに付録目当てでたま~に買ったりはするかと思います。表紙絵が気に入った号とかはそのポスターも付くでしょうから買うかもね(笑)



copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.