よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
月刊サンデーGX 2023年9月号
sande-GX9gou (1)
月刊サンデーGX(ジェネックス) 2023年9月号を購入しました。普段は買っておらず、今回が完全に初購入です。その理由はと言うと・・・
sande-GX9gou (2)
特別付録の「デストロ016&246×ヨルムンガンド アクリルスタンド」がお目当てだからです!「2023年 GX初夏の高橋慶太郎フェス!」と称して6月号から4号連続で付属するこちらのアクスタですが、ラストとなる第4弾がデストロ246に登場する伊万里なので、これは欲しいな~、と思い購入しますた。
ちなみにアクスタの種類は6月号の第1弾がデストロ016の沙紀、7月号の第2弾がヨルムンガンドのココ、8月号の第3弾がデストロ016の百舌となっていました。

ネタバレになってしまうので本誌の中身については触れません。そもそも連載作品もBLACK LAGOONとデストロ016しか知らんし・・・^^;
sande-GX9gou (3)
そんなBLACK LAGOONは13巻が12月19日頃に発売だそうです。ようやく出るのかッッッ!!これは良い情報を得た😁
sande-GX9gou (4)
デジタル版(電子書籍)のシリアルコードも付属してました。デジタル版ではそちらでしか読めない作品も多数 連載しているとの事。紙の方を買えば結果的にデジタル版も読める訳ですねー(普通 こういうのって分けそうなもんですけど。) まぁ自分は付録が目当てなのでどっちみち紙の方を買いますがw
sande-GX9gou (5)
sande-GX9gou (6)
お目当ての付録のアクスタは個別包装されてます。思ってたよりも小っちゃかった・・・^^; まぁ付録だしこんなもんかぁ。
sande-GX9gou (7)
という訳で、「デストロ246」より的場伊万里のアクリルスタンドです。上でも書いた様に思ってたより小さかったですが、小柄なキャラなのでこれはこれで有り😉 寧ろ丁度良いかもw
sande-GX9gou (8)
東京都の国立西東京総合学園に通う高校3年生のJK。その正体は学園の創設者である仙崎時光に飼われている殺し屋で、中国の組織で生産された鳥の名を持つ暗殺者シリーズの一員。彼女は”オウル(梟)”の名を冠しています。
sande-GX9gou (9)
黒髪ショートでツリ目。そしてとにかく小っこくて可愛いコロポックル少女。・・・にも関わらず、作中の殺し屋JK達の中では最強というのがたまらんっ!
なお今回のアクスタのイラストはどれも描き下ろしとなっています。
sande-GX9gou (10)
左手にはサプレッサー付きのベレッタ M9を持ってます。そういやこの子 サウスポーだったね。M9は前作の「Ordinary±」から使用してますな。
sande-GX9gou (11)
右手に持ってるこのナイフは・・・エマーソンのカランビットかしら?すまぬ、ナイフは専門外なんや・・・^^;
sande-GX9gou (12)
コミックスの裏表紙にも写ってるコレだと思われます。確かヨルムンガンドでバルメも使用してましたよね。
sande-GX9gou (13)
台座は長方形で「デストロ246」のロゴ入り。
sande-GX9gou (14)
一応、裏面も。特に表記等は無し。
あと厚みも適度にあるので、薄くて安っぽい感じではないです。
sande-GX9gou (15)
ラブライブ!の海未ちゃんのアクスタとサイズ比較。懐かしのセガのクレゲ特典のそれ僕衣装のやつです。そちらよりも一回り小さいミニサイズ。ただチビ設定を考慮すると、これで同一比率ぐらいかもしれません(笑)
sande-GX9gou (16)
同じ制服同士で並べたかったのですが、意外とラブライブ!の制服のアクスタって無いのよねぇ・・・って事で、唯一の夏服制服アクスタと。今度は海未ちゃんの方が小さくなってしまいました・・・😅
同じJK同士でも、その実はスクールアイドルと殺し屋と根本的に異なっているという・・・(汗
sande-GX9gou (17)
最後はイマリンが表紙を飾っているコミックス4巻と並べて〆

以上、月刊サンデーGX 2023年9月号・・・の付録のデストロ016&246×ヨルムンガンド アクリルスタンド 伊万里でしたー。
高橋慶太郎氏の作品より凶悪な女性陣がアクスタ化。特に「デストロ246」はアニメ化もしていないので、グッズが出るのは本当に貴重ですね~。ファンならゲットしておきたいところです(自分はイマリンだけにしましたけど・・・w) 



copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.