よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
MS-18E
先日 購入したポケ戦のBlu-rayを視聴した影響で、未開封のままだったロボ魂のケンプファー ver. A.N.I.M.E.を開封&軽く撮影したぞよー。いつ買ったのか もはや覚えてないよ・・・去年の夏頃だったかな?^^;
robotamakenpufa-kaihuu (1)
素立ちでも充分 カッコイイ!!このまま飾っても良いぐらい。オプション勿体ないけどw
robotamakenpufa-kaihuu (2)
バストアップ。
胸部のジオンエンブレムや頭部横のサイクロプス隊のマークも綺麗にプリントされてます。
robotamakenpufa-kaihuu (3)
モノアイは可動式です(スリッドの横奥までは動きませんが。) アンテナが付いている頭頂部のパーツを外して動かすのですが・・・この頭頂部パーツが差し込み部が緩いのかポロリしやすかったので、接着剤で受け側を太らせました。
robotamakenpufa-kaihuu (4)
フル装備。
このゴテゴテっぷりがたまりませんね~!
robotamakenpufa-kaihuu (5)
197mm口径専用ショットガン
ヤクトゲヴェールだとか型式番号はZUX-197だとかやたら設定が凝ってるショットガン。
robotamakenpufa-kaihuu (6)
発射エフェクトが付属してますが、シリーズ共通のマシンガン用エフェクトなのでショットガンとしての再現度はイマイチ。出来れば専用エフェクトが欲しかったところ。
robotamakenpufa-kaihuu (7)
ストック無しの物もあります。
個人的にはストックは脱着も可能にして欲しかったですね。ストック無し二丁流のワイルドスタイルさせたかったー。
robotamakenpufa-kaihuu (8)
リアアーマーにジョイントを介してマウント出来るのですがこのジョイントが曲者で、ガッチリと固定されずすぐに外れてしまいます・・・。ぶつかった時は勿論、ちょっとした衝撃でもポロリする事もあり結構 ストレス・・・ここは残念でした。
robotamakenpufa-kaihuu (9)
ジャイアント・バズⅡ
デカい・・・とにかくデカいです。迫力ありますけど、デカ過ぎでは?とすら思いますw
robotamakenpufa-kaihuu (10)
こちらも発射エフェクトが付属。重い為に支えが必須で、使い勝手はあまり良くないですね。
robotamakenpufa-kaihuu (11)
ダブルバズーカ、良いよね・・・。
robotamakenpufa-kaihuu (12)
シュツルム・ファウスト
これまでの写真で左右を間違えてマーキングがある面を内側にマウントしてたのは内緒だ。
robotamakenpufa-kaihuu (13)
「スカーレット隊 全滅!」
robotamakenpufa-kaihuu (14)
チェーンマイン
「さぁ来い!戦い方を教えてやるゥ!!」
robotamakenpufa-kaihuu (15)
使用時をイメージしている為、先端側は吸着状態、持ち手側は通常状態となっています。個人的には丸々両形態を付属させるか、差し替えで再現して欲しいんですよね・・・ガンプラ等、どの立体物もこの仕様なので・・・。
robotamakenpufa-kaihuu (16)
ビーム・サーベル
どうせなら格闘兵装もヒートサーベルとか実体がある物で良かったのでは・・・と思う反面、唯一のビーム兵器というのもロマンあって素敵よね。時期的にジオンもビーム兵器の開発を確立してきた頃でしょうし、ちょっとでも採用したくなっちゃったんでしょう(笑)
robotamakenpufa-kaihuu (17)
グリップの収納ギミック自体は再現されてませんが、大腿側のグリップパーツの取り外しとグリップを差し込んでポップアップした状態の再現は可能。というかどういう構造で収納されてるのコレ・・・w
robotamakenpufa-kaihuu (18)
二刀流で。
”KÄMPFER”(ドイツ語で「闘士」)なんだし、格闘戦主体の戦闘も見てみたいです(機体の仕様的に、ほとんど特攻みたいなもんですが・・・。)
robotamakenpufa-kaihuu (19)
バーニアエフェクトは6個(直軸4個、曲軸2個)付属。全身のバーニアは全てにエフェクト用の穴が設けられており、取り付けが可能です。
robotamakenpufa-kaihuu (20)
もう何が何やら・・・^^;
他製品も合わせて数が揃ったら全身にぶっ挿しとかやってみたいですねーw AGE-FXのバーストモードっぽくなりそうw
robotamakenpufa-kaihuu (21)
〔モビルスーツ、高速移動中!住宅街へ向かっています!〕
ロボ魂だと魂OPTION ACT BUILDINGに対して大き過ぎるので遠近法で誤魔化す・・・。まぁ街中で怪獣の如く暴れるケンプファーの巨大感を演出するには良いですけども。
robotamakenpufa-kaihuu (22)
「んぉ!?何ィッ!!?」
robotamakenpufa-kaihuu (23)
ただでさえ紙装甲なのに至近距離でガトリングは流石にNG
robotamakenpufa-kaihuu (24)
文字通り、蜂の巣に。
robotamakenpufa-kaihuu (25)
ちーん。
NT-1「(この後 どうしよう・・・。)」
robotamakenpufa-kaihuu (26)
クリスがサーベルで応戦していたら、こんな光景もあり得ていたのかも・・・。これはこれで観たかった様な。
robotamakenpufa-kaihuu (27)
という訳で、ロボ魂のケンプファー ver. A.N.I.M.E.でしたー。
ver. A.N.I.M.E.だけあって安定の出来ですね~。設定画そっくりのプロポーションと造型に、多数のオプション付属でかなり楽しめます。これは買いですよ!!頭頂部パーツが緩いのとショットガンのマウント用ジョイントがしっかり固定されないのが残念でしたが、気になるのはそれくらいかなー。調べたところ発売日は2019年の4月20日だそうで、ほぼ1年前なんですよね。なので紹介するには丁度良いタイミングだった・・・かも?(苦笑) 1年も経っちゃうと定価以下で市場に並んでたり、店頭でも中々見掛けないかもしれませんが、是非とも手に取って欲しいですね~!オススメですよ!



>>続きを読む
copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.