よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 観ました
utiagehanabisitakarayokokaramita (1)
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を観たゾ。
本日はバイトも無く(まぁ学校休みだから夕方までに観れば良いんだけども)、新しく度を調整したメガネの受取日だったので、メガネを受け取ってから劇場へGOして、メガネのテストも兼ねて観賞しました。

まどマギも傷物語も知らないので、シャフト制作の劇場アニメは初めてとなりますねー。というか、シャフト作のアニメ自体、ニセコイぐらいしか知らなかったり・・・つまりそれ以来という訳か。

広瀬すずと菅田将暉がメインで声の出演をしてますが、全然 棒じゃなくて安心。寧ろ、初心者らしいアフレコが演技っぽく無くてリアルに感じたりも。何も知らずに観てたら「全然馴染み無い声だけど声優さん誰だろう・・・?」って思ったかもしれません。

原作はドラマ「if もしも」の1993年8月26日に放送された16話目、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」だそうで。1995年には映画化もされたそうですが、オムニバス式ドラマの一話が映画になって、24年後には劇場アニメにもなるなんて・・・中々凄いですね(ドラマの監督、脚本を担当した岩井俊二氏の評価と知名度を一気に上げたそうで。) 生まれる前の作品ですので、当然 原作については一切 知りません。タイトルが近年のラノベみてーだなー、とか思いましたが、if もしものサブタイは「〇〇か、××か」という形式になってるんですよね。
ストーリーは個人的には普通かなぁ。面白いとか面白くないとかじゃなくて、普通。上手く説明し辛いけど、普通の映画でした、って言うのが自分の中では一番 的を得てる気がする・・・^^; それはそれで普通って何だよ(哲学)って話になっちゃうんですが・・・w 原作を知らないので比較は出来ないけど、時代設定がちぐはぐな感じはしましたね・・・原作そのままにしちゃったのかな、って。そこは24年も経ってるんだから、上手く改変して欲しかったなぁ。あとラストはう~ん・・・?ってなりました。個人的に映画って余韻も大事だと思うので、最後がよく分からないまま終わっちゃうと頭が「?」ってなった状態で劇場を出る事になるので・・・そこは何だかなぁ、と。
タイトルからして想像つくでしょうが、夏の話です。なので夏が終わるまでには劇場で観ておきたい作品ですねぇ・・・少なくとも自分は、この時期だからこその良さもある様に思いました。

背景美術は非常にリアルで、物語に引き込まれます。やっぱり美しい背景美術は劇場作品だからこそだよな~、としみじみ。なおウィンドファーム(集合型風力発電所)が登場したのでもしや・・・?と思ったらやっぱり、舞台は銚子でした!ウィンドファーム、アマガミでもお馴染みですね~w 菅田将暉(フィリップ)が声を担当してるから、仮面ライダーWの風都を意識した・・・訳ではないでしょうね、うん(笑)


綺麗な背景美術や雰囲気から「君の名は。」的なのを期待して観に行ったら、思ってたのと違ってた!という評判も目にしますね・・・。とりあえず、
君の名は。とは根本的に違います
とだけは伝えておきましょうかねー。ジブリの「風立ちぬ」がトトロ的な内容なのかと観に行ったファミリー層から不評だった、という話を思い出しましたw

utiagehanabisitakarayokokaramita (2)
打ち上げ花火~w

>>続きを読む
copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.