よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
CAPSULE ACTION ザクⅡ
kapuseruakusyonzaku2 (1)
プレミアムガシャポンのCAPSULE ACTION、第2弾にはザクⅡが登場!ガシャポンではなく箱売りの方を試しに1個 買ってみたらカラーver.の方が当たったので、紹介しときます。ちなみにラインナップはカラーver.とメカニカルクリアの全2種です。
価格は1回(1個)1500円。
>>続きを読む
MOBILE SUIT ENSEMBLE25
MSansanburu25 (1)
1つ 怖気付いて後悔する将来よりも
2つ 殻破って進めば広がる世界

>>続きを読む
ゴジラ ポスターアクリルスタンド
goziraposuta-akusuta (1)
ここ最近よく見掛ける様になったガシャポンのポスターアクリルスタンドシリーズにゴジラも登場!平成シリーズの7作品のポスターイラストがアクスタになりました。てな訳でゴジラ ポスターアクリルスタンドの紹介です。
1回300円の全7種で、今回は全種類 欲しかったので最初から全種セットを購入しコンプしております。
goziraposuta-akusuta (2)
ゴジラ
メカゴジラの逆襲から世界観もまるっとリセットされ、9年ぶりに公開となった84年版ゴジラ。平成シリーズの1作目としてカウントされる事が多いですが、1984年(昭和59年)公開なので厳密には昭和作品というね・・・w
goziraposuta-akusuta (3)
ゴジラvsビオランテ
1989年12月16日公開。今までに無かったバイオ怪獣が登場するのが新鮮です。ストーリーも児童向け怪獣映画ではなくリアル志向で描かれている為、その完成度の高さは評価される事が多いものの人を選ぶ作品、という印象。自分も高校生の頃に改めて観てみたら凄く面白かった記憶が😄
goziraposuta-akusuta (4)
ゴジラvsキングギドラ
1991年12月14日公開。大人気怪獣のキングギドラが登場し、この人気怪獣を登場させる路線はモスラ、メカゴジラと続く事となります。23世紀から来た未来人が登場しタイムトラベルによる過去改変でゴジラ誕生の歴史を変え消滅させようとする等、SFチックな要素が多い作品ですが、一方で思いっきりタイムパラドックスが生じていたりと荒も目立ちます😓 まぁ面白ければOKぐらいのノリで観ましょう(笑)
goziraposuta-akusuta (5)
ゴジラvsモスラ
1992年12月12日公開。モスラが登場するという事で、平成シリーズの中では一番 ファミリー向け作品かな、と。ただしテーマは”環境破壊”と”家族愛”だったりします。一連の出来事を通して主人公が元妻と関係を修復していく展開は幼少期に観た時も「これゴジラでやる事なん?」と感じた記憶が・・・^^; 観客動員数は平成以降(ミレニアムシリーズも含む)のゴジラシリーズ中 最多で、「シン・ゴジラ」に更新されるまでずっとトップでした。
goziraposuta-akusuta (6)
ゴジラvsメカゴジラ
1993年12月11日公開。シリーズ20作目にして、ゴジラ生誕40周年記念作品でもあります。人類側が製造しかつ防衛兵器として操るメカゴジラが初登場(それまではメカゴジラは侵略宇宙人による”敵ロボット”でしたので。) これまでの平成シリーズ同様にゴジラは人類の脅威として描かれているものの、どこかゴジラ側に感情移入させられる演出が特徴的で、本作の見所でもあると思ってます。ゴジラは倒すべき敵なんだけど、倒そうとしている人類側の方が悪に見えてくる様な・・・。最後は「ゴジラってやっぱ強ぇわ😂」でスッキリ終わります(笑)
goziraposuta-akusuta (7)
ゴジラvsスペースゴジラ
1994年12月10日公開。平成シリーズでは初の宇宙怪獣であるスペゴジが登場。また平成シリーズで唯一、ゴジラが人類側の味方として演出された作品でもあります(厳密には敵の敵は味方、ぐらいの感じですが・・・。) 他にも平成シリーズに通しで登場している三枝未希の恋愛劇も盛り込まれたりと、当作独自の要素も多いです。
goziraposuta-akusuta (8)
ゴジラvsデストロイア
1995年12月10日公開。キャッチコピーの「ゴジラ死す」の通り、ゴジラが死にます(城之内死すみたいなネタバレw) ド派手なバニゴジに初代ゴジラから繋がる要素、メルトダウン問題等 見所も沢山です。なお平成シリーズ最終作として制作されたものの、結局 僅か4年後には2000 ミレニアムが公開される結果に(苦笑)
goziraposuta-akusuta (9)
実際に手にしてみて驚いたのが、意外とアクリルに厚みがあるんですよね。ガシャポンだと侮るなかれ、全然 ちゃっちい出来じゃなかったです。
goziraposuta-akusuta (10)
裏面には特に印字等は無し。
goziraposuta-akusuta (11)
ソフビパペットマスコットとサイズ比較。丁度良い比較対象がこれぐらいしか無かった・・・w 大体 6cm手前ぐらいです。
goziraposuta-akusuta (12)
全種類 並べて。
やっぱこうやって揃ってると圧巻ですね~♪
goziraposuta-akusuta (13)
goziraposuta-akusuta (14)
goziraposuta-akusuta (15)
goziraposuta-akusuta (16)
goziraposuta-akusuta (17)
HGD+(最後のバニゴジとデストロイアはHGX)と一緒にディスプレイしてみる。サイズ的に小さめのフィギュアに限られてくるものの、同じガシャポン同士で合わせると良い感じに。
goziraposuta-akusuta (18)
以上、ゴジラ ポスターアクリルスタンドでした!
思ってたよりもアクリルが分厚かったのに驚きました。これで300円なら充分かと😊 これは是非とも昭和シリーズやミレニアムシリーズの方も発売して欲しいですね~。ミレニアムシリーズはシンゴジまで含めれば7作品あるので、同じ様に全7種で出せそうですが。ともかく次弾にも期待です!



MOBILE SUIT ENSEMBLE16.5 その2
MSansanburu16・5-2 (1)
「サヨナラだ、女ァ!!」
>>続きを読む
MOBILE SUIT ENSEMBLE16.5 その1
MSansanburu16・5-1 (1)
盛り盛りHi-ν
>>続きを読む
仮面ライダーシリーズ レジェンドライダー カプセルラバーマスコット
rezyendoraida-kapurabamasu (1)
ガシャポンの歴代 仮面ライダーシリーズのラバマス、仮面ライダーシリーズ レジェンドライダー カプセルラバーマスコットの紹介です。
1回300円で、今回は全10種の中から好みの5種類をメルカリでつまんで入手しました。まぁ単に店頭で見掛けなかったからというのもありますが・・・(苦笑)
rezyendoraida-kapurabamasu (2)
ラインナップは「龍騎」より龍騎と王蛇、「555」よりファイズとカイザ、「エグゼイド」よりエグゼイドとゲンム、「ビルド」よりビルドとエボル、「ゼロワン」よりゼロワンと滅の、5作品から2名ずつ、全10種です。主役ライダーともう1名はサブライダーではなくライバル枠から選ばれている様で、ナイトではなく王蛇、クローズではなくエボル、バルカンではなく滅となっています。
rezyendoraida-kapurabamasu (3)
仮面ライダーファイズ
今年で放送20周年を迎えた555からはファイズとカイザが収録。右脚のエナジーホルスターにファイズポインターをマウントしクリムゾンスマッシュを放つ直前のお馴染みの構えですね~。複眼(アルティメットファインダー)のディティールが無いのでのっぺりして見えますが、逆にあったらあったで くどく感じそうなのでデフォルメも難しいなぁ・・・。
rezyendoraida-kapurabamasu (4)
仮面ライダーカイザ
今回 購入するきっかけとなったのは、こちらのカイザが収録されていたからなんですよね(笑) 第1弾からラインナップするとかカイザ凄過ぎない?(つまり俺凄い。) 仮面ライダーのラバスト化も珍しいですが、まさかカイザがそうなるなんてねぇ・・・しかもガシャポンで!カイザ推しとしては嬉しい限りです😋
rezyendoraida-kapurabamasu (5)
仮面ライダービルド ラビットタンクフォーム
ビルドは10年ぶりぐらいにリアタイで追って全話視聴した作品なので思い入れも深いです(フルボトルもほぼ全種 集めたしねw) なおエボルはそこまで好きな訳ではないので入手しませんでしたw クローズだったら揃えてたんだけどなぁ。
rezyendoraida-kapurabamasu (6)
仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー
お馴染みの「俺DA☆!」ポーズです。ジオウは途中リタイアしましたがゼロワンはまたリアタイで追っていた作品なのでこちらもすこです。というかゼロワン以降は一切 追ってないので、自分の中では未だにゼロワンが最新作だったり(苦笑)
rezyendoraida-kapurabamasu (7)
仮面ライダー滅 スティングスコーピオン
カイザ同様、こちらもラバスト化はかなり貴重じゃないでしょうか(サブライダーでも優先度的にはバルカン辺りになるでしょうし。) アタッシュアローや全身の装甲も細かく色分けが再現されていてカッコイイです。
rezyendoraida-kapurabamasu (8)
一応、裏面も。
rezyendoraida-kapurabamasu (9)
見比べてみると©マーク(コピーライト)の記載がファイズとビルドは”I・T”ですがゼロワンは”2019 I・T・A・T”となってますね。そもそものI・Tが何のこっちゃって感じですが、ゼロワンではA・Tが追加されてるのも何なんでしょうね(令和だと異なるのか?) 調べても全くヒットせず分かりませんでした・・・。
rezyendoraida-kapurabamasu (10)
虹ヶ咲のカプセルラバーマスコットとサイズ比較。
ご覧の通り、ちょっと小さめなんですよねー。カプセルラバマスと同額でこれなので、ちょっと割高に感じてしまいますね・・・(汗 折角 出来は良いだけに惜しいです。
rezyendoraida-kapurabamasu (11)
ギスギスした関係のくせに戦闘時は抜群のコンビネーションを発揮する2人。ずっと変身してろw
rezyendoraida-kapurabamasu (12)
最終的には和解する社長と滅パパ。案外 ライジングホッパーでは滅と戦った場面は少なかった気がする。
rezyendoraida-kapurabamasu (13)
ビルドだけぼっち状態なので、こちらはアクリルロゴディスプレイと一緒にパシャリ。
rezyendoraida-kapurabamasu (14)
rezyendoraida-kapurabamasu (15)
推しライダーという事で、デフォルマイスタープチの台座を使用してディスプレイ。上でも書きましたがカイザのラバストがガシャポンで出るなんて・・・良い時代になったもんだ😂 ホント20周年 様様ですな~。
rezyendoraida-kapurabamasu (16)
最後は全員で並んで終わり。

以上、仮面ライダーシリーズ レジェンドライダー カプセルラバーマスコットでしたー。
サイズだけちょっと小さめなのが不満ではあるものの、総じてクオリティは高くデフォルメの度合いも丁度良いバランスでした。恐らく今後も続弾が発売されるのでしょうが、一つの弾につき5作品からの主役ライダーとライバル枠を選出するとなると、4弾が出る頃には平成シリーズは揃う事になるのかな(令和シリーズも挟んでくるかもしれませんが。)



copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.