よほほんの趣味日記
                                                                    よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
名探偵コナン ゼロの執行人 観ました
konanzeronosikkounin (1)
konanzeronosikkounin (2)
劇場版コナンの「ゼロの執行人」 観て来ました~!

なんか土曜日の昼(しかも公開翌日)だってのにガラガラだったんですが・・・(汗 

内容はガッツリ

公安の話!って感じでした。


それしか言う事がありません。ひたすら公安ガー公安ガーって言ってます。途中では「公安とは何ぞや?」という説明も入るぐらいです。
妃英理の登場は12年ぶりとの事。確かに、ここ10年は出てなかった気がするねぇ。出番は割と多めでした。
上戸彩と博多大吉が声を担当するキャラは、棒という訳でもなく全然 気にならなかったので良かったっす。モブなら劇場版お約束の超棒読みの人はいましたが(笑)
話のテンポがちょっと悪く感じましたね。盛り上がるのは後半からで、前半はハッキリ言って退屈です。
劇場版お約束の「新オープン、もしくはオープン前の大施設は被災する」は今作でもそうでした(メタ的な話をすると、壊す為に登場させてますからねw) 安定の治安の悪さですね。
安室の主役作という事で、腐女子受けする様な演出とかあったらアレだな~、と思ってましたが、特にそんな事は無かったです。でも腐女子的には安室とコナンが2人で行動してるだけでもキャーキャーなるのかしらw?

以下、ネタバレになりそうな点は伏せで↓
安室の主役作と言っても、盛り上がってくる後半からが出番はメインで、前半はほとんど裏の存在です。風見さんの方が印象に残ってるのよね・・・^^;
小五郎のおっちゃんも全編通してほぼ空気。というか被害者・・・。英理の前では中々のイケメンぶりでしたが、少しは活躍シーンも欲しかったぜ。
冒頭のキャラ紹介で平次は省かれてました。・・・つまり、そういう事です^^;
今作の危機は規模がデカいです。施設が壊れるからみんな逃げろー!とかそんなもんじゃない。15万人が被害対象です。予告を見て衛星が落下するのは予想 出来てましたが、実際には衛星ではなく、積まれたカプセルというね。
そしてそんな大災害を阻止するべく、少年探偵団も阿笠博士も活躍します。特に博士は超偉大です。まぁ発明品はいつも大活躍ですしね。
ミスリードはあり自分も引っ掛かりましたが、推理要素はほぼ皆無。かといって過去作と比べるとアクションシーンが凄まじかったという訳でもないので、ちょっと消化不良気味。


上映終了後、前の席の女子2人は「・・・つまりどういう事?」「難しかった~」とか話してたので、万人受けする内容ではないかも。自分もどんどん話が進んで、ちょっと置いてけぼりされてる感覚になりましたし。去年一昨年も劇場版コナンは2回観てるんですが、今年はいいかなぁ・・・。

今季アニメの話ー
今季で観てるアニメの話をしますかね。つっても2作品しかないけど。アニメカテゴリの記事を書くのが去年の8月以来というのが驚き。すっかり観なくなっちゃったもんなぁ。

birudodaiba-zu.jpg
ガンダムビルドダイバーズ
まず思ったのはOPが微妙だな~、と。盛り上がりに欠けるというか・・・OPならもうちょいインパクトは欲しかったかな(スルメ曲な気がしない事もないけど。) 今作はノリというか雰囲気が子供向けになりましたね~、如何にも夕方アニメって感じです。でも内容はガッツリ ガンダムしてますね。登場MSもネタもGBFの時みたくマニアックですw ただ何が駄目とかは無いんですが、GBF程は引き込まれない感じかなぁ。前作は”バトル”だったのに対し、今作は”ゲーム”だからハラハラしないというか・・・単に自分がゲームに馴染みがないからかw?まぁまだ2話ですので、これからに期待っす!
syutage0.jpg
STEINS;GATE Ø
シュタゲのアニメは2011年の4月からだったので、7年の時を得ての続編(世界線が違うので厳密には続いてはいませんが)となりますね!もう4月も中旬ですが、やっと1話が放送されました。掴みとしては良い1話だったと思います。続編なので当然ではありますが・・・作中は未だに2010年なんですね^^; 印象的だったのは、季節が冬だったり、オカリンが普通の人になってたりと、前作とはめっきり差別化されていた事です。キャラクターの服装や雰囲気も変わってましたね(ダルは相変わらずで安心しましたw) あとまさか鈴羽の母親が登場するとは思わなかったゾ。普通に驚いたわ。これから話がどう動いて行くのか、楽しみでもあり、少し怖かったりもします(前作以上にシリアス強めな気がするし・・・。)


やっぱ自分が既に知ってる作品のシリーズ、続編だと安心して視聴 出来ますね。多分 自分がアニメを全然 観なくなったのは、新アニメの内容やキャラの把握をするのに疲れてしまったからだと思うんですよね。それでいてアタリハズレもありますし・・・。なのでもう自分は、ジャンルの新規開拓をする事はほぼ無いんじゃないかなー。娯楽なのに疲れちゃうのは嫌だからね。



打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? 観ました
utiagehanabisitakarayokokaramita (1)
「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を観たゾ。
本日はバイトも無く(まぁ学校休みだから夕方までに観れば良いんだけども)、新しく度を調整したメガネの受取日だったので、メガネを受け取ってから劇場へGOして、メガネのテストも兼ねて鑑賞しました。

まどマギも傷物語も知らないので、シャフト制作の劇場アニメは初めてとなりますねー。というか、シャフト作のアニメ自体、ニセコイぐらいしか知らなかったり・・・つまりそれ以来という訳か。

広瀬すずと菅田将暉がメインで声の出演をしてますが、全然 棒じゃなくて安心。寧ろ、初心者らしいアフレコが演技っぽく無くてリアルに感じたりも。何も知らずに観てたら「全然馴染み無い声だけど声優さん誰だろう・・・?」って思ったかもしれません。

原作はドラマ「if もしも」の1993年8月26日に放送された16話目、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」だそうで。1995年には映画化もされたそうですが、オムニバス式ドラマの一話が映画になって、24年後には劇場アニメにもなるなんて・・・中々凄いですね(ドラマの監督、脚本を担当した岩井俊二氏の評価と知名度を一気に上げたそうで。) 生まれる前の作品ですので、当然 原作については一切 知りません。タイトルが近年のラノベみてーだなー、とか思いましたが、if もしものサブタイは「〇〇か、××か」という形式になってるんですよね。
ストーリーは個人的には普通かなぁ。面白いとか面白くないとかじゃなくて、普通。上手く説明し辛いけど、普通の映画でした、って言うのが自分の中では一番 的を得てる気がする・・・^^; それはそれで普通って何だよ(哲学)って話になっちゃうんですが・・・w 原作を知らないので比較は出来ないけど、時代設定がちぐはぐな感じはしましたね・・・原作そのままにしちゃったのかな、って。そこは24年も経ってるんだから、上手く改変して欲しかったなぁ。あとラストはう~ん・・・?ってなりました。個人的に映画って余韻も大事だと思うので、最後がよく分からないまま終わっちゃうと頭が「?」ってなった状態で劇場を出る事になるので・・・そこは何だかなぁ、と。
タイトルからして想像つくでしょうが、夏の話です。なので夏が終わるまでには劇場で観ておきたい作品ですねぇ・・・少なくとも自分は、この時期だからこその良さもある様に思いました。

背景美術は非常にリアルで、物語に引き込まれます。やっぱり美しい背景美術は劇場作品だからこそだよな~、としみじみ。なおウィンドファーム(集合型風力発電所)が登場したのでもしや・・・?と思ったらやっぱり、舞台は銚子でした!ウィンドファーム、アマガミでもお馴染みですね~w 菅田将暉(フィリップ)が声を担当してるから、仮面ライダーWの風都を意識した・・・訳ではないでしょうね、うん(笑)


綺麗な背景美術や雰囲気から「君の名は。」的なのを期待して観に行ったら、思ってたのと違ってた!という評判も目にしますね・・・。とりあえず、
君の名は。とは根本的に違います
とだけは伝えておきましょうかねー。ジブリの「風立ちぬ」がトトロ的な内容なのかと観に行ったファミリー層から不評だった、という話を思い出しましたw

utiagehanabisitakarayokokaramita (2)
打ち上げ花火~w

>>続きを読む
魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女 観ました
gekizyoubanmahoukarettousei.jpg
「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」 観て来ました~!

この手の深夜アニメの劇場版は公開劇場が少ないという事がほとんどですが、この劇場版さすおには公開劇場が多く、自分の地域の映画館は3箇所も公開していて驚きました。流石 お兄様!
アニメも観てましたがあれって2014年の春、夏アニメでしたか・・・。もう3年経ったのか、早いなぁ・・・。

映画の感想ですが・・・

さすおに

でした。
いや、ネタとかじゃなくて。マジで さすおに。他に言う事 無いもん。「どういう内容だった?」って聞かれたら「さすおに だった」としか答えられない。どういう事?って思う人は自分で観に行ってみて下さい、さすおにですから。

あ、入場者特典の小説は配布終了してました。流石 お兄様!もう木曜日だもんねー、まぁ別にいらないから良いんだけど。2週目はミニ色紙らしいですよ。

花ハ踊レヤいろはにほ
アニメの作品自体は知らないけど、OPは知ってる、・・・というのは誰しも一つや二つあるかもしれません。例えばエヴァンゲリオン。OPの「残酷な天使のテーゼ」は有名ですが、エヴァ自体は観た事無い、という人もいると思います。あとはアクエリオンも、OPの「創聖のアクエリオン」は有名だと思いますが、アニメは観た事無い、という人は多いんじゃないかと。
hanahaodoreyairohaniho (1)
今回 紹介するのは、ハナヤマタのOPである「花ハ踊レヤいろはにほ」です。ハナヤマタは2014年7月~9月に放送されていましたが、自分は一切 観た事がありません。しかしOPのこの曲は知っており、こうしてCDを買うぐらい好きです!
hanahaodoreyairohaniho (2)
キャラは名前も一切分かりません・・・w
hanahaodoreyairohaniho (3)
裏面には中の人が。声優に疎いワイ、ゆかちんとぬーさんしか知らない模様・・・^^;
hanahaodoreyairohaniho (4)
開くとこんな感じ。

short ver.(OPサイズ)の試聴動画を貼っておきますね。

作詞はラブライブ!楽曲でお馴染みの畑亜貴氏です!実際、”それっぽい”フレーズが多いですよ(笑)


アニメを観てなくても曲は好き!ならCDも買っちゃうか!・・・っていうのも全然アリだと思います。というか、世の中に存在している楽曲って、大抵は何かしらのタイアップ曲だったりしますが、自分が好きな曲が何に使われた曲かなんて一々把握してる人も少ないでしょうし(アーティストで曲を選ぶなら猶更ねー。)
「ハナヤマタ」自体は特に興味湧かないんですよね~・・・。ニコ生の一挙で放送するんなら観てみようかな、ぐらいですw 楽曲がきっかけで知ったアニメも自分は結構あるので、ハナヤマタもいずれ機会があれば観ておきたいところ。



渡月橋 ~君 想ふ~ (名探偵コナン盤)
kurakimaitogetukyou (1)
今年のコナン映画、「から紅の恋歌」の主題歌、倉木麻衣の「渡月橋 ~君 想ふ~」を購入!
買ったのは”名探偵コナン盤”で、850円と通常のCDよりもお安い価格に。なお他にCDとDVDがセットの初回限定盤、Time after timeのREMIXが収録された通常盤、色々と特別な仕様になってるらしいFC&Musing盤があります。
kurakimaitogetukyou (3)
倉木麻衣はすっかりコナン専属歌手というイメージが大きいですが、タイアップした曲は21曲で同一アニメでの最多主題歌担当になるそうで!ギネスへも申請してるそうです。
kurakimaitogetukyou (2)
ステッカーも封入されています。初回特典という訳ではないみたいです(”名探偵コナン盤”自体が初回限定生産なのかな?)
kurakimaitogetukyou (4)
”名探偵コナン盤”という事で、ジャケ絵も映画のシーンを使用したものに。かるた札に写ってるのは作中でも同じ様な演出がありましたね。
kurakimaitogetukyou (5)
和葉のこのシーンは特報の映像のみで、映画本編では使われて無かった様な。コナン映画は予告だけに使われてる映像やセリフが結構あったりしますよね。
kurakimaitogetukyou (6)
裏面には映画で登場したあのキャラが佇んでいます。
kurakimaitogetukyou (7)
収録曲はメイン1曲とそのインストというシンプルな構成。CP曲は一切ありません。その分、価格が安いんですね~。
kurakimaitogetukyou (8)
ディスクはこんな感じ。
kurakimaitogetukyou (9)
21作コラボレーションスペシャルロゴ特大ステッカー。ジャケットとほぼ同サイズで、めっちゃデカいですw

一応、試聴動画も貼っておきましょう。

「から紅の恋歌」と同様に平次&和葉がメインで京都が舞台の「迷宮の十字路」の主題歌、「Time after time~花舞う街で~」と合わせて聴くのがオススメです♪インストではサビ部分に歌が入ってるのは驚きました!コーラスみたいな扱いなのか?

なお倉木麻衣がコナンの映画の方の主題歌を担当するのは「漆黒の追跡者」の「PUZZLE」以来、8年ぶり!!当時、自分はまだ小6でしたよ・・・観に行ったのが懐かしいなぁ。ちなみに映画だとB’zが一番 主題歌を担当しています(2017年現在、5回。) 



copyright © 2018 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ