よほほんの趣味日記
                                                                    よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
トイガン購入!
eakokimaruiM92Fkounyuu (1)
先週にSIISのエアコキのP99を買ったばかりですが、Amazonで2000円だったので東京マルイのエアコキのM92Fミリタリー(10禁)を購入~。
パッケージの写真は消えてしまったので無いです。
eakokimaruiM92Fkounyuu (2)
eakokimaruiM92Fkounyuu (3)
「M92Fミリタリー」はあくまで商品名で、正確にはベレッタ92(M9)ですね。自分は既にシルバーモデルを持っていますので、特に紹介する点はありません。
M9と言えばハンドガンの中でも非常に有名な物で、「ダイ・ハード」「ターミネーター」「コマンドー」「バイオハザード」「ミッション:インポッシブル」「マトリックス」「ブラックホーク・ダウン」「エクスペンダブルズ」等々・・・多数の映画の銃撃シーンに登場しています。M9が登場しない銃撃シーンの方が珍しいのでは。前述した様に既にシルバーモデルを持ってますので、ガスガンで買おうかとも思ってたんですが、結局 エアコキを買っちゃいましたw
eakokimaruiM92Fkounyuu (4)
マガジン。装弾数は22発。
eakokimaruiM92Fkounyuu (6)
ハンマーはダブルアクション式で、スライドストップがセーフティレバーとなっています(ハンマーが下りてる時に使用可能。)
eakokimaruiM92Fkounyuu (5)
トリガーの可動と連動してトリガーバーも一緒に動きます。
eakokimaruiM92Fkounyuu (10)
フィールドストリッピングも可能。
eakokimaruiM92Fkounyuu (7)
親戚であるM8000クーガーGと。
デコッキングレバーやハンマーの形状、グリップ周りのデザインが似てますね。
eakokimaruiM92Fkounyuu (8)
マガジンはそっくりです。流石に互換性はありませんが。
eakokimaruiM92Fkounyuu (9)
シルバーモデルと並べて。
ノーマルとシルバー、両方のモデルを持つトイガンは後にもこのM9ぐらいだろうなぁ、自分の場合。
eakokimaruiM92Fkounyuu (11)
スライドを入れ替えてみたり。シルバースライドはカッコイイですが、ブラックスライド(?)はまずそういうのが存在してるのかが不明・・・^^;
eakokimaruiM92Fkounyuu (12)
スライド内のバレルやマガジンも入れ替えてミックスモデルに。
eakokimaruiM92Fkounyuu (13)
シルバーモデルの一部が黒になってるの、結構 良い感じ!
腕がある人はフレームを分解してハンマーやマガジンキャッチも交換してみると、よりアクセントになりそう。
eakokimaruiM92Fkounyuu (14)
てな訳で、マルイのM92Fミリタリーでしたー。
精度や飛距離は安定のマルイと言ったところですね。有名なハンドガンという事もありますし、何かしらのエアガン欲しいけど種類が多くてどれを買えば良いのか分からない、という人はとりあえずコイツを選んどけば間違いないと思います。クーガーGのローティング・バレルの様な独自の特徴がある訳ではありませんが、品質、ギミック共に「安定した出来」の一言に尽きますね。まだ持ってないという人にもオススメですよ~。



トイガン購入!
eakokis2sP99kounyuu (1)
SIISのエアコキのワルサーP99(18禁)を購入しました。
SIISと言うと例の件があったメーカーで、「当分はSIIS商品には手を出さない事にしますわ」なんて言ったのにも関わらず、わずか3ヶ月半で再び買ってしまいました・・・(苦笑) だってレビューとか動画 見ても良さげだったしぃ~、ね?
価格は2867円でした。
eakokis2sP99kounyuu (4)
ワルサーP99と言えばジェームズ・ボンドやルパン三世が使用してる事で有名ですね~(もっとも、2人とも別のワルサーの方が印象深いですが。) パケ裏の解説にも007の事であろう文章がw
eakokis2sP99kounyuu (2)
開封。相変わらず発泡スチロールは形状が合ってませんw
eakokis2sP99kounyuu (3)
シリーズ共通の14mm逆ネジ・サイレンサー・アタッチメントと6mmBB弾100発が付属します。
eakokis2sP99kounyuu (5)
eakokis2sP99kounyuu (6)
独特のフォルムがカッコイイP99。SIISエアコキという事で持つとズッシリ!あとグリップの一部も金属製で、触るとヒンヤ~リ。今みたいな冬場だとキンキンに冷えてます(苦笑)
eakokis2sP99kounyuu (7)
商標登録の関係上、「WALTHER」ロゴの刻印は省かれてます。そして横には小さいaの文字が追加されているという、どこぞのゴミと同じ仕様に・・・うっ頭が!
グリップの方の刻印も省かれてます。
eakokis2sP99kounyuu (13)
マガジンはシリーズ共通の2本付属。相変わらずウェイトの塊で、ズッシリと重い!!!
装弾数は12発との事ですが、一応13発目も入ります(さらに言えば14発目も入るには入ったり。ただ詰まってコッキングが出来なくなるので、使用は無理ですが。)
eakokis2sP99kounyuu (11)
トリガーはちょっと遊びがありますね。
eakokis2sP99kounyuu (12)
引ききるとこんな感じ↑です。
eakokis2sP99kounyuu (8)
トイガンオリジナルのセーフティは裏面のフレーム横にあり、ツマミを回転させるとトリガーがロックされます。
eakokis2sP99kounyuu (9)
マガジンキャッチはトリガーガードの根元という独特な位置に。アンビタイプで、レバーを押し下げる方式なので使いやすいです。
eakokis2sP99kounyuu (10)
バックストラップは別パーツで外れるっぽいですが、別の種類が付属する訳ではないので交換は出来ず。
eakokis2sP99kounyuu (19)
アンダーマウントレイルはアダプターがないと使用出来ず。
AmazonでマルゼンのP99用アダプターが1200円で売ってたから、買ってみようかしら。
eakokis2sP99kounyuu (20)
付属のサイレンサー・アタッチメントを取り付けた状態。
自分は使わないけどなっ!
eakokis2sP99kounyuu (14)
eakokis2sP99kounyuu (15)
P99の特徴であるコッキングインジケーターもしっかり再現されています!コッキングするとスライド後面に赤いストライカーが露出し、発射と連動して内部に収納(?)されます。
eakokis2sP99kounyuu (16)
そしてSIISエアコキの特徴のホールドオープン。
eakokis2sP99kounyuu (17)
ショートリコイルもしますよ。良いねぇ~。
eakokis2sP99kounyuu (18)
エジェクションポートも開きます。
eakokis2sP99kounyuu (21)
フィールドストリッピングも可能です。
コッキングインジケーターのギミックがあるので内部構造は複雑になってるのかと思いきや、シンプルな構造でちょっと意外でした。

P99は東京マルイからも電ブロで発売してますが、あちらはフルオートシリーズとかいう実銃無視の謎のフルオート機能を搭載しており個人的には好かないので・・・お手軽なエアコキかつギミック満載のこのSIISのP99は個人的にドンピシャの商品でした。
飛距離や集弾性は同社のグロックと変わりませんねー。まぁ個人的に性能の方は重視してないですし、気にしませんけど。ただやたらと給弾不良が多い様な・・・?チャンバーにBB弾が上手く送られず、空撃ちになる事が多いです。う~ん、なんだこれ~?と思いながらホールドオープンした状態でマグチェンジ、スライドストップを解除すると・・・弾が送り込まれない!!通常のコッキングは給弾不良が起こったり起こらなかったりですが、ホールドオープン状態から解除すると確実に弾が送り込まれず空撃ちになる事が判明・・・。
え、えぇ・・・(汗
マジかぁ~。まさかの2連続で不具合・・・(白目) このメーカー、マジでヤバいやつ?でもなぁ~、レビューでも動画でもそんな事なるなんて言ってる人いなかったけどなぁ~?それに他の部分は良く出来てるし、この件も手を加えれば改善 出来そうだし。
・・・てな訳で、追記で内部パーツを加工して、この症状を改善しまする!



>>続きを読む
AIRSOFT ZONE DELTAでバンバンシューティング(2017.10.13)
久々にAIRSOFT ZONE DELTAを利用して来ました!前回 行ったのが7月12日なので、3ヶ月ぶりとなりますねー。つっても、これが3回目ですがw
今回は友人のY君(以前に一緒にガンプラEXPO行ったりしたオタ友)も一緒です。なので射撃動画を撮ろうかなー、と思ってたんですが、今回は無し。まぁ、他のお客さんもいたしね・・・。
あと写真も全然 撮ってなかったり・・・^^; セーフティエリアがハロウィン仕様になってたんですが、撮るの忘れましたorz 一応、写真はDELTA公式のfacebookで見れます→

勿論、今回も目的はシューティングレンジで撃ちまくる事ですので、「スピードシューティングレンジ」を1時間で利用。
derutadeuttekita171013 (1)
・・・と、その前に。同フロアにあるASOBITCITYで電ブロのグロック18Cのマガジンが2つ売っていたので、思わず衝動買いしてしまいました。何たってコレ、ネットでも全然 見掛けないし、アキバの大きいガンショップですら取り扱ってないぐらいのレア商品なんですよ!!まさかこんなタイミングで出会うとは思いもしませんでした・・・たまげたぜ。金欠の身ではありますが、この機会を逃す訳にはいかなかったので良しとします。
derutadeuttekita171013 (2)
価格は1本432円です。
・・・そういや前回 来た時も、ELEX9のマガジンを2つ買ったんでしたっけw
derutadeuttekita171013 (3)
そして本日 持って来た銃達。

・クラウン 電動ガン ELEX9
・東京マルイ 電動ブローバック SIG PRO SP2340
・東京マルイ 電動ブローバック グロック18C 
・東京マルイ エアーコッキング M8000クーガーG
・東京マルイ エアーコッキング H&K USP 
・SIIS エアーコッキング グロック17

の、6丁。我ながらいっぱい持って行きましたねーwww 受付のお姉さんにも「沢山ありますね!」「1つ下さいよー」とか言われましたw まさか売る側の人に下さいと言われるとは・・・w
derutadeuttekita171013 (4)
なお友人のY君は、18禁の電動ガンをレンタル(1500円)してました。ひゅ~!ブルジョワ~!
東京マルイの ハイサイクルカスタムのM4 CRWですね。
derutadeuttekita171013 (5)
自分も貸して貰い撃ってみましたが、やっぱハイサイは凄いっすねー!秒間25発は何が何だか分からないw あと跳弾しまくって、飛んできた弾が顎に当たった時は痛かった・・・(泣)
derutadeuttekita171013 (7)
8月末に買ったのでDELTAへ持って来るのは初のSIISのエアコキ グロック。先日 買ったレーザーサイトもマウントして一緒に試してみます。
derutadeuttekita171013 (8)
derutadeuttekita171013 (9)
レーザーサイトはちゃんと調節して合わせてやれば中々使えますね!(合わせるまでが一手間掛かりますが・・・^^;) 的にレーザーを当てて撃てば基本 命中します。これは楽しい♪
またグロックも飛距離は10禁に毛が生えた程度ですが、0.2gのBB弾を使用しているからか、この距離からでもフォーリングプレートを倒せます。10禁だと2、3mの距離まで近付かないと微動だにしないからね・・・(汗
derutadeuttekita171013 (6)
BBローダーは10禁用に0.12gのBB弾で使用している為、グロックの弾込めは手作業です(苦笑)
derutadeuttekita171013 (10)
俺のELEX9を撃つY君。
Y君、レンタルした割には俺の銃ばっかり使ってた様な・・・^^;

受付のお姉さんが言ってましたが、今日は13日の金曜日という事で、19時からゾンビを倒すイベント()があるそうです。ふーん、そーなんだー(無関心)
欲張って6丁も持って来た結果、弾を込めるのがもー、大変大変!弾込めも楽しみの一つではありますが、流石にあの量はね・・・(汗 ELEX9も折角の電動ガンなのに対して撃たなかったし、無理に沢山 持って行く事もないなぁ、と。
カーテンで仕切られた右隣の部屋には電子ターゲットもあるんですが()、スチールプレートを撃つのに夢中になっており、結局 そちらはやらず・・・Y君はちょっとやってましたけど。
受付のお姉さんは電子ターゲットの説明がハチャメチャだったり、Y君の会計時にレジ打ちで5千円を5万円と入力してレシートの記載が凄い事になったりと、天然っぽいけど面白い方でしたw
あと今回、時間を気にせず撃ってたら(てっきり呼びに来てくれると思ってたので)、10分程過ぎてしまい延長料金が発生しちゃいました。額自体は大した事はありませんが、次からは気を付けようと思いました(小並感)

次 行くとしたら来月ですかねー。楽しいですけど、シューティングなら月一で充分かなw

derutadeuttekita171013 (11)
それと千葉ポートタウンの1階にある「3 minutes kitchen」さんでラーメンを注文するとSサイズのドリンクが貰える無料券も貰いました。まぁ、自分は使わないかな・・・。
derutadeuttekita171013 (12)
マガジンが計4本となった電ブロ グロック18C。装弾数は17発なので、×4で計68発に。それだけあれば充分かなぁ。なので これ以上 増やすつもりは無いです。

トイガン購入!
kuraunP2000kounyuu (1)
クラウンのエアコキを買ってみました。ポケットハンドガンというシリーズのP2000です。クラウンのエアコキと言えばリボルバーのイメージが大きいですが、こちらはどんな感じでしょうか。
価格は1200円ぐらいだったかな、珍しく店頭で買ったので正確な値段は覚えてなかったり^^;
kuraunP2000kounyuu (2)
開封。発泡スチロールを使ってないのは良いですね。
kuraunP2000kounyuu (3)
箱から出して最初に思ったのは、小っちゃい!という事。パッケージに「ズボンのすそにかくれてしまうほど小さい!」と書かれてますが、ホントにそれぐらい小さいです。
P2000はH&K USPのコンパクトモデルであるUSPコンパクト・・・のドイツ制式採用版のP10をさらに小型改良した物で、調べたところ全長は173mmとの事。で、このクラウンのP2000の全長を測ってみると・・・むむっ!140mmしかない!!という訳でこのクラウン ポケットハンドガンのP2000は、リアルサイズではない様です。残念ッ!
kuraunP2000kounyuu (4)
P2000の特徴は極力 左右対称のデザインですが、スライドストップも反対側にあります(エアガンだとダミーですけど。)
kuraunP2000kounyuu (13)
スライドには「P2000」の刻印が。「HK」ロゴの方は省かれちゃってますが・・・。
kuraunP2000kounyuu (14)
グリップのチェッカリングや台形のモールドに同じく「P2000」の刻印があるのもしっかり再現されてます。やっぱりHKロゴは無いんだけどね^^;
バックストラップの交換ギミックはありません。
kuraunP2000kounyuu (5)
マガジンも小っちゃい!ちゃんとマグバンパーがあるのは良いですね~。
kuraunP2000kounyuu (7)
リザーブ式で、レール部分の装弾数(発射可能な弾数)は8発です。9発目も装填は可能ですが、コッキング時に引っ掛かったり弾がリザーブタンク内に押し戻されたりするのでやめておいた方が良いかと。
kuraunP2000kounyuu (6)
リザーブタンクは40発入るらしいです。
まぁ自分は使いませんけど・・・。エアコキの、それもハンドガンでリザーブ式って装填 面倒だしジャラジャラ音鳴って好きじゃないんですよ。
kuraunP2000kounyuu (16)
本体が小さい為に、マガジンを装填する際に手のひらの皮が挟まれそうになるのが怖い・・・(゚∀゚lll)
kuraunP2000kounyuu (9)
スライドは何と一体成型!これは驚いた。縁にはパーティングラインがありますけどね。
エジェクションポートは固定です。
kuraunP2000kounyuu (10)
フロントサイトのみ、ドットが彫られてます。
kuraunP2000kounyuu (8)
スライドストップがセーフティとなっています。上げた状態が発射可能状態で、下げるとセーフティがかかってトリガーが引けなくなります。・・・普通 逆じゃね!?(苦笑)
kuraunP2000kounyuu (11)
ハンマーは実銃同様、指掛けが欠けて奥まった形状に。この前のゴミと違ってちゃんと再現してるね!
ただハンマー横にある筈のデコッキングラッチは造型すらありませんが・・・(汗 これは惜しい。
kuraunP2000kounyuu (12)
またハンマーはスライドの後退に合わせて可動するものの、バネによって位置は常に非コックになってしまいます。電ブロのシグプロと同じですねー。
kuraunP2000kounyuu (15)
マガジンキャッチはUSPと同様のアンビタイプ。なので同様に押し下げるとマガジンが落下するのですが・・・下げるというよりも手前に引く感じでした。説明書でも下に押す、って書かれてるんですけどねぇw
kuraunP2000kounyuu (20)
アンダーマウントレイルは幅が小さ過ぎて、オプションを付けようにもトリガーガードにぶつかってしまいます(汗
kuraunP2000kounyuu (19)
また本体がリアルサイズじゃない為に、レイルの幅も小さいです。
P2000のレイルって元々は独自規格だったけどP30の登場以降はピカティニー規格になったんでしたっけ?
kuraunP2000kounyuu (17)
コッキング時のスライドのストロークはこれぐらい。電ブロ並の短さですw
kuraunP2000kounyuu (18)
リコイルスプリングガイドは省かれてます。まぁ普段は見えないからそこまで気にはならないけどさ・・・。

撃ってみると・・・おおっ!?結構ビシッと飛ぶじゃないか!スライドのストロークの短さやトリガープルの軽さから、「撃ってる感」はイマイチ ショボいんですが、それとは裏腹に弾は真っ直ぐビューン!っと飛んで行きます。集団性も良い感じ!これは・・・性能だけならマルイ並では!?(良い意味で)予想を裏切られ、驚きです。

kuraunP2000kounyuu (21)
親戚であるH&K USPと比較。いくらなんでもコンパクトになり過ぎでしょう(笑)
USP→USP コンパクト→P2000→P30→HK45と世代が変わっていく訳ですが、地味なP2000のエアガンは貴重な様な?

お祭りの屋台で売られてる様な、俗に言うチープガンに分類される物だとは思いますが、性能はビックリするぐらい良いですね!多少 安っぽい面もありますが、実際に安いから問題無し(笑) これでリアルサイズだったら完璧だったのになぁ~、残念!あくまでポケットハンドガンというシリーズでの発売で、デフォルメ(?)されちゃったんでしょうか。
サイズの件は置いといて、他に気になる箇所に手を加えれば、化けそうですね~!



トイガン購入!・・・したけど壊れたorz
eakokis2sUSPconkounyuu (1)
以前に気になってると言った、SIISのエアコキのUSPコンパクトを購入。グロック17に合わせて、今回も18禁の方にしました。
価格は2391円でした。
eakokis2sUSPconkounyuu (2)
で す が 、

ぶっ壊れました(白目)

何という事でしょう・・・紹介する前に弄ってたら正常な射撃が出来なくなりスライドも浮いてレールから外れ、この通りポンコツに。
eakokis2sUSPconkounyuu (3)
コッキング時に内部のポンプのパーツのギアがトリガーのギアと噛み合ってないのか、固定がされずポンプが前進してしまい、コッキングした際に弾が発射されるという症状に・・・要は暴発ですよね。それが弄ってたらいきなりなるもんだから困りましたよ(汗 おまけにあれこれと弄ってたらスライドもレールから浮いて、完全に駄目になってしまいました・・・。
eakokis2sUSPconkounyuu (4)
スライドを戻すと一見、ちゃんと戻ってる様に見えるのですが・・・
eakokis2sUSPconkounyuu (5)
フレームとの間に隙間が出来ちゃってます。再びスライドを引くとまたレールから外れます。何故 一度外れたら直らなくなるのか不明。レール部分、どうなってんだ・・・!?
押さえながら引くとレールからは外れないものの、コッキングした際に弾が発射される症状は相変わらず。なのでもう使い物になりません。チーン。

以下、故障とは別に気になった点。
eakokis2sUSPconkounyuu (6)
グロック同様に商標登録の関係でスライドの「HK」ロゴの刻印は省かれてるのですが、それどころか「COMPACT」の文字も無いし、USPの横に小さいaの文字が追加されていて、「USP」という風になってます・・・。
何じゃこりゃ。
グリップの方も同じ仕様になってます。USPも商品名だから、同じく商標登録の関係?
eakokis2sUSPconkounyuu (8)
エジェクションポートは固定で開かず。エジェクションポートが固定のエアガン自体は珍しくはないですが、わざわざスライドとは別パーツになってて如何にも開きそうな、見た目だけは良いのが残念度を高めています。
eakokis2sUSPconkounyuu (9)
SIISエアコキなのでホールドオープンもするのですが、スライドストップは自重で落下はしないので、解除方法は押し下げるしかありません。地味だけど個人的にはこれも残念ポイント。
eakokis2sUSPconkounyuu (10)
eakokis2sUSPconkounyuu (11)
ハンマーが起きた状態(要は射撃時)のトリガーの遊びが大きいのも無駄過ぎる・・・。↑こんなに遊びがあります。
ここからさらにトリガーを引いて・・・
eakokis2sUSPconkounyuu (12)
引ききってやっとハンマーが落ちます。
eakokis2sUSPconkounyuu (7)
そして一番 許せない箇所が、ハンマーが明らかにUSPコンパクトとは違ってるという点。USPコンパクトのハンマーは服に引っ掛かったりしない様に指掛けが欠けている形状でしょうが!!
これだと同じH&KのP30やHK45のハンマーに近いですよね。
eakokis2sUSPconkounyuu (13)
一応、東京マルイのUSP(エアコキ)と比較。USPを全体的に短縮した様な形状になっており、USPコンパクトとはまた違ってる様な・・・(滝汗
何て言うか、お前 誰だよって感じです。


USPコンパクトと言えば、「24 ‐TWENTY FOUR」の主人公、ジャック・バウアーがシーズン3以降に使用し続けたハンドガンですね。東京マルイやKSCからガスガンが販売されていますが、SIISからはエアコキで販売。グロックは中々良かったですし、こちらも買ってみた訳なんですが・・・正直、開封して一通り弄った評価としては、ガッカリでした。上で書いてる、故障とは別に気になった点が色々と残念過ぎます・・・グロックが当たりだっただけかな。

そして故障ですよ。

評価はガッカリからゴミへと変わりました。電動ガンならともかくエアコキで故障して直せない様な症状ってかなりレアパターンな気がします。フィールドストリッピングも出来ない構造(スライドストップが抜けません)なので、余計 壊れたら手が付けられませんし。でも中華ガンや海外メーカーならともかく、国内のちゃんとしたメーカーの商品でこうなるのは流石にねぇ・・・酷いよねぇ。
撃てなくなってもプロップガンとして取っておいても・・・とも考えましたが、見た目もおかしいんだよな、コイツ。ジャンクにも出来ないし、次の燃えないゴミの日に捨てよ・・・。2400円が無駄になったのはちと痛いですorz
SIISのエアコキは他にもSIG P226やワルサーP99の購入も検討してたのですが・・・当分はSIIS商品には手を出さない事にしますわ。


うーん、ゴミw!
トイガン購入!
eakokis2sG17kounyuu (1)
SIISのエアコキのグロック17を購入しました。東京マルイ以外のメーカーのエアコキを買うのは(中華ガンを除けば)初めてですね。ちなみにSIISの商品を買うのも初。
価格は2867円でした。
eakokis2sG17kounyuu (2)
何も気にせずに買ったのですが、18禁でした。何だかんだでこれが初の18禁となりますねー。
パッケージは10禁も18禁もほぼ同じデザインらしいので、店頭で買う人(特に18歳以下の人)は注意しましょう。
eakokis2sG17kounyuu (3)
開封。発泡スチロールは他の商品と共通にしている様で、形状が合っていません^^;
eakokis2sG17kounyuu (4)
14mm逆ネジ・サイレンサー・アタッチメントと、6mmBB弾(18禁だから0.2g?)が100発付属します。
eakokis2sG17kounyuu (5)
eakokis2sG17kounyuu (6)
前々から気になってたSIISのエアコキを遂に購入。グロック17のエアコキはマルイの方も持ってますが、あちらが第2世代だったのに対しこちらはアンダーマウントレイルとフィンガーチャンネルが追加された第3世代ですね。
eakokis2sG17kounyuu (7)
商標登録の関係上、「GLOCK」ロゴの刻印は省かれてます。残念・・・。
この商品は少し前にリニューアル化したそうで、その時に刻印が消えたとの事。パッケージの写真の物には刻印はあるので、パッケージはリニューアル前と同じなのかな。
eakokis2sG17kounyuu (9)
マガジンは2本付属します!これは嬉しい。そしてこのマガジン、
滅茶苦茶 重いです。
持った時のズッシリ感が半端ない!!これだけで普通のトイガンぐらいの重さあるぞ!?もうこれ、ウェイトの塊だよ!!
eakokis2sG17kounyuu (10)
BB弾はダブルカラムの様にジグザグに装填されます。ガスガンみたいで良いですね。
装弾数は14発との事ですが、一応15発目も入ります。ただ実銃よりも少ないのはどうなのよ、と・・・。予備マグも付属するのは装弾数が少ないのをカバーする為なのかな?まぁ別にエアコキで装弾数は大して気にしないけどもw
eakokis2sG17kounyuu (8)
トリガーセーフティはオミットされ、造型も省略気味です。
トリガーガード内、トリガー前方にトイガンオリジナルのセーフティがあり、スライドさせるとトリガーがロックされます。
eakokis2sG17kounyuu (15)
アンダーマウントレイルには勿論、オプションを取り付け可能。写真はマルイのCQ-FLASHを付けた状態。
eakokis2sG17kounyuu (18)
付属のサイレンサー・アタッチメントを取り付けた状態。アタッチメントを介して、別売りのサイレンサーを取り付けられます。
自分はサイレンサーは好まない(付けた際のフォルムが好きじゃない)ので無用の長物かなー。トイガンにサイレンサー付けてもあまり効果無いしね。
eakokis2sG17kounyuu (11)
SIISエアコキの最大の特徴はホールドオープンが可能な事です!エアコキなのに!(笑)
eakokis2sG17kounyuu (12)
ショートリコイルもします!しゅ、しゅごい・・・!
eakokis2sG17kounyuu (13)
そしてマルイのエアコキでは固定だったエジェクションポートも開きます!素晴らしいね。
eakokis2sG17kounyuu (14)
スライドストップを解除するとカシャンッ!とスライドが戻るのが楽しいですね~。エアコキで一連の動作が楽しめるのは嬉しい。
eakokis2sG17kounyuu (17)
フィールドストリッピングも可能です!実銃同様にスライド後部のカバーパーツを外し、テイクダウンラッチを下げる事でスライドを外せます。
eakokis2sG17kounyuu (16)
スライド内部やフレーム内も実銃に似た形状に。・・・いや、別に生で実銃の内部を見た事ある訳じゃないですけど^^;
eakokis2sG17kounyuu (19)
東京マルイのグロック17(エアコキ)、グロック18(電ブロ)と並べて。グロックも充実してきました。

撃ってみると・・・う~ん?思ったよりも飛ばない印象・・・。20mぐらいでグーンと弾道が下がっていきます。10禁に毛が生えた程度ですねw また集弾性もイマイチ・・・右に反れる感じです。性能に関しては、やはりマルイが一番でしょうかねー。お座敷シューターとしては威力は求めませんし、5m程度の距離で狙った所に着弾してくれればそれで充分ですがね。
ギミックに関してはかなり優れてると思います。エアコキでは珍しいホールドオープンの機能が再現されてますし、フィールドストリッピングも可能です。マウントレイルにはオプションも付けられますし。機能面ではエアコキとは思えない程 充実していて、弄ってて新鮮で楽しいです♪ズッシリと重みもあるし、ガスガンと言ったらほとんどの人が信じそうなぐらいでw
残念な面もちらほらとあるものの、エアコキでここまでやるか!と驚かされる事が多い商品となっています。性能重視ならマルイ一択ですが、お座敷シューターやコレクターには是非とも手に取って欲しいですね~。
同じSIISのエアコキでUSPコンパクトも気になってるので、そちらもいずれ買いたいところです。



copyright © 2018 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ