よほほんの趣味日記
                                        よほほんの趣味に生きる毎日を綴ります。
GBWC 11th TOURNAMENTの1次予選通過者への副賞が届いた&組んでみた
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (1)
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (2)
GBWC 11th TOURNAMENの1次予選通過者が貰える副賞のスモークブラッククリアのHGUC ガンダムがようやく届きました・・・去年は結果発表から僅か2週間で届いたのですが、今年は1ヶ月と少し掛かりましたね😅 去年が早かっただけなのか、今年が遅いのか・・・?発送通知なんかも無いので非常にやきもきしてましたよ(汗
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (3)
開封~。通知書も同梱されています。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (4)
てな訳でGBWC 11th TOURNAMENT 1次予選通過者へ贈られる副賞のHGUC ガンダム スモークブラッククリアVer.でございます。2年連続で1次予選通過を果たす事が出来た為、去年に引き続きゲットする事が出来ました~♪
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (5)
物自体は完全に去年の10th TOURNAMENTで貰えた物と同じですね。細かい仕様は去年 紹介している為、そちらの記事を参照して下さい。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (6)
勿論 中身も全く一緒です。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (7)
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (8)
同一の物ですので、これで2個目となりました。ちょっと面白味に欠けますよね・・・キット自体は共通でも、せめてパッケージとかは毎年 変えて欲しかったところ。

去年は勿体無くて組まずにそのまま保管してましたが(アンタ 普段から通常のキットも積んでるじゃん)、2個目も入手したのなら・・・と今回は組んでみる事に~。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (9)
A、Bランナー
Aランナーは元キットではトリコロールの多色成型ランナーですが、当キットでは全てスモークブラッククリアに。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (10)
Cランナー
去年の記事で書いてますが、グレーの色味は元キットより薄くなってます。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (11)
サーベル刃のSB-13ランナーとポリキャップ、ホイルシールは元キットと同一。なお公式の見本写真でもシールは使用されていなかったので、自分も使いません。絶対 そこだけ浮くだろうしねw
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (12)
説明書と部品交換カードの用紙。
GBWC2023 1ziyosenhukusyou (13)
そして組み上げた物がこちらになります。
続きは追記の方で。
>>続きを読む
GBWC 11th TOURNAMENTで2次予選は通過してなかった件
GBWC2023niziyosenkekka (1)
GBWC 11th TOURNAMENT 日本大会の2次予選の結果が本日発表されましたね~!
まっ、自分は通過してなかったですけど😓
流石に2次まで進める程のクオリティもアイディア性も伴ってないのは自分でもよく分かってますよ・・・そこまで自惚れちゃあいないっすw 1次予選通過という結果を残せただけで自分としては充分 満足ですし、エントリーするにあたっての目標も1次予選で選ばれる事でしたから。
GBWC2023niziyosenkekka (2)
https://ct.bandai-hobby.net/member/results2023/lists/2/1/6/
OVER-21コースにて2次予選を通過しファイナリストとなったのはこちらの10作品。
去年も10作品で少なく感じましたが、今年も同様でした。やはり2次予選は枠数が決まっているのかもしれません。U-14コースやU-20コースも同じく10作品ですし。
そして相変わらず、自分が良いな~と思ったりこれは2次に行きそうじゃない?なんて予想した作品は全く選ばれていないという結果に・・・(苦笑) いやまぁ290作品の内の10作品ですから確率的に当てるのも難しいでしょうし、自分の好みもありますからねぇ^^; ただ選ばれなかったというだけで、この10作品以外にも素晴らしい出来の作品は沢山ありますからね。それは1次予選の時にも言える事で、Xでは通過していなかった方々が作品の写真を載せていますが「これ普通に世界狙えるレベルじゃね???」ってものも見掛けるんですよね・・・審査基準が謎です🤔
GBWC2023niziyosenkekka (3)
そして私の作品、GUND-ARM of the MERCURYのエアリアルちゃん。

1次予選通過後、調子に乗って動画も作って投稿してたり(笑)
前半は当ブログで書いた製作記を動画としてまとめただけなので目新しい内容は無いかも。後半では各ポージングやブラックライトによる発光も紹介しているので、そっちは見て貰えると嬉しいかな(チャプターから飛べます。)
GBWC2023niziyosenkekka (4)
各ビットを集結させ、エスカッシャン形成。
GBWC2023niziyosenkekka (5)
劇中では防御時くらいしかこのスタイルは見せませんが、標準的なライフルとシールド装備の図はやっぱカッコイイですね~!
GBWC2023niziyosenkekka (6)
「何なの・・・貴女・・・。気持ち悪い・・・ッ!」
普段は目立ちませんが、こうして見るとライフルのバレル内を開口し銃口を付けたのも無駄じゃなかった😁
GBWC2023niziyosenkekka (7)
GBWC2023niziyosenkekka (8)
GBWC2023niziyosenkekka (9)
上記の動画でもビットを浮かせた状態は一切 撮っていなかった為、今回 新たに撮影。ウェポンディスプレイベースもアクションベースと同様に一応は作品の一部というか、このエアリアル専用としてるのよね。


こんな感じでちょっとしたブンドド撮影はしているものの、紹介記事用の撮影をする程の暇は無く・・・(泣) あと1次予選止まりという事で、GBWC自体はまだまだ開催期間中ではありますが個人としてはもう大会は終了しているので、作品に手を加えても良い訳です。なので時間の都合で断念したデカール貼りを行い、真の完成状態へと仕上げたいところ。・・・なんですが、こちらも忙しくてそこまで手が回らないというのが現状だったり。結局 時間の都合じゃないか!!(汗 
まぁそんな訳でして、一からスタート(新規製作)し製作記も綴った「GBWC2023」も、これでひとまずは終了となります。前述したデカール貼り及び完成後の紹介記事に関しては、現状だと自身でも目途が立っていない為、忘れた頃に更新されるかなー、ぐらいの認識で良いです(そのまま本当に忘れちゃいそう。) 
ノルマみたいになっちゃうと自分としても辛いだけなので毎年参加するつもりは無いですが、来年も「これ作ってエントリーしたい!」というインスピレーションがあれば参加させて頂こうかと。ちなみに現時点だと特にそういうのは無いです(爆)

そういえば1次予選通過の副賞ガンプラ、まだ届かないなぁ・・・。去年は即届いたんですけど。

GBWC 11th TOURNAMENT 1次予選 結果発表
GBWC2023itiziyosentuuka (1)
GBWC2023ことGUNPLA BUILDERS WORLD CUP 11th TOURNAMENTの日本大会の1次予選の結果が発表されましたね~!製作記を見てくれていた方は勿論 ご存知でしょうが、自分はFULL MECHANICS 1/100 ガンダム・エアリアルを製作しエントリーしました。去年と同様ならばOVER-21コースは370作品程が1次予選を通過していると思われますが、果たして自分のエアリアルはどうだったのか!!?早速 通過作品をチェックしていくと・・・
GBWC2023itiziyosentuuka (2)
ありましたッッッ!!!

OVER-21コースの18ページ目です。
https://ct.bandai-hobby.net/member/results2023/lists/1/1/6?page=18

〆切日当日にギリギリにエントリーしたのが関係しているのか単に順番がそうなっただけなのかは分かりませんが、掲載が後ろの方のページだったので探してる間 ずっとドキドキでしたよ・・・😱  全20ページで18ページ目って・・・マジで「あっ・・・今年は駄目だったかな・・・😢」なんて思っちゃいましたもん(汗
GBWC2023itiziyosentuuka (3)
GBWC2023itiziyosentuuka (4)
こちらは個別ページ。
https://ct.bandai-hobby.net/member/results2023/detail/5356/1/1/6
作品名は
GUND-ARM of the MERCURY
です。オラザクと違って文字数制限が無いのが嬉しいね(笑)
写真は応募時は10枚まで投稿可能ですが、サイトに掲載されるのは5枚目までのみ。これは去年 1次予選を通過した際に知って把握済みでしたので、今年は最初から見て欲しい5枚を優先で先の順番にして投稿しました。

いや~、どうなるかと思いましたが今年も1次予選、通過しておりました!!去年の10th TOURNAMENTでも記念参加ぐらいの気持ちでエントリーしてみたら1次予選通過してましたので、2年連続での1次通過となりました。本当に嬉しい限りです🥰🥰🥰 強いて言うならばデカールが貼れず真の完成状態じゃないのが心残りではありますが、こうして結果は出てるんだし良しとしましょう、うんうん。ポジティブに捉えるなら、もしかしたらデカール貼ってたら逆に審査通ってなかったかもしれないし!(それはちと苦しくないかw) これで予選通過していなかったらアレでしたが、通過していたんだし無理にでも形に仕上げてエントリーした甲斐はあったというものです。
GBWC2023itiziyosentuuka (5)
そんな訳で、今年も副賞のHGUC ガンダム(REVIVE版)のスモークブラッククリアVer.が貰えますね。物自体は去年と全く同じっぽいんだよなぁ・・・^^; どうせなら今年は組んでみようかな。


数えてみたところ、今年のOVER-21コースの1次予選通過作品数は290作品でした。あれっ、結構 去年と違うのね・・・w 案外、規定数は決まってない感じだったりするのかな?再来週には2次予選の結果が発表されますが、そちらも去年より通過作品数が増えてる可能性もある・・・?いやまぁ、例え30作品ぐらい枠があったとしても自分は潜り込めるとは思ってないですけどね😓
>>続きを読む
【大会参加用】フルメカ 1/100 ガンダム・エアリアル製作10 仕上げ
フルメカ エアリアルの製作記も今回が最終回となります。うぅ・・・長かったなぁ・・・😭(と言ってもほとんど塗装だったけど。) てな訳で最終工程の仕上げ作業です。
GBWC2023siage (1)
スミイレはタミヤのスミ入れ塗料(ブラック)を使用。いつものです。
GBWC2023siage (2)
ホワイトのパーツのみ、水性ガンダムカラーのガンダムエアリアルブルーを薄めたものを流しました。とことん青色にこだわっているので、スミイレも青でしちゃう!ガンプラ歴15年になりますが、青でスミイレしたのはこれが初だわ・・・w
GBWC2023siage (3)
各パーツに一通りスミイレを行ったら拭き取り作業。
・・・結論から申しますと、水性ガンダムカラーを使ったのは失敗でした(汗 乾燥後にうすめ液で拭き取っても滲んで残ってしまい、強引にゴシゴシと擦って落とそうとすると塗装面(塗膜)まで溶けてしまいまして😨(まさか水性ホビーカラーのうすめ液でもラッカー系に作用するとは・・・。) 
幸いにも修正が必要な程の致命的なダメージは避けられた(てかどっちにしても再塗装してる暇 無いし)のでそこは助かりましたが、全体的にボヤッとした、ぼかした感じのスミイレとなってしまいました・・・クッキリする様に下地処理で彫り直しまでしたのに~!(泣) 
青色に関しては別にエアリアルブルーじゃなくても良かったので、無難にエナメルカラーの青系を用意するかMr.ウェザリングカラー フィルタ・リキッドのシェードブルーを使った方が綺麗に仕上がったかも・・・もう後の祭りですが。
GBWC2023siage (4)
完成が待ち切れず、頭部と胴体を組んでみました。
GBWC2023siage (5)
ふぉおおお・・・カッチョイイ~~~!!!
これは・・・中々の出来に仕上がったんじゃないでしょうか!自画自賛になるけど許してちょ(笑) 
延長した頭部アンテナはちょっと長過ぎたかな・・・?(仮組みをしてない為にバランスは勘だったのでw) まぁ全身を組み上げたら馴染んで見えるでしょ(テキトー)
GBWC2023siage (6)
残すはデカール貼り作業・・・なんですが、

もう時間が無ぇ!!!

ここで前回 話した件と繋がってきます。仕事が休みを取れていたら(正確には取っていたのに出勤にされたんですが💢)、丸一日 使ってデカールを貼り付け完成・・・という算段だったんですが、全てパーです😡😡😡 限られた時間を使って少量だけでも貼ろうかとも思いましたが、中途半端にちょびっとマーキングがあってもダサいだけですので、潔くデカール無しとする事に。まぁ要は諦めたって事です。あーあ。最後の最後で萎えたわー。
ちなみに水転写式デカールはガンダムデカールの水星の魔女汎用①とハイキューパーツのコーションデカール ワンカラーブルー 2種、ワンカラーホワイトの計4枚を用意。デカールまでも青色という徹底っぷり!貼らないけど!!
GBWC2023siage (7)
ガンダムデカールの水星の魔女汎用①はどこも売り切れなぐらい人気でしたが(②や③は売ってるんですけどね)、どうやら再販された様で普通にヨドバシで買えました~😏 まぁ貼らない(ry そして買ってから気付きましたが、使うの型式番号のマークぐらいな気がする・・・。
GBWC2023siage (8)
デカールの件は残念ですが、形にはなっているのでこのままトップコートを吹いて仕上げます。使用したのはMr.トップコート〈半光沢〉です。
GBWC2023siage (9)
半光沢、なんか未開封のストックが3本も出てきて困惑・・・なんでこんなに買ってんだ😅
GBWC2023siage (10)
そんなこんなで完成!!

・・・いや完成じゃないんだけどね?😞

あとは写真撮影をして、応募フォームへ入力し・・・
GBWC2023siage (11)
エントリー完了ッ!!!

どうにか間に合いました。お疲れ様でした。


急遽 出勤となった件がホントに不満で、非常にモヤモヤしてるんですが・・・過ぎた事をいつまでも言っていても仕方ありません。駄目だったものは駄目だったんですから。それよりもエントリーすら出来ない(形にすら仕上がらない)という最悪の事態は免れただけでも良かった、とポジティブに捉える様にしましょう・・・そうじゃないと負の感情がどんどん出てきてしまうよ😩
1次予選の結果発表は10月3日(火)との事で、ほぼ1ヶ月後ですねー。オラザクと比べると結構すぐに結果が出るのよね。去年の結果を踏まえると、今年もOVER-21コースの1次予選の通過は350作品くらいになるのかな?自分もその中に潜り込めたら嬉しいんですけどね~、こればっかしは運要素も大きいと思うのでどうだろう・・・。目指せ、2年連続 1次予選通過!!
そんな訳で、製作記はこれにて終了です。次回は1次予選の結果の記事となります。通過してると嬉しいなァ・・・🙄
>>続きを読む
【大会参加用】フルメカ 1/100 ガンダム・エアリアル製作9 塗装⑤
塗装記事ラストぉおお!!!
GBWC2023tosou5 (1)
シェルユニットの内部ディティールのパーツはタミヤカラーエナメルのフラットブラックで塗ってから表面を溶剤で拭き取り。これで凹側に黒色が残り、凸側のみ赤色になりました。てか特に何も考えず無難に黒色にしちゃいましたけど、ガンメタやダークグレーとかでも良かったかも・・・(今更w)
GBWC2023tosou5 (2)
肩のビットのスラスター口(銃口でもある)はMr.カラーのセミグロスブラックで塗り塗り。ここはアクセントとして本体のブルーグレーとは異なる色にしておきたかったんですよねー。
GBWC2023tosou5 (3)
膝関節の裏側にある動力パイプ(?)はタミヤカラーエナメルのメタリックブルーで塗装。ここもワンポイントとしてブルーを入れてみました。・・・どんだけ青くしたいねん!!(笑)
GBWC2023tosou5 (4)
上記の膝関節裏の動力パイプの基部(上下)はガンダムマーカーのゴールドで塗装。
GBWC2023tosou5 (5)
膝関節のパーツを組み込んでみるとこんな感じに。うんうん、良さげじゃないでしょうか😊(自画自賛)
GBWC2023tosou5 (6)
股関節の腿の付け根部分は◎ディティールをタミヤカラーエナメルのダークグレイで塗り分けたんですが・・・いざ組み込んでみたら外装パーツが被さって完全に隠れちゃう箇所でしたorz

塗装も終わって各パーツ達も完成してきたので、組み上げられるパーツはどんどん組んでいるところなのですが・・・
GBWC2023tosou5 (7)
リアアーマー中央のビットがエスカッシャン用の基部パーツに取り付けられない事が判明。理由が分からずにあれれ???と苦戦しつつも、よくよく見てみると・・・
挿し込み穴 パテで埋めてらぁwwwww
ファーwwwwwwwwww そりゃ入らんわ🤣🤣🤣
GBWC2023tosou5 (8)
仕方ないのでその挿し込み穴があるパーツはドボンして塗料を落とし、
GBWC2023tosou5 (9)
無意味に埋めてしまったパテを削り取り。
GBWC2023tosou5 (10)
これで元通り。ちゃんと基部パーツに取り付けられる様になりました・・・というか戻りました。
そんで再度 黒サフを吹いてからもう一度 ブルーグレーで塗装します。うーん二度手間ァ!!個別に改修を行って仮組みもせずに塗装へ進むと、効率は良いですがこういう弊害もあります(汗 まぁ今回の件は完全に自分がアホだっただけですがwww😇


気付けば8月も明日で終わり。・・・つまり、明日がGBWCのエントリー〆切日という訳です😱 実際の作業状況とブログで紹介している製作記は記事を作成し投稿するまでの差が生じるので、今現在は↑これよりは作業は進んでいます。残すは各所を整えてスミイレを行いデカールを貼ってトップコートを吹けば完成です!そして明日は先月末に休日出勤した分の振休をブッ込んでいるので、一日使って前述した作業を行い、一気に仕上げエントリーする予定です!!!そんな訳で最終日ではありますが、完成させる目途は立っています。


・・・いました(過去形)


急遽、出勤する羽目になったんだが???

いきなり言われて頭 真っ白になったよね。結構 強めに拒否りましたが受け入れられませんでしたorz

えっ、完成しねーじゃん。

いやいやいやいや、勘弁して下さいよ。こっちは明日の朝から晩まで丸一日を使って完成させるビジョンがあったのに、完全にパーですよ。泣きたい。
流石にここまで作っておいて諦めるなんて出来ないので、どうにか形に仕上げてエントリーするつもりではありますが・・・何時に帰って来れるかでも話が変わってくるのでそこが怖い😰 いやホント急過ぎるし酷過ぎるよ。〆切間際にドタバタしてる自分の手の遅さも悪いっちゃ悪いけどさぁ・・・。

【大会参加用】フルメカ 1/100 ガンダム・エアリアル製作8 塗装④
GBWC2023tosou4 (1)
一部のグレー(Mr.カラー RLM66 ブラックグレー+ガイアカラー コバルトブルー)部分や、
GBWC2023tosou4 (2)
ブルー(ガイアカラー ウルトラブルー+コバルトブルー)部分はマスキングして塗り分け。自分のオリジナルで配色を変更しているというだけで、キットで色分けが再現されてない訳ではありません。普通に色分けは優秀ですので。
GBWC2023tosou4 (3)
GBWC2023tosou4 (4)
ホワイトのパーツもマスキングしMr.カラー グレイシュブルー FS35237で一部を塗り分けてパネルライン風に。
GBWC2023tosou4 (5)
シェルユニットの内部パーツはレッドメッキ仕様ですが、塗装する事にしたのでちょっと勿体ないですがメッキを落とす事に。
GBWC2023tosou4 (6)
そんな訳でパーツを薄め液へドボーン!本当は専用の剥離剤を使用した方が良いんでしょうけどね^^;(キッチンハイターでも出来るみたいですね。)
GBWC2023tosou4 (7)
メッキを落とした状態のパーツがコチラ。
GBWC2023tosou4 (8)
上記のシェルユニットの内部パーツ+ビームライフルのセンサーパーツ+ツインアイのパーツは、まず下地としてMr.フィニッシング サーフェイサー 1500 ブラックを吹き付け。
GBWC2023tosou4 (9)
GBWC2023tosou4 (10)
続いてMr.カラー スーパーメタリック スーパーファインシルバー2で塗装。
GBWC2023tosou4 (11)
ビームライフルのセンサーパーツはこれで完了です。
GBWC2023tosou4 (12)
GBWC2023tosou4 (13)
シェルユニットの内部パーツはMr.クリアカラーGX GXクリアルージュ+ガイアカラー 蛍光レッドで塗装。
GBWC2023tosou4 (14)
蛍光レッドを混ぜている為、ブラックライトに反応します。単色だとどうしても色味がオレンジっぽいので、クリアルージュも混ぜて赤を強めました。ただ発光させるとやっぱりオレンジっぽくなってしまいますね。
GBWC2023tosou4 (15)
GBWC2023tosou4 (16)
ツインアイのパーツはMr.カラー 機体内部色 ターコイズグリーン (ソビエト)+ガイアカラー 蛍光イエローグリーンで塗装。
GBWC2023tosou4 (17)
こちらもブラックライトで照らすと発光します。プレデターの血みたいだな~w
GBWC2023tosou4 (18)
GBWC2023tosou4 (19)
ビームサーベル、ブームブレイドの刃パーツはガイアカラー 蛍光ブルーを吹き、こちらもブラックライトで発光 出来る様に。見た目(色味)は変化無いですがちゃんと光りますよ(写真 撮れば良かったな・・・w)


塗装記事は次回でラストの予定です。・・・って、まだ続くんかーい!😂

copyright © 2024 よほほんの趣味日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.